忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ニルスのふしぎな旅 劇場版」観た

 | ファミリーアニメ  Comment(8) 
Tag:日本

ニルスのふしぎな旅 劇場版
製作:日本’82
監督:鳥海永行
原題:セルマ・ラーゲルリョーブ
ジャンル:★ファンタジー/アドベンチャー

【あらすじ】スウェーデン南部の農村。妖精を怒らせ魔法で小さくされてしまったニルスは、動物たちの言葉が理解できるようになる。ひょんなことから、ガチョウのモルテンの背に乗り、アッカ隊長率いる雁の群れと野鳥のふるさとラブランドを目指し…。

ちょっと前に放送していたアニメをスルーしていたところ、BSプレミアムで劇場版をやったので鑑賞。
小さい頃、アニメ絵本を持っていたけれど内容は覚えておらず、ガチョウに乗る小さいニルスの可愛らしい姿しか印象に残ってませんでした。そのイメージが、映画が始まったとたんガラガラと音を立てて崩れ去りましたよ(笑)
この子、ジャイアンレベルの悪ガキだ!
捕まえた妖精が「これをあげるから放しなさい」と金貨を出したら、「もっと出せるだろ」とニンマリ笑うんだもの…。まあ、この悪ガキが旅を通して優しさや責任を知り、成長しつつ友情を深めていくのが感動的なんですけどね。
ただでさえ両親の元を離れて寂しい想いをしている彼が、雁の群れや親友モルテン、スネオ的なペットのキャロットらの為に、危険を顧みず立ち向かっていく姿にはジーンときました。映画版のカッコいいジャイアンみたいな。
こういう冒険譚のなかに、動く銅像みたいな妖精以外の世界の不思議の話が混ざっているのも良くて、アニメ本編はほんとうに素晴らしい作品なんだろうなぁと想像できました。
ただ、この作品は原作の”スウェーデンの地理を楽しく学べる”というコンセプトを前面に出したかったのか、移動の風景描写にやたらと時間を割いて、アニメファンにとって重要なレックスの事を省いてしまったようなんですよね。レックスが動物園に捕まって「寂しいなぁ。」とつぶやく姿が最後というのは、いくら劇場版が初見のわたしでも「それはないだろ!」という感じ。いくら悪役でも、キツネが雁を襲うのは生きるためだというのに…。(後半はニルスへの復讐心ばかりで、いつ食事してるのか不思議だったけど。 笑)
まあ、劇場版のためにすべて描き直したらしいので、風景描写はさすがの美しさなんですけどね。ラストも感動で涙目だったし。全体の時間を延ばして、レックスの事もきちんと描いていたら…と思うと残念ですが、ファン以外の方が初めて見る分にはじゅうぶん楽しめる作品だったと思います。

追記(2013/7/30)
TVシリーズの再放送があったので、全話視聴しました。
これは素晴らしい作品ですね…。モルテンまじ兄貴!アッカ隊長まじ先生!
時々、話の都合上ニルスが悪ガキに戻ったりもしてたけど、旅を通して成長していく姿に感動しました。音楽家に見世物にされて、初めて人(ハムスター)前で涙するところなんて、かわいそうで見てられなかったです。
ただ、レックスをみんなで嘲笑うシーンがやたらと多かったのと、アッカ隊長の「どんな理由があっても生き物を殺すのは悪いこと」という生きるために食べなきゃいけないのを無視したセリフはちょっと引っかかりました。
でも、念願のレックスとのお別れの話を観られてよかった。お嫁さんもらえてよかったね!
大人が観ても、今の子供たちが観ても、充分楽しめる名作だと思います。

B002UNEEC0ニルスのふしぎな旅 DVD-BOX

■ Comment

こんにちは。

ニルスは好きでした。
当時NHKで放送されていた時には、一週間が待ち遠しかったです。
ニルスってただ小さくなるだけでなく、ほかの魔法的町にいったり不思議な話も多いんですよね。
我儘で自分勝手なニルスが、次第に仲間を思いやりだす過程も感動的な話が多かったと思います。

原作にないハムスターはいりませんでしたけど…見ている内に慣れました。(^^;

劇場版がDVD化されていたんですねぇ。
でもTV版も観たいですねぇ。
2012/01/09 (Mon) 23:11  白くじら編集〕  

>白くじらさん

いらっしゃいませ!
おお、白くじらさんはニルスをリアルタイムで観ていたんですね、うらやましぃ~。

> ニルスってただ小さくなるだけでなく、ほかの魔法的町にいったり不思議な話も多いんですよね。

動く銅像以外にもそういう話がたくさんあったんですか、ますます気になります。
オンエアを無理してでも観ておけばよかった!

> 原作にないハムスターはいりませんでしたけど…見ている内に慣れました。(^^;

あ、やっぱりキャロットはアニメオリジナルでしたか。騒がしいばっかりで何の為にいるんだろうと思ってたけど、中盤の山火事で友だちが行方不明で、必死にニルスに頼むところは健気でした。自分では行かないのかよ、とは思ったけど(笑)
TV版ならきっといつかまたオンエアありますよ。気長に待つつもりです。
2012/01/10 (Tue) 10:52  宵乃  

こんにちは

一枚にちゃんと
モルテン&ニルス(あとキャロット)が収まってるのが素敵です♪

動物虐待(モルテンの縄がそのなごり)を筆頭として
本当に悪童という言葉が似合うくらいに
序盤のニルスってひっどいガキですよね~(汗)。
あのラストの盛り上がりはテレビ版で長いこと見ていると
感動もひとしおでした(あれを挟んだ前後編という感じでした)。
劇場版は新規作画なのは
再編集+ちょっとみたいな手抜き作が多い中
すごいと思いますけれど、
おっしゃるようにレックスの扱いはあんまりでした。
最後に彼なりの幸せをつかむというのが良かったのに・・・。
自分が
一番気に入ってたのはゴルゴなんですけど(おい)。
2012/01/10 (Tue) 11:25  どらお  

>どらおさん

いらっしゃいませ!
やっぱりこの三人(?)組は外せませんよね。絵本で覚えてるのも、こういうシーンでした。
冒頭のニルスの憎たらしさには驚いてしまいましたが、あのモルテンの縄ってモルテン自身はあまり気にしてませんでしたよね(映画だけ?)。あれがなかったら、ニルスは掴まることもできず旅立つこともなかったのかなぁ。

> おっしゃるようにレックスの扱いはあんまりでした。
> 最後に彼なりの幸せをつかむというのが良かったのに・・・。

あれはいくらなんでも可哀そうでしたね。後でまた出てくるんだろうと思っていたら、それもなく「あれ、レックスは?」という感じでした。TV版はそういう部分も積み重ねての感動なんでしょうね~。
ゴルゴは劇場版ではちょこっとしか出てこなかったけど、燃え盛る炎をものともせず、木の上のニルスたちを救出するシーンは、スピード感もあってカッコよかったです!
2012/01/11 (Wed) 07:33  宵乃  

No title

うわーーーー!!!ニルスだーーーーー!!!
子供の頃に衛星アニメ劇場で観ていた大好きな作品です!
今でもちょっと主題歌を歌えます(笑)

いやぁ懐かしい^^ありがとうございます☆
2012/01/11 (Wed) 11:06  shimaneman  

>shimanemanさん

お~、主題歌を歌えるとは!本当に大好きなんですね。
そんなファンの方に喜んでもらえて嬉しいです♪
わたしもはやくTV版をぜんぶ観てみたいなぁ。

こちらこそ、コメントありがとうございました!
2012/01/11 (Wed) 11:25  宵乃  

はじめまして

ニルスが、初めは悪ガキ?だったけど冒険の中で心を入れ替えていく話ですよねー私も、BSで入っていた映画版を見て感動しました(^。^;)テレビ版もみたいなーと、思っちゃいました(^o^)ですが、映画版を見たんですが、残り37分ってところで、見れなかったんですが、続きが気になるので出来れば続き教えてほしいです(>.<)←ヲイ
2012/01/11 (Wed) 23:50  麻子  

>麻子さん

はじめまして、コメントありがとうございます!
麻子さんもBSのオンエアをご覧になったんですね。わたしもTV版は見た事がなくて、最初のニルスの悪がきぶりには驚かされました。彼のあの変わりようは感動的でしたね!
残り37分ですか~、録画を消してしまったからどの辺だったかわかりませんが、ニルスがはぐれたあたりから書けば大丈夫かな?

海の上を飛んでいる時、突然銃声がして驚いたモルテンからニルスとキャロットが落ちてしまいます。猟師の小船に落ちた彼らは、欲深い猟師に捕まり売られそうに。籠の穴を見つけて何とか逃げ出すと、そこはレックスも捕まっている動物園でした。
自分たちを探すアッカ隊長たちと、どうやって合流しようか相談していると、檻からアッカ隊長に育てられたというイヌワシのゴルゴが声をかけてきます。自分は目がいいから、アッカ隊長たちが近くに来ているならすぐ見つけられると言うゴルゴを助け出したニルスたち。でも、久し振りの外にはしゃぐゴルゴは、しばらく飛んでくるから待っていてくれと言い残し飛び去ってしまいます。
ゴルゴを追って森にやって来たニルスたちは、二手に分かれてゴルゴを探します。そんな中、キャロットは森で出会ったヤマネの子供と友だちになるのでした。しかし、山火事が起きてヤマネの子が行方不明に。キャロットに頼まれたニルスは、炎に包まれた森に入って行き、ヤマネの子を見つけると、高い木の上へ逃れます。森の異変に気付いて帰ってきたゴルゴは、木の上で助けを求めるニルスを救出。感謝するヤマネの家族に別れを告げ、彼らはアッカ隊長たちも向かうラプランドを目指します。
美しい風景を眺めながら旅を続け、ついにラプランドに到着した一行。そこにはモルテンたちの姿も。鳥たちは恋をし卵を産み、たくさんの雛が孵りました。
やがてラプランドの夏が終り、雁の群れは南へ帰ります。もともとここで暮す鳥であるゴルゴに別れを告げ、再び長い旅に出たニルスたち。そして、ニルスの家が近づいてきた時、アッカ隊長がニルスに告げた言葉は・・・。
「妖精は言いました。ニルスが元に戻るには、聖マルタン祭の晩餐のテーブルにモルテンが乗らなければいけないと。」
ショックを受けるニルス。旅を通して今や親友となったモルテンを、見殺しにすることなんてできません。ニルスは元の姿に戻ることを諦め、最後にひとめ両親を見ておこうと家に帰ります。
しかし、家にたくさんいた動物たちは売払われ、残った馬が言うには、ニルスがいなくなってから悪いことが続き、作物も育たず家畜が売られていったという。
そこに、何も知らないモルテンが家族を連れて家に帰ってきます。ニルスの両親はちょうどガチョウを欲しがっていた人がいると、モルテンを捕まえ家の中へ。それを見たニルスは、「モルテンを殺さないで!」と必死になってドアを叩きます。その声に気付いたお母さんが扉を開けると、なんとニルスの魔法が解けて元の姿に戻っていました。ニルスはモルテンを助け、両親はニルスが帰ってきて大喜び。
元に戻ったニルスは、アッカ隊長に別れを告げに約束の場所へ向かうのでした…。

多少間違ってるかもしれませんが、だいたいこんな感じです。TVシリーズの全あらすじが書かれたサイトを見つけたので、そちらも参考にしてくださいね。http://extr.b-ch.com/cgi-bin/contents/ttl/stry_list.cgi?ttl_c=2211&offset_su=0
2012/01/12 (Thu) 10:43  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧