忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「奇人たちの晩餐会」観た

 | コメディ  Comment(2) 
Tag:フランス

奇人たちの晩餐会
製作:フランス’98
原題:LE DINER DE CONS
監督:フランシス・ヴェベール
ジャンル:★コメディ

【あらすじ】出版業を営むブロシャンには密かな楽しみがあった。それはバカな人間を招待しては仲間で笑い物にするという晩餐会だ。今回はマッチ棒の工作が趣味という税務局勤めのピニョンを招待するが、当日ギックリ腰になって動けなくなり、彼はピニョンと二人きりになってしまう。

”バカ(KYなひと)”を笑いものにする嫌な奴が、その”バカ”のピニョンにぎゃふんと言わされるのが痛快な作品だと記憶してたんだけど、再見したらむしろピニョンの行動にイラついて主人公に同情してしまいました。人でなしブロシャンですらも可哀そうに見えてしまう、ピニョンのKYっぷりが半端ナイです(笑)
ぎっくり腰&奥さん家出のブロシャンを、なんとか助けようとするんだけども、すぐ調子に乗って余計な一言で事態を悪化させていくんですよね~。
それがもう見事なもので、これを故意にできたら天才。でも、100%善意だから怖い!
演技も素晴らしくて、本当にこういう人なのかと思えてくるくらいでした。
古典的なギャグばかりなのに、そんなに古さを感じさせないとこもいいですね。
まあ、期待してたほどは笑えなかったんですけど、ラストは思わずホロリとしつつ、笑顔で見終われるような憎めない作品でした。

関連記事
「ルビー&カンタン」観ました
B00XYLLC7C奇人たちの晩餐会[Blu-ray]

■ Comment

描かれた表情

が気になり、ついどんな映画なのだろうかと思わされます。
うまいなぁ!

>これを故意にできたら天才。でも、100%善意だから怖い!

内容もシリアスなブラックコメディ風で覚えておいていつか観たい映画です。
2012/08/21 (Tue) 06:36  bamboo編集〕  

>bambooさん

いらっしゃいませ、イラスト褒めていただけて嬉しいです!
この俳優さんがホントいい味出していて、イラつくんだけど憎めないキャラクターを上手く演じてます。

> 内容もシリアスなブラックコメディ風で覚えておいていつか観たい映画です。

いやいや、ぜんぜんシリアスじゃないんですよ。どちらかというと、ドリフのコントみたいな感じです。
昔は素直に笑えたのに、今回はあまり笑えませんでした。歳のせいなのか、それとも初見は楽しめる作品なのか?
リメイク版もあって、このオリジナル版はちょっと探さないと置いてないかもしれません。もしご覧になったら、感想聞かせてくださいね~。
2012/08/21 (Tue) 07:17  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧