忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「クラッシュ(2004)」観ました

 | 社会派  Comment(3) 
Tag:ポール・ハギス

クラッシュ(2004)
製作:アメリカ’04
原題:CRASH
監督:ポール・ハギス
ジャンル:★ドラマ/犯罪

【あらすじ】クリスマスを間近に控えたロサンゼルス。さまざまな立場、さまざまな人種の人々がいるその街で、差別、偏見、憎悪が渦巻くなか、悲しみを抱えた人たちがぶつかりあう。

疲れる作品だと聞いていたので気合を入れて鑑賞。最初は頭がこんがらがったけど、なんとか大体のところは理解できたかも…?(汗)
冒頭から差別的な発言、行動を見せ付けて「うわぁ…」と思いました。今でもアメリカではこんな状況なんだろうかと考えてしまったけど、たまたまアメリカは様々な人種に溢れているから、怒りやストレスのはけ口が人種差別として現れているだけで、イライラして怒鳴ったり八つ当たりしたりするひとなんてどこにでも溢れてますよね…。なので、そういうトゲトゲした気持ちばかりで人間らしいふれあいを忘れ、他人を信じられなくなってしまった現代人を描いた作品として観ることができました。
印象に残ったのが、透明マントと事故車から救出のエピソード。透明マントは先が読めるものの、二人の天使の思いやりにホロリ。事故車からの救出は、人間の多面性というものを痛感しつつ感動で涙が。ちょっと話しただけで相手の本質を知ったような気になってはいけませんね。
それらと逆の意味で別の一面に気付いてしまう、聖母像と兄弟と母親のエピソードはきついものがありました。本人が気付いていないような人間の弱くて残酷な一面も、やはり”真実”だということでしょうか。
残念だったのが、サンドラ・ブロックのエピソード。階段から落ちてメイドに助けられるまでの心細さと不安をもっと見せてくれてもよかったと思います。ただでさえ出番少なかったのに…。
車の衝突と、人と人との衝突をかけた「クラッシュ」というタイトルが冴えてました。

関連記事
「告発のとき」観ました
B006IW5ES2クラッシュ [Blu-ray]

■ Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/12 (Mon) 00:14    

宵乃さん、こんばんは☆

1週間ほど、山へ修行に行っていました(笑)。
今日からまたコメントでお話させてもらいたいのですが、図々しいでしょうか?
よろしくお願いいたします(ペコリ)。

クラッシュ、良い映画でしたよね~。
脚本が良いと思いましたが・・・。

>怒りやストレスのはけ口が人種差別として現れているだけで、イライラして怒鳴ったり八つ当たりしたりするひとなんてどこにでも溢れてますよね・・・。
>なので、そういうトゲトゲした気持ちばかりで人間らしいふれあいを忘れ、他人を信じられなくなってしまった現代人を描いた作品として観ることができました。

そうなのかもしれませんが、やはり私は人種について何かを言いたい作品だったのだと思いました。
それは日本人には、多分、かなり分かりにくいのだと思います。

サンドラのエピソードは単純に本当に大事なヒトが誰か気付いて良かったと思ってしまいました。
そういえばもう少し詳しく描いてくれても良かったのにね~。
(でもこれ以上長くなっては・・・)

>車の衝突と、人と人との衝突をかけた「クラッシュ」というタイトルが冴えてました。

おぉ~そういう意味だったのですね~!!!
納得のタイトルです。
2012/03/14 (Wed) 20:44  miri〔編集〕  

>お帰りなさい、miriさん♪

またこうしてお話できて嬉しいです。
これからもよろしくね~!
この作品はmiriさんが良いと仰っていたので、さっそく無料放送されて喜び勇んで観ましたよ~。作品賞受賞したとかは全然信用ならないけど、これは本当によかったです。

> そうなのかもしれませんが、やはり私は人種について何かを言いたい作品だったのだと思いました。
> それは日本人には、多分、かなり分かりにくいのだと思います。

この作品を深いところまで理解するには、やはりアメリカで暮らした事がないと難しいでしょうね。わたしにはそういう見方をしても難しいだけなので、自分なりの視点で楽しんでみました。

> サンドラのエピソードは単純に本当に大事なヒトが誰か気付いて良かったと思ってしまいました。
> そういえばもう少し詳しく描いてくれても良かったのにね~。
> (でもこれ以上長くなっては・・・)

不安な表情を少しでも映してほしかったなぁと思いました。
いろいろな人の感想を読んでると、彼女のエピソードが何を言いたかったのかまったくわからん!と言っている人もいるし、私も一瞬考えてしまったので、ちょっと唐突だったかなぁと。
とはいえ、全体的に考えさせられるし感動もできる秀作でしたね。観られて良かったです!
2012/03/15 (Thu) 07:37  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧