忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「三人の名付親」観た

 | 西部劇  Comment(3) 
Tag:ジョン・フォード

三人の名付親
原題:THREE GODFATHERS
製作:アメリカ’48
監督:ジョン・フォード
原作:ピーター・B・カイン
ジャンル:★西部劇/ドラマ

【あらすじ】西部のならず者三人組、ボブ、ピート、キッドは、銀行襲撃に失敗し灼熱の砂漠に逃亡した。保安官スイートの追撃を受け、三人は水を求めて砂漠をさすらう。そこで、身重の女を乗せた幌馬車を発見した彼らは、水がほとんどない状況で赤ん坊を託され…。

タイトルとはかけ離れた展開からはじまって、どうなるのかと思ったけど、なかなかの異色西部劇でした。
冒頭で、姪夫婦と出会わなかったか保安官の妻にたずねられるんですが、その姪夫婦が起こした不幸な事故がきっかけで、三人は赤ん坊を世話することになるんですね~。見事な展開です!
ここにたどり着くまでの間に、この三人が根っからの悪人ではないことがしっかり描かれているので(超がつくほど仲間想い)、生き残った赤ん坊を守ろうという流れにも違和感ありませんでした。…まあ、なんでそんな奴らが強盗なんて、と考えると変ですが(笑)
赤ん坊の世話なんてしたことがない彼らが、水がほとんどない状況の中、育児指南書や聖書を片手に、赤ん坊にグリースを塗ったり、サボテンを搾ったり、子守唄を歌ったりする姿がほほえましい。
後半は宗教色が強いものの、すっかり父親の顔になってしまった彼らの魅力と、赤ん坊の将来を考えるにつれ自分の生き方を見直す心理描写、砂漠でのサバイバルの緊張感で、ぐいぐい引き込まれました。
ただ、ラストは時代的なものなのか、ジョン・ウェインだけいいとこ持ってきすぎなのが気になっちゃいましたね~。別にロマンスの予感とかいらなくない?
三人の友情を胸に、この子を立派に育てるぞと空に誓うような感じで良かったような。母親に誓った時みたいに。

関連記事
「馬上の二人」観た
「西部開拓史」観ました
B000232AWG三人の名付親 [DVD]

■ Comment

こんにちは。

コメントとTBありがとうございました。

 宗教色の強い映画でしたね。同感です。
 特にラスト…。
 ジョン・ウェインだけが美味しい役なのは、ハリウッド・スター・システムの時代でしたから、なるべくして、なった展開ではないでしょうか?。
 そうだとすれば、その分だけ作品レベルが稍下がるのはやむを得ない気もします。
2012/11/03 (Sat) 17:37  ascapapa〔編集〕  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/03 (Sat) 20:07    

>アスカパパさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。

>  ジョン・ウェインだけが美味しい役なのは、ハリウッド・スター・システムの時代でしたから、なるべくして、なった展開ではないでしょうか?。
>  そうだとすれば、その分だけ作品レベルが稍下がるのはやむを得ない気もします。

そうなんですよね~。スターがいいとこ取りは当然って感じでした。最後に仲間二人を思い返すシーンくらいほしかったものです…。
2012/11/04 (Sun) 11:30  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
三人の名付親
1948年('53公開)(米)[監督]ジョン・フォード[出演]ジヨン・ウェイン。ペドロ・アルメンダリス。ハリー・ケリー・Jr。ワード・ポンド(他)    一瞬これが西部劇かと
八十路STUDIO|2012-11-03 17:39