忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「アイガー・サンクション」観た

 | アクション  Comment(2) 
Tag:クリント・イーストウッド

アイガー・サンクション
うさぎにとって小学校は地獄?
製作:アメリカ’75
原題:THE EIGER SANCTION
監督:クリント・イーストウッド
原作:トレヴェニアン
ジャンル:アクション/サスペンス

【あらすじ】登山家で大学教授のヘムロックは、かつて政府の諜報機関に所属していた。もとボス・ドラゴンに呼び出された彼は、正体不明の殺し屋の制裁(サンクション)を頼まれる。標的がアイガー登山隊にいるとわかり隊に加わるが…。

教授で登山家でスパイな主人公が、派手に暗殺したり美女に騙されたり、またまた美女に騙されたりしながら、正体不明の標的をアイガー北壁を登りながら暗殺しちゃえ♪という愉快なアクション映画でした。
前半と後半でまるで違う映画の様なんですが、登山修行らへんからかなり楽しめます。美女に過酷な山登りを強いられ「もう、殺してくれ…」とか言ってたのが、美女がたわわな胸を露わにした途端すいすい登り出したのには笑えました。
そしてメインの登山シーン。
誰が標的なのか疑心暗鬼になりながら、緊張感溢れる崖っぷちアクションを見せてくれます。その様子を望遠鏡で見守る友人との対比も良い!
この登山アクションと雄大な景色が見れただけで満足です。

さて、上の絵のことなんですが、この映画の怖そうな依頼人が重度の”アルビノ”(ウィキペディアへのリンクです。「概要」と「フィクションとアルビノ」の項を参考にしました)なんですよね。最近は色彩だけアルビノなキャラクターも多いですが、この映画では暗室で暮す正真正銘のアルビノです。
やっぱり昔からこういうイメージで描かれることが多いんでしょうか?
ちょっと気になるところです。

関連記事
映画「ホワイトハンター ブラックハート」観ました
B00W1EOVUI アイガー・サンクション ブルーレイ [Blu-ray]

■ Comment

こんばんは☆

一年くらい置いておいたのですが、やっと見ました☆
公開当時は、たいへんな話題作でしたよ~!

>教授で登山家でスパイな主人公が、派手に暗殺したり美女に騙されたり、またまた美女に騙されたりしながら、正体不明の標的をアイガー北壁を登りながら暗殺しちゃえ♪という愉快なアクション映画でした。

そうですね、仰る通りで、あんまり好きではない監督なんですけど、
まぁまぁ楽しく見られました☆
自己愛は相変わらずで、嫌でしたけど(爆)。

>美女がたわわな胸を露わにした途端すいすい登り出したのには笑えました。

笑いましたよね~大爆笑!

>そしてメインの登山シーン。
>誰が標的なのか疑心暗鬼になりながら、緊張感溢れる崖っぷちアクションを見せてくれます。

標的は、もう早い段階で俳優名で分かってしまうけど、
まぁそれを置いておいて、良かったですね!
スタントなしとのことでしたし!

>この登山アクションと雄大な景色が見れただけで満足です。

あの景色はなかなか見られませんね~!
撮影の方が素晴らしいのだと思います♪

>さて、上の絵のことなんですが、この映画の悪役が重度の”アルビノ”なんですよね。

悪役・・・ではないのではないでしょうか?
根性は悪いけど、一応政府関係者ですし、お金もちゃんと出すし、
言っていることも、筋が通っていると思います☆

>ウィキペディアにリンク貼ったので、「概要」と「フィクションとアルビノ」の項らへんを読んでみてください。

ハイ、お勉強しました。
中2のクラスに「白子」と呼ばれている子がいて、本当に真っ白で、
夏でも長袖を着ていました。

男の子で、苛められていたようです。
お話したこともなかったけど、今思うと、普通に接する難しさを
もっとあの時に考えなければならなかったように反省です・・・。

>やっぱり昔からこういうイメージで描かれることが多いんでしょうか?
>ちょっと気になるところです。

上記のとおり、やはりフィクションの世界で、あえて悪く描くのは
良くない・・・特に若い人が見る作品は・・・と、そんな風に思いました。

白ウサギ、すっごく可愛いです!!!


*********************


「グラン・トリノ」は3年前に見ました。
私は血のつながった人たちの言っていることが正しいと思ったので、
一般的な感想とは全然違いました。

「マッケンナの黄金」はもうずっと前に録画してあって・・・
今回BS3のオンエアを知り、見なくてはと思いつつ、置いたままです(爆)。
またいつか見ますね~!
2012/10/27 (Sat) 19:02  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます!
話題作だったんですか~、この時のオンエアで初めてタイトルを知った気がします。
確かに自己愛はありましたね。この監督の作品はこの頃の方が好きかもしれません。ユーモアもキレがあるというか。

> 標的は、もう早い段階で俳優名で分かってしまうけど、
> まぁそれを置いておいて、良かったですね!
> スタントなしとのことでしたし!

俳優名でわかっちゃいましたか。わたしはたぶん再見してもわかんないだろうなぁ(笑)
スタントなしはホントすごかったです。景色の美しさも相まって、ドキュメンタリーとしても観られるかも。

> 悪役・・・ではないのではないでしょうか?
> 根性は悪いけど、一応政府関係者ですし、お金もちゃんと出すし、
> 言っていることも、筋が通っていると思います☆

あらら、そうだったんですか。ちょっと覚えてなくて…。たぶん、ややこしくてストーリーは理解してなかった気がします(笑)

> ハイ、お勉強しました。
> 中2のクラスに「白子」と呼ばれている子がいて、本当に真っ白で、
> 夏でも長袖を着ていました。

わざわざ読んで下さってありがとうございます。なんか今読み直すと強制するようで嫌な書き方かも。悪役のところと一緒に直そうかな。
それにしても、身近にいらっしゃったとは。有色人種の地域ではとくに目立ちますし、学校生活は大変だったでしょうね…。

> お話したこともなかったけど、今思うと、普通に接する難しさを
> もっとあの時に考えなければならなかったように反省です・・・。

それが日常のように感じてしまうと、当事者以外はなかなか気付かないものだと思います。わたしもいじめられている子とは距離を置いていたのを思い出しました…。
自分で気付くようなきっかけを、わたしたち大人が与えられるようにしなきゃいけませんね。映画などでも気をつけてほしいところです。

> 白ウサギ、すっごく可愛いです!!!

ありがとうございます!
むかしはウサギやハムスターを飼いたかったんですよ~。だっこしたい!

*********************

> 「グラン・トリノ」は3年前に見ました。
> 私は血のつながった人たちの言っていることが正しいと思ったので、
> 一般的な感想とは全然違いました。

あの性格の悪いじいさんには引きました。前半はかなり辛かったです。子供との交流はそれなりに観られたけど、盛り上がりもないし全体的に退屈…。評判が良いのが不思議です。
miriさんの感想は読んだかもしれないけど覚えてませんね~。ちょっと気になります。

> 「マッケンナの黄金」はもうずっと前に録画してあって・・・
> 今回BS3のオンエアを知り、見なくてはと思いつつ、置いたままです(爆)。
> またいつか見ますね~!

あと30分短ければ、気軽に見られるんですけどね(笑)
余裕のある時にどうぞ。
2012/10/28 (Sun) 10:17  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧