忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ホテル・ルワンダ」観ました

 | 戦争  Comment(2) 
Tag:南アフリカ イギリス イタリア

ホテル・ルワンダ
製作:南アフリカ/イギリス/イタリア’04
原題:HOTEL RWANDA
監督:テリー・ジョージ
ジャンル:★戦争ドラマ/サスペンス

【あらすじ】1994年、ルワンダの首都キガリ。多数派のフツ族と少数派のツチ族の内戦が納まり和平交渉がまとまるという時、フツ族大統領が殺害されツチ族虐殺が始まる。高級ホテルの支配人ポールは、ツチ族の妻と子供、そして彼を頼りにしてきたツチ族や難民をホテルに匿う。

戦争が始まると、何処の国の人間も同じ様に残酷になってしまうものなんだと痛感しました。
家族を守るため、自分の身を守るため、復讐のため…。
どんな理由で始まった戦争でも、死と恐怖と憎しみが人間を冷酷に変えてしまいます。
そんな状況の中で、銃を持たない人々に一体何が出来るんでしょうか?
その答えの一つを、この映画の主人公は示していたと思います。
彼は彼の持つ全てのものを使って、家族とホテルに残された人々を救おうとします。金でも酒でもあるものは何でも積むし、ホテル業で得たコネと巧みな話術も駆使します。
”今の自分に出来る最善のこと”
それを行動に移すことが出来る勇敢さと賢明さは見習って簡単に得られるものではないけれど、この映画を観ることで”自分なら何が出来るだろうか”と考えることが出来れば、少しは得られるものもあると思います。
ホテルにいた子供たちも、踊りを披露することで皆に希望を与えていました。
…何も出来ないなんて事は無いんですよね。

B008MTJFEIホテル・ルワンダ [Blu-ray]

■ Comment

素晴らしいイラストです!

特に二人の目線・目の感じ、それぞれに凄いです!
あの映画の中で、こういう空気感の場面、多かったですね!
今すっごく思い出して、迫ってきています・・・ドキドキドキドキ・・・。

>”今の自分に出来る最善のこと”
>それを行動に移すことが出来る勇敢さと賢明さは見習って簡単に得られるものではないけれど、この映画を観ることで”自分なら何が出来るだろうか”と考えることが出来れば、少しは得られるものもあると思います。

ハイ、素晴らしい感想です。
私はその前にへたってしまったかもしれません・・・。

>・・・何も出来ないなんて事は無いんですよね。

今後日本人が本当の意味での「戦争」を体験することは、その可能性は低いと思うけど
もしも何かで(戦争でなくても)大きな出来事に出会ったときに
このお言葉を噛みしめて実行できれば・・・と思います。

2011年以降、私に出来る事は、ほんのちょっとの義捐金と
お祈りしかない、と思い、最近では、
全く何も出来ないと(惨めな気持ちで)思っていたけど

やはりお祈りは、今後も細々とでも続けてゆきたいと
(自分なりに誇りを持ちたいと)思えました、有難う☆


2013/06/12 (Wed) 14:32  miri〔編集〕  

>miriさん

> 特に二人の目線・目の感じ、それぞれに凄いです!
> あの映画の中で、こういう空気感の場面、多かったですね!
> 今すっごく思い出して、迫ってきています・・・ドキドキドキドキ・・・。

嬉しいお言葉の数々、感激です!
画像検索をしたら宣伝に使われているシーンばかりで困ったんですが、その中でこそっと埋もれている小さな画像に目を奪われてしまいました。
不安に押しつぶされそうになりながらも、パートナーの存在とぬくもりをしかと確かめているのが伝わってきますよね~。

> 私はその前にへたってしまったかもしれません・・・。

わたしもこの作品を観た時は、衝撃で完全に放心状態になってたと思います。
記事を書きながら、自分に問いかけるようにゆっくり咀嚼して、なんとか整理がついたという感じで。感想を記録していく事のメリットを体感できました。

> もしも何かで(戦争でなくても)大きな出来事に出会ったときに
> このお言葉を噛みしめて実行できれば・・・と思います。

できれば恐ろしい出来事がこれ以上起こらないよう祈りつつ、何か合った時には、わたしもこの作品から学んだ事を思い出したいと思います!

> やはりお祈りは、今後も細々とでも続けてゆきたいと
> (自分なりに誇りを持ちたいと)思えました、有難う☆

そんなふうに思って頂けて光栄です。
多くの人の祈りには、やはりなんらかの力があると信じて、明るい未来を祈りたいですね。
2013/06/13 (Thu) 10:24  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧