忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ティンカー・ベル」観た

 | ファミリーアニメ  com(7) 

ティンカー・ベル
製作:アメリカ’08
原題:TINKER BELL
監督:ブラッドリー・レイモンド
ジャンル:ファンタジー

【あらすじ】ネバーランドにある妖精の谷“ピクシー・ホロウ”で、新たに誕生した”もの作りの妖精”ティンカー・ベル。外の世界に興味津々の彼女だったが、もの作りの妖精はメインランドに行けないと知る。何とかして行く方法はないかと考えるが…。

DlifeとかいうBS局がいつの間にかあって、続編を先に見たこの作品をちょうどオンエアしていたので観ました。
アドベンチャー要素がなくて若干物足りないものの、先にこちらを観ていれば気にならなかった事だし、妖精を主役にするならこちらの方が正統派というところでしょうか。
ティンカー・ベルが生まれたところから始まり、自分が何ものであるかを受け入れるまでを描いてます。
生まれてすぐに適正を調べられ、決まったら一生その仕事をするなんて、妖精の世界も意外とシビアですね。みんな自分の仕事に誇りを持って楽しそうに働いているけど、ティンクのように他の仕事に興味を持っても天性の素質がないとできないものばかり。努力だけではカバーできない違いです。
仲間たちが本当に優しくて、それでも諦めないティンクに簡単な仕事をやらせてあげたり(女の子)、ティンクの仕事を代わりにやってあげたり(男の子 笑)。
自分の物作りの才能の素晴らしさに気付かず、つい友達に当たってしまうところは、やっぱりティンクだなぁという感じでした。
そして、続編であんなに仲良しだったテレンスがぜんぜん出てこないと思ったら、なんと数分の出番で1)話したことはないけどお互いちゃんと見てた事が判明し、2)気の利いた事を言ってティンクの間違いを気付かせ好感度アップ!というイケメンっぷりを発揮してました。これが続編では、大任を任されたティンクのために、「お前は妻か!」というくらい身の回りの世話をするんだから笑っちゃいます。
ラストは、ティンクが他の妖精の仕事に挑戦した経験もいかして、もの作りの妖精として大活躍。嬉いサプライズもあって良かったです。次は3作目を観ないと!

関連記事
映画「ティンカー・ベルと妖精の家」観ました(同監督)
映画「ティンカー・ベルと月の石」観た
映画「ピーター・パン(1953)」観ました

■ Comment

こんばんは☆

>DlifeとかいうBS局がいつの間にかあって、続編を先に見たこの作品をちょうどオンエアしていたので観ました。

BS258、お気づきでなかったですか?
私はいくつか見ました☆
吹き替えシネマって呼んでいますが、先日字幕もあってビックリ!!!

イラスト可愛いです!良いシーンですよね~!
続編のイラストも見せて頂いています(未見)。

>妖精を主役にするならこちらの方が正統派というところでしょうか。

良い作品でしたね~。

>ティンカー・ベルが生まれたところから始まり、自分が何ものであるかを受け入れるまでを描いてます。

ひと言でいえばこういう映画でしたね。

>ラストは、ティンクが他の妖精の仕事に挑戦した経験もいかして、もの作りの妖精として大活躍。嬉いサプライズもあって良かったです。次は3作目を観ないと!

ラストは本当に良かったですね☆
でも、途中の「メインランド行きたい行きたい」のところは
ちょっとくどかったです・・・。 2作目は見ないかも?

*************

>話題の人なんですか?
>塩谷瞬ですよね。名前を見てもぜんぜんわからないです。

あぁ、宵乃さんはワイドショーのような下劣な番組は見ないんですね?
ひと言でいえば「バカな女の敵という本性がバレた」んです。

>そうなんですか。原作の展開はそうとう悲惨だったと聞いていたので、ちゃんとその通りにやったんですね。>タイトルは普通に2かな? 回避できたら回避しようと思います。

ごめんなさい、調べたら、続編ではなかったです。
どちらかというと、この映画の前に当たる、
田舎から女優となるために女の子が上京する話で、
主人公の名前も違いました。本当にすみません・・・。

>あと、イラストにリンクを張っていただくという事で

いえいえ、前にさせて頂くと言いながら、
数作品だけしかしていなくて、反省しました。
ゆっくりですので、大目に見てやって下さいませ~。
2012/05/08 (Tue) 20:52  miri〔編集〕  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/08 (Tue) 20:53    

>miriさん

いらっしゃいませ。
そうなんですよ~、まったく気付いてなくて痛恨のミス!
でも、これで観られる映画が増えて嬉しいです。

> イラスト可愛いです!良いシーンですよね~!
> 続編のイラストも見せて頂いています(未見)。

ありがとうございます。2はアドベンチャー要素も盛り込んで、見ごたえのあるものになってます。ティンクの性格をウザイと思ってしまうと楽しめないかもですが。

> ひと言でいえば「バカな女の敵という本性がバレた」んです。

あ~、そういう話題でしたか。(顔が覚えられないので)芸能ニュースには興味なくて。

> ごめんなさい、調べたら、続編ではなかったです。

あ、大丈夫ですよ~。間違って観てしまったらどうしようと思ってたので、違っていて良かったです。原作の事をちょっと調べてみたら、青年誌に掲載された作品だとか。画像検索したら、イメージと違う絵がでてきてビックリしました(笑)
あと、イラストへのリンクはお暇な時でいいですからね~。

鍵コメの方もありがとうございました。映画としては微妙な印象でしたが、ご本人には興味がわきました。ドキュメンタリーなら観たいなぁ!
監督は「エバン・オールマイティ」の方ですね。前に言い忘れてたんですが「ブルース・オールマイティ」は好き勝手できる力を手に入れて、最終的にそんな力にたよらず自分で頑張ることが素敵なんだと気付く作品です。監督は同じだし、ブルースは嫌な奴だけど、神様役のモーガン・フリーマンがやっぱりいい味出してました。
2012/05/09 (Wed) 07:22  宵乃〔編集〕  

こんにちは

もう内容を忘れかけているのですが、
ベルの性格がうざいって思っちゃっていたかも^;
ほかの友達の妖精さんのほうが可愛かった記憶があります

テレンスがイケメンでどうしようって思ったのは同じですが(笑)
2作目ではもっと活躍しちゃうのですか?
それはみてみないと!
2012/05/09 (Wed) 09:47  maki編集〕  

>makiさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
そうなんですよ、あの子の性格がちょっとネックになってると思います。
いちおう「ピーター・パン」での性格からかけ離れないようにという事でしょう。なんせウェンディ暗殺企んだ女ですから(笑)

> テレンスがイケメンでどうしようって思ったのは同じですが(笑)
> 2作目ではもっと活躍しちゃうのですか?

ホント、一瞬の登場なのにあの存在感。妖精の粉でイケメン度がアップしたんでしょうか。
続編ではもっと出てますね。アドベンチャーな展開になって一時消えますが、やっぱりいいところで再登場します。CGアニメもパワーアップしてるので、機会があればぜひ!
2012/05/09 (Wed) 10:45  宵乃  

うざい、

というのは「自己主張が強い」とも言い換えられるかも(笑)。
私は、ほぼ、気になりませんですね。
3回目、見てしまいました。
テレンスは続編を重ねるにつれて、重要度が増して…いきませんでしたねえ…。
2016/04/29 (Fri) 23:34  ボー編集〕  

>ボーさん

> というのは「自己主張が強い」とも言い換えられるかも(笑)。

そうですね、女性も主張して社会を引っ張っていくべきだ、というのが浸透してきた現代では、ティンクみたいな娘はヒロインにピッタリかも。
ボーさんもお気に入りですしね♪

> テレンスは続編を重ねるにつれて、重要度が増して…いきませんでしたねえ…。

ですねぇ…。まあ、ピーターがいるから、あんまりティンクの中で大きな存在になっても困るんでしょうけど…。せめて友情を育んでいってほしかったです!
2016/04/30 (Sat) 10:40  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
ティンカー・ベル
赤ちゃんが始めて微笑んだとき、新しい妖精が生まれる。これはピーターパンのキャラクター、ティンクの物語なんです^^ 綿毛に金色の粉を振り掛けると…新しい妖精の誕生!勿論アニメCGなんですが、映像がきれいなのは驚いた。 属性のようなものですが、物作りの妖精(...
いやいやえん|2012-05-09 09:44