忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「最後の恋のはじめ方」観た

 | ラブコメ/ロマコメ  Comment(2) 
Tag:アンディ・テナント

最後の恋のはじめ方
製作:アメリカ’05
原題:HITCH
監督:アンディ・テナント
ジャンル:ロマンス/コメディ

【あらすじ】独自の理論と的確なアドバイスで、恋愛に不器用な男性たちを手助けしてきたデート・コンサルタントのヒッチ。今回も、小太りで冴えない会計士アルバートの恋を手伝う事に。その一方で、彼はゴシップ記事専門の女性記者サラと出会い…。

久し振りに1時間も寝坊したー!
なんとか7時頃には朝食をはじめられたものの、一日のリズムが崩れると調子でないですよね…。そんなわけで、軽めに感想いこうと思います。
タイトルからして全く期待してなかったんですが、意外と爽やかで面白いロマコメでした。
ヒッチが指南する冴えないアルバートの奮闘ぶりが可愛いんですよねぇ。ヒッチの「どんな女でも必ず落とせる」という言い方は若干ひっかかるものの、彼のような誠実な人の手助け(勇気付け)をしてると思えば、こんな仕事も必要かもしれません。本気の恋しか手助けしないのがポリシーらしいし。
ヒッチがやった事はほんの少し背中を押す事くらいで、実際に頑張ってるのは彼自身。あのアルバートが吸入器を投げ捨て、彼女の元に戻ってキスをするくだりは痺れました。
ヒロインがあんまり可愛くなかったりするけど、ヒッチの恋のほうもなかなか楽しかったです。他人の後押しは得意でも、自分の恋は思うようにいかないのがセオリー。たまたま彼女のトラウマを刺激しちゃったり、食品アレルギーで顔ボコボコになったり、最低男の逆恨みに遭ったり、ことごとく裏目に。にしても、アレルギー出た時に病院じゃなく、ドラッグストアに駆け込むとは…。
ラストは安心のハッピーエンドで、ヒッチの客を見る目の確かさもあって他のカップルたちも安泰そう。クスクス笑って、気楽に観られる作品でした。

関連記事
「エバー・アフター」観た
B003JDVGO4 最後の恋のはじめ方 [Blu-ray]

■ Comment

こんばんは☆

今日見ました☆
イラストの場面がちょっと分からなくて・・・ごめんなさい☆

>ヒッチがやった事はほんの少し背中を押す事くらいで、実際に頑張ってるのは彼自身。
>あのアルバートが吸入器を投げ捨て、彼女の元に戻ってキスをするくだりは痺れました。

このあたり本当に良かったですね~!

>ヒロインがあんまり可愛くなかったりするけど、

(爆)

>にしても、アレルギー出た時に病院じゃなく、ドラッグストアに駆け込むとは・・・。

やはり国民皆保険の日本と違って、アチラは病院ってすっごく高いらしいですからね~。

>ラストは安心のハッピーエンドで、ヒッチの客を見る目の確かさもあって他のカップルたちも安泰そう。
>クスクス笑って、気楽に観られる作品でした。

私もそう思いましたが、ちょっとこの映画は長過ぎると思いました。
もうちょっと絞ったら、もっと良い作品になったのですが、
今のままでも良い作品ではありますが、ちょっと最後の最後もくどい感じだったです。

15分削って、103分にしたら、きっと最高♪
っていうか、それだけ削れると、私は思ってしまいました。

追伸:「かいじゅうたちのいるところ」1日に見ました☆
宵乃さんのまとめ方、本当に素晴らしいです~ぅ♪
仰るとおり~!!!
2012/05/06 (Sun) 20:28  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ、ご覧になったんですね!
このシーンは、彼女のご先祖様の名前が載った本のある博物館?を歩き回って、”彼女が絵を見てる時は、放ってその辺歩き回る”を実践してるところだったと思います。
アルバートの方を描こうか、ちょっと悩みました。

> やはり国民皆保険の日本と違って、アチラは病院ってすっごく高いらしいですからね~。

そうですね、そういうことを考えると、やはり日本は恵まれてるなぁと思います。あちらで迷わず病院へ駆け込むとしたら、わが子か、本当にヤバイ状況になった時なのかなぁ。

> 私もそう思いましたが、ちょっとこの映画は長過ぎると思いました。
> 15分削って、103分にしたら、きっと最高♪
> っていうか、それだけ削れると、私は思ってしまいました。

あ~、そんなに長い作品だったんですか。実はこれ、例の93分番組で観ました。相変わらず編集が上手くて最初からこの長さだと・・・。確かにそんなに長いとテンポも悪くなってしまいますよねぇ。

> 追伸:「かいじゅうたちのいるところ」1日に見ました☆
> 宵乃さんのまとめ方、本当に素晴らしいです~ぅ♪
> 仰るとおり~!!!

ありがとうございます。良い話なのに、変に怖くて引いてしまいました。鳥の腕の事とか。
監督が「マルコヴィッチの穴」の人だと後から知って納得です。
2012/05/07 (Mon) 10:39  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧