忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「夜のとばりの物語」観ました

夜のとばりの物語
原題:LES CONTES DE LA NUIT
製作:フランス'2010
監督:ミッシェル・オスロ
ジャンル:★ファンタジー/ロマンス/アドベンチャー

【あらすじ】古い映画館の映写技師と好奇心旺盛な少年と少女を進行役に紡ぐ幻想的な6つの愛の物語。

ファンタジー企画で観た二作品目です。わたしの風邪はほぼ治ったんですが、家庭内感染が拡大しちゃってイラストはもう少し後になりそう。オムニバスだったおかげで、ちょっとした時間に少しづつ観られました。
「プリンス&プリンセス」と同じで、映写技師のおじさんと少年少女がお話を作って演じるという設定で始まります。このノリが好きなんだよな~。

一話目は「狼男」
いきなり美しい影絵の世界を堪能できます。湖に映る月が綺麗…。狼男のくせに、人間の時は自分に親切にしてくれた相手が誰かも気付かないなんてね~。妹がもっとはやく告白してれば…。ツッコミどころはあったものの、御伽噺らしい展開でよかったです。

二話目は「ティ・ジャンと瓜ふたつ姫」
主人公が本当にのんきな青年で笑えました。死者の国に迷い込んで観光気分♪
障害を優しさで乗り越え、そのおかげで三つの試練をクリアできる展開も定番でいいね。でも、最後のオチにあんぐり。善い人だけど、男としては…。

三話目は「黄金の都と選ばれし者」
「わたしが美女だとわかってる?」と連呼するヒロイン(笑)
生贄の美女を救うのも冒険譚につきもの。ハッピーエンドだけど、住む家がなくなったのは大変そうです。黄金の都の遺産ともいえる”歌”のちからで、みんな頑張れるかな?

四話目は「タムタム少年」
物語的には面白かったけど、アフリカ民族はもっと音楽やダンスを重要なものだと考えてる気がして、あんなに五月蝿がるのに違和感を覚えてしまいました。もしかして、昔話とか伝説的なものだったのかな?

五話目は「嘘をつかなかった若者」
物語もいいけど、その前の「こんなお姫様は嫌」と怒り出す女の子が良かった。彼らが演じているんだと思い出させるこのつなぎが好き。
そして、お姫様は確かに嫌な女でした。けれども、それを頼んだのは父親だ!
愛馬の命どころか娘まで賭けの道具にするとは…。でも、一番好きなお話です。

六話目は「鹿になった娘と建築家の息子」
これまたお城や妖精の家が美しいですね~。タイトルに偽りありなのと、カラスを悪く言いすぎなのが引っかかったものの、愛の力で解決するところがこの作品のいいところ。エンドロール中に爺さんが妖精に諭されていて笑えます。愛ですよ、愛!

全体的に「プリンス&プリンセス」ほど物語に引き込まれることはなかったけれど、大好きなオスロ監督の美しい影絵の世界を堪能できたので大満足でした♪

関連記事
「プリンス&プリンセス」観ました
B0095EUZSY夜のとばりの物語 [Blu-ray]

■ Comment

こんばんは

オスロ監督の独特の色彩美は素晴らしいですよね!
大好きな「アズールとアスマール」ほどではないにせよ
私も結構夢中になってみてしまいました

「嘘をつかなかった若者」は私も好きなお話です
高潔な馬の存在が良かったですよね
しかしやることやってたんだなあと…(苦笑)
2013/02/24 (Sun) 21:25  maki編集〕  

>makiさん

いらっしゃいませ!
ホント、この監督の作り出す美しい世界に惚れ惚れしちゃいました。イラストを描くのが大変そうです(笑)

> 大好きな「アズールとアスマール」ほどではないにせよ
> 私も結構夢中になってみてしまいました

そうですね~、確かにちょっと物足りなさはありました。それでも引き込まれてしまうのは、やはり世界観が素晴らしいからでしょうか?

> 「嘘をつかなかった若者」は私も好きなお話です
> 高潔な馬の存在が良かったですよね
> しかしやることやってたんだなあと…(苦笑)

あはは、想像しちゃだめですよ。わたしは「ジョージィ!」(キャンディキャンディの作者さんの作品です。知らなかったらごめんなさい…)を思い出してしまいました。
2013/02/25 (Mon) 11:36  宵乃〔編集〕  

素晴らしいイラストですね☆

ますます見たくなりました。
何とかして早めに・・・と思います。

******************

あと昨夜読ませて頂いたのですが、
>ボロボロに弱って必死になって、それでもお父さんの言うように笑っていようとする花が見られたら萌えてた、絶対。

萌える、まではいかなくても、私もそれなら納得です。
ついでにお兄さんにはよく出来たお嫁さん(彼女でも可)がいるか、

いっそのことお姉さんなら、もっと納得できそうです。
お姉さんの場合は彼氏か夫がいて、力仕事してくれそう(笑)。

イラストも、あんな感じの彼女が見たかったという雰囲気で良かったし、
あのひと言はいかにも宵乃さんらしいテイストだと思いました。

こうして2次創作というモノが出来上がるのでしょうか?
勉強になりました。

******************

・・・このところ工事の件でこころがワサワサして、
落ち付いて映画が見られず、
そのうえ鼻と目にきはじめて、薬を飲んだら眠たくなって、

結局「華麗なる対決」は30分あたりでストップしています。
思いきって違う映画に切り替えたほうが良さそうです(爆)。

しばらくは過去の感想の記事になるかも~?
よろしく~♪です。(なんのこっちゃ?)
2013/03/02 (Sat) 19:12  miri〔編集〕  

>miriさん

> 素晴らしいイラストですね☆
> ますます見たくなりました。

ありがとうございます!
もしかしたら「プリンス&プリンセス」の方が借りやすいかもしれません。同じ設定の影絵風オムニバス作品で、完成度もこちらより高いかも。
影絵風ではないけど、鮮やかな色彩と独特の世界観がある「アズールとアスマール」もおススメ。何気に深い話で…と、一気に紹介しすぎですね。好きな監督なのでつい(笑)
どれか一つで大丈夫ですよ~。

> ******************
>
> あと昨夜読ませて頂いたのですが、
> 萌える、まではいかなくても、私もそれなら納得です。

読んでいて下さったんですか。納得できると言ってもらえて嬉しいです♪

> ついでにお兄さんにはよく出来たお嫁さん(彼女でも可)がいるか、
> いっそのことお姉さんなら、もっと納得できそうです。
> お姉さんの場合は彼氏か夫がいて、力仕事してくれそう(笑)。

お姉さん(お義姉さん)もいいですね~。やはりあそこまで孤独にする必要はないと思います。花にも相談に乗ってくれるひとがいないと。
実は妄想はしてたけど、入れると更に長くなりそうで省略しました。私的に花の「兄さん」呼びは外せないので(笑)、高校時代の恩師がいいかなぁと。
花の体力と性格的に陸上部で長距離やってそうじゃないですか。顧問でもいいけど、捻挫とかした時に保健室で保健医と仲良くなり、家庭の悩みを相談するようになって、今でも年賀状のやりとりくらいはしているみたいな。妊娠出産、予防接種、病気に怪我など、相談できて、何も聞かずに出来るかぎりの事をしてくれる人がいたら、かなり安心感があります。

> イラストも、あんな感じの彼女が見たかったという雰囲気で良かったし、
> あのひと言はいかにも宵乃さんらしいテイストだと思いました。

ありがとうございます!
花はいつも綺麗で、苦労してる感が足りないですよね。髪ぼさぼさの目のクマくっきりの唇かさかさな彼女が見たかったんです(笑)
ないなら自分で描けばいい!というのが二次創作の始まりなんだと、わたしも今回やっと実感できました。今まで見る側だったので。

> ******************
>
> ・・・このところ工事の件でこころがワサワサして、
> そのうえ鼻と目にきはじめて、薬を飲んだら眠たくなって、

あ~、やっぱり。そろそろ花粉が辛くなってくるだろうなぁと思ってたんです。その上、工事で落ち着いて好きなこともできないんじゃお辛いでしょう…。

> 結局「華麗なる対決」は30分あたりでストップしています。
> 思いきって違う映画に切り替えたほうが良さそうです(爆)。

そうですね、そういう時はすっぱり切り替えた方がいいです。
過去の感想記事もたのしみにしてます♪
2013/03/03 (Sun) 10:03  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
夜のとばりの物語
「アズールとアスマール」の鬼才ミッシェル・オスロ監督が光と影と圧倒的な色彩美で紡ぐ6つの愛の物語。 ●『狼男』 ある姉妹が同じ騎士の青年に恋をした。妹の絶望を横目に青年...
いやいやえん|2013-02-24 21:20