忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「レオン」観ました

 | アクション  Comment(4) 
Tag:リュック・ベッソン フランス

レオン
原題:LEON
製作:フランス・アメリカ’94
監督:リュック・ベッソン
ジャンル:★アクション/ドラマ

【あらすじ】ニューヨーク。イタリア系マフィアのボスであるトニーの依頼を黙々とこなしていた孤独な殺し屋レオン。ある日、アパートの隣室に住む少女マチルダとふとしたことで知り合うが、その翌日、彼女の家族が麻薬絡みで惨殺される。そんなマチルダを彼は見捨てる事が出来ず…。

(風邪を引いて寝込む前に)久しぶりに再見しました。TVの吹き替え版です。
闇からすっと登場して、仕事を遂行してすっと闇に消えていく…冒頭からジャン・レノに痺れます。ナタリー・ポートマンのマチルダは可愛いにも程があるという感じだし、もうこの頃の二人が観られるだけで幸せ!
惨劇のあった部屋を素通りして、レオンの部屋の前で泣きそうになりながら「開けて!」と訴え、やっと扉が開いて彼女を明るい光が包むシーンがいいですね。インプリンティングの瞬間という感じで(笑)
その後、可愛い名前ねと言われて牛乳噴いたり、ブタさんのミトンでマチルダに笑顔を取り戻すくだりも愛おしい。レオンが意外と器用なのには驚き、駆け引き上手なマチルダのたくましさには感心しました。
悪役も悪役らしくて大好きです。ヤクをキメた時の首の動きとか、その正体なんてまったく感じさせないイカレっぷり。忘れてたので、すっかり騙されたし!
マチルダとレオンの狙撃訓練とか、ものまねゲームも可愛くて可愛くて…。師弟であり、家族であり、友人で恋人でもあるような、そんなふたりの関係が素敵です。
とくに印象に残ったのが、外で待っていたマチルダが少年に声を掛けられているのを見て、レオンが真剣に注意するエピソード。本気で心配されているのを実感して満たされていくのが、マチルダの目の表情から伝わってくるんですよね~。
完全版ではないからかもしれないけど、二人の間にあるのは純愛というより家族愛に限りなく近いものに見えました。
あと、レオンの一番の親友である観葉植物を学校の前に植えるラストシーンの良さに気付けたのも良かったです。レオンは守りたかったものを守り通したんだよね…。
初見と同じ感動とはいかなかったけど、思い出深い大好きな作品です。

関連記事
「サブウェイ」観た
B00B8IOUAY レオン 完全版 [Blu-ray]

■ Comment

No title

本当に、これは切ない映画ですよね。
孤独な殺し屋レオン・・・本当に良い映画でした。ジャンレノ、いいですよね~~。(*^。^*)
秋だし、なんか、思い出して切なくなりました。
2012/11/06 (Tue) 14:59  かえるママ21  

>かえるママ21さん

かえるママさんもこの映画がお好きでしたか~!
そうそう、ジャンレノが素敵で、これと「グランブルー」を近い時期に観て、ファンになっちゃいました。

> 秋だし、なんか、思い出して切なくなりました。

そういえばこの季節に観てよかったかも。
余韻がたまらないです。
2012/11/07 (Wed) 07:31  宵乃〔編集〕  

キャスティング

この映画はキャスティングの良さが光る作品だと感じます。

この映画を見るまで、ジャン・レノを知りませんでした。私の印象ではこの作品でジャン・レノの知名度が上がったように思います。
あのタレ目で温厚そうなジャン・レノを殺し屋として起用したのは意外ですが、憎めない悪役という感じで、作品のもつ「もの悲しさ」をうまく表していると思います。この作品を見てジャン・レノが好きになりました。

ナタリー・ポートマンは当時オーディションで何千人もの中から監督が選んだと聞いてます。あの涙をこらえようとする泣き演技は何度見てもグッと来てしまいます。さすが選ばれただけのことはあると思いました。

そしてゲイリー・オールドマンもこの映画で知りましたが、独特の雰囲気が気に入り、フェイフス・エレメントで登場したときは喜んでしまいました。

リュック・ベッソン監督はフィフス・エレメントでもミラ・ジョボビッチやクリス・タッカーなど、魅力的な役者を発掘しているので、キャスティング能力が長けていると思います。
2012/11/09 (Fri) 19:07  Deka-E  

>Deka-Eさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
そうですよね~、ジャン・レノもナタリー・ポートマンも最高でした!

> あのタレ目で温厚そうなジャン・レノを殺し屋として起用したのは意外ですが、憎めない悪役という感じで、作品のもつ「もの悲しさ」をうまく表していると思います。この作品を見てジャン・レノが好きになりました。

わたしもです!この作品に出会ってなければ、なんとなく知ってる俳優さんのひとりだったと思います。
ピンはねしてるボスの事を信じきって、マチルダを見捨てる事もできなくて、今まで抱いていた”殺し屋”のイメージが変わっちゃいました。

> ナタリー・ポートマンは当時オーディションで何千人もの中から監督が選んだと聞いてます。あの涙をこらえようとする泣き演技は何度見てもグッと来てしまいます。

そうだったんですか~。美少女なうえに演技も上手でしたね。彼女の見せる様々な表情に引き込まれてしまいます。

> そしてゲイリー・オールドマンもこの映画で知りましたが、独特の雰囲気が気に入り、フェイフス・エレメントで登場したときは喜んでしまいました。

彼も個性的でしたね。「フィフス・エレメント」にも出ていたとは知りませんでした。
次に再見する時は、監督の発掘した役者さんたちを堪能したいと思います!
2012/11/10 (Sat) 10:01  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧