忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「上を向いて歩こう」観た

 | 青春  Comment(7) 
Tag:日本

上を向いて歩こう
製作:日本’62
監督:舛田利雄
ジャンル:青春ドラマ

【あらすじ】少年鑑別所から脱走した九と良二は、オート三輪で運送業を営む永井に匿われる。九は彼のもとで真面目に働き始めるが、良二は永井が少年保護司だと知って逃げ出してしまう。ドラマーになるため、かつてドラムを教えてくれた牧のもとへ行くが…。

ヒット曲に便乗した映画ということで期待せずに観たんだけど、意外と面白かったです。
一致団結しての大脱走の後に、心をいれかえて真面目に働こうとする九ちゃんと、ドラマーを目指してチンピラに成り下がっていく良二らを初め、いろんな人がすれ違ったり争ったりするのを描いていました。
真面目にやろうとする九ちゃんも、夢を目指す良二も、賭場を仕切りながら大学に通う健も、それぞれ孤独を抱えて辛い思いをしながら前に進もうとするのが、ベタながら良いんですよね。吉永小百合も可愛かったし。
この時代のこういう界隈で生きている人々はこんな感じだったのかなぁと思わせるリアリティもあって、最後までしっかり見せてくれました。
まあ、途中で「クララが立った!」みたいなエピソードがあったり、ラストはみんなで「上を向いて歩こう(幻の四番)」を歌いながら歩くシーンで終わったりするんだけど。そんな爽やか青春映画のノリも、お正月に観る分には丁度良かったです。

B004WAQ6IY 『上を向いて歩こう』DVDスペシャル・コレクション

■ Comment

こんばんは☆

「お買いもの中毒~」のイラスト、素敵です!
印象的な場面ですね☆

こちらの良二君もイイですよ~目がこのまんまって感じです!
3月にオンエアがあって、この度見ました☆

>ヒット曲に便乗した映画ということで期待せずに観たんだけど、意外と面白かったです。

「いつでも夢を」の方が良かったですけど、こちらも力を感じる作品でした♪

>永井が少年保護司だと知って逃げ出してしまう。

ここのところ主語が「良二が」だと思います。。。抜けてます。

>この時代のこういう界隈で生きている人々はこんな感じだったのかなぁと思わせるリアリティもあって、最後までしっかり見せてくれました。

ハイ、仰るとおり、そういう作品でした。
私が赤ちゃんの頃の時代ですが、覚えていないくせに懐かしさを感じる
60年代前半は、不思議な感覚なのです☆

>まあ、途中で「クララが立った!」みたいなエピソードがあったり、

これはちょっとね~。

>ラストはみんなで「上を向いて歩こう(幻の四番)」を歌いながら歩くシーンで終わったりするんだけど。

永さんが書かれたから、4番の歌詞も良かったです。
あのエンドロールの不思議な感覚で、それまでのヘンなとこ、飛んでいきましたね~???
まぁ仕方ないです(大爆)

明日アップしますので、また宜しくお願いします☆
2013/04/04 (Thu) 18:26  miri〔編集〕  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/04/04 (Thu) 18:28    

>miriさん

> 「お買いもの中毒~」のイラスト、素敵です!
> 印象的な場面ですね☆

いつもありがとうございます。あのマネキンのシーンだけは素晴らしいですよね~。あと「素直な悪女」の方も気付いて下さってありがとう!
予告編動画?を見つけて、それを参考に描きました。素晴らしい曲線で、女のわたしでもうっとりしちゃいました。

> こちらの良二君もイイですよ~目がこのまんまって感じです!

若い日本人で白黒でも映える顔は珍しいかも。くりっとした目が意外と可愛い(笑)

> 「いつでも夢を」の方が良かったですけど、こちらも力を感じる作品でした♪

機会があったら観てみます。そちらも、この時代のパワーが伝わってくる作品なのかな。

> ここのところ主語が「良二が」だと思います。。。抜けてます。

ホントだ、直しておきますね!

> 私が赤ちゃんの頃の時代ですが、覚えていないくせに懐かしさを感じる
> 60年代前半は、不思議な感覚なのです☆

ですよね~。わたしもなんだか懐かしい感じがして、ストーリーだけならそんなに好みでもないのに、妙に魅力を感じてしまいました。

> >まあ、途中で「クララが立った!」みたいなエピソードがあったり、
> これはちょっとね~。

くる病とは違いますもんね~。病名を出さなければまだ良かったんですが…。

> 永さんが書かれたから、4番の歌詞も良かったです。
> あのエンドロールの不思議な感覚で、それまでのヘンなとこ、飛んでいきましたね~???

幻の四番を聴くために観る人もいそうです。あのエンドロールで”映画だ~!”と思えて、それが心地よいのかもしれません。楽しんで作品を作りました、という気持ちが伝わってきました。
2013/04/05 (Fri) 10:46  宵乃〔編集〕  

国立競技場

宵乃さん。おはようございます。
ちょっと前にBSで、この映画を見ました。

>ラストはみんなで「上を向いて歩こう(幻の四番)」を

バックに建設中の国立競技場が出て来ます。
まさに高度成長時代です。

>賭場を仕切りながら大学に通う健

高橋英樹。当時の日本人としてはすごく背が高いし、イケメンですね。
2015/10/07 (Wed) 07:10  間諜X72〔編集〕  

>間諜X72さん

一日遅れですが、おはようございます(汗)
昨日の朝にコメント頂いたのに、お返事遅くなってすみません。

> バックに建設中の国立競技場が出て来ます。
> まさに高度成長時代です。

国立競技場だったんですか~。
邦画はちょっと古めの方が、街や流行の変化とか実感できて面白いですよね。

> 高橋英樹。当時の日本人としてはすごく背が高いし、イケメンですね。

そうですね~、おじさんになってからの印象が強かったので、こんなに若い頃があったのかと驚きました(笑 当たり前!)
きっと若い女性に人気だったんでしょうね~。
2015/10/08 (Thu) 07:33  宵乃〔編集〕  

可愛い!

>吉永小百合も可愛かったし。

まさに清純派ですね!渡辺友子も可愛かったです。元ジェリー藤尾夫人。

>おじさんになってからの印象が強かったので、こんなに若い頃があったのかと驚きました

僕らの世代が子供の頃。高橋英樹と言えば大河ドラマ「国盗り物語」の織田信長、そして人情時代劇「ぶらり信兵衛 道場破り」ですね。

宵乃さんが描いた浜田光夫のイラスト。素晴らしいです!
白黒で、いかにも昭和と言うイメージです。
2015/10/14 (Wed) 07:58  間諜X72〔編集〕  

>間諜X72さん

> まさに清純派ですね!渡辺友子も可愛かったです。元ジェリー藤尾夫人。

すでに忘れかけてますが、渡辺友子さんが歩けなかった役かな?
お二人とも”お嬢さん”という感じで可愛かったです。

> 僕らの世代が子供の頃。高橋英樹と言えば大河ドラマ「国盗り物語」の織田信長、そして人情時代劇「ぶらり信兵衛 道場破り」ですね。

大河ドラマに時代劇ですか。さすが時代劇俳優です。

> 宵乃さんが描いた浜田光夫のイラスト。素晴らしいです!
> 白黒で、いかにも昭和と言うイメージです。

ありがとうございます♪
衝撃を受けた表情が印象的で、とても描きやすいお顔でした。
2015/10/14 (Wed) 11:31  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧