忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「悪い種子(たね)」観ました

 | サスペンス  Comment(2) 

悪い種子(たね)
笑顔の裏に…。
製作:アメリカ’56
原題:THE BAD SEED
監督:マーヴィン・ルロイ
原作:ウィリアム・マーチ
ジャンル:★サスペンス/ホラー

【あらすじ】愛する夫と可愛い娘ローダに囲まれ、幸せな日々を送るクリスティーン。ある日、学校の遠足で少年が溺死し、それでも平然としている娘に不安を抱く。教師に相談すると、ローダは彼の金メダルに執着していたという。

利発で可愛い娘ローダに、突如浮かび上がった恐ろしい”疑惑”。
その笑顔の裏に”悪魔”がひそんでいるのか?

学校の評判にしか興味のない教師。
息子を亡くし、嘆き悲しむ母親。
”疑惑”に感づいた意地悪な使用人。

孤立したクリスティーンは、ある”不安”によりさらに追いつめられてゆく。
それは、自分の出生に関するものだった。

”悪の血筋”は遺伝してしまうものなのか?
幼い子供が残忍な犯行に及んでしまう事があるのか?
悩んだ末、彼女がとった行動は…。

ギャオでやってたんですが、すごく良かったです。ローダの薄気味悪さや、母親二人の苦悩がよく出てました。オチやカーテンコールにはびっくりさせられましたが、こんなに完成度の高い作品はなかなか出会えないと思います。取り扱っているテーマも興味深く、おすすめです。

関連記事
「若草物語(1949)」観た
B0002QY102悪い種子 [DVD]

■ Comment

No title

こないだネットサーフィンしてたらふっと見つけたのですが、

わたなべまさこ先生の昔の少女マンガ「聖ロザリンド」ではこの映画の設定をなぞって、もっと恐ろしくて引き込まれる恐怖マンガ作品にしてしまったそうですな。

……ネットであらすじを聞くだけで恐ろしくて読む気になりません(^^;)

お暇でしたらチャレンジ(^^;)
2014/12/06 (Sat) 18:45  ポール・ブリッツ編集〕  

>ポールさん

こちらもコメントありがとうございます♪
まさかこの作品からそんなに恐ろしいマンガが生まれていたとは!
「聖ロザリンド」ですか~、ずいぶん古い作品ですね。
一見、とても可愛い女の子なのがさらに怖いです。
教えて下さってありがとうございました。
2014/12/07 (Sun) 13:33  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧