忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ストリートファイター(1975)」観た

 | アクション  Comment(4) 
Tag:にゃんこ

ストリートファイター(1975)
製作:アメリカ’75
原題:HARD TIMES
監督:ウォルター・ヒル
ジャンル:ドラマ/アクション

【あらすじ】1930年代のニューオリンズで、男同士が殴り合う闇試合を見かけた流れ者チェイニー。腕に覚えのある彼は、マネージャーのスピードに自らを売り込み、多額のファイト・マネーを賭けた試合に臨む。だが、スピードはそのために借金をして…。

渋いですね!
冒頭からブロンソンがカッコよくて痺れました。たぶん無賃乗車だけど、カッコイイからOK。
ほとんど何にも語らないのが、ふらっと現れてふらっと去っていく流れ者の流儀なんですかね。ストーリーにはいまいち入り込めなかったものの、退屈はしませんでした。一発KO勝ちとか、金を払わなかった奴らを締め上げる彼がホントもう素敵で。ブロンソンの奥さんがヒロイン役で登場するんだけども、正直いなくてもよかったかな?…でも、彼女と出会ってからチェイニーが猫を拾っちゃう可愛い一面が見られるので、やっぱり登場してよかったか。
一方、コバーン演じるスピードは、たぶんギャンブル依存症なんだけど、あまり苦しんでいるのが伝わってこなくて、最後のトラブルも自業自得に見えるのが玉に瑕。恋人だか奥さんだかを出すなら、もっとそこを印象付けてほしかったです。
何故かやたらと牡蠣を食べているシーンが多かった気がします。ラストの戦いも、牡蠣の貝殻が積まれた倉庫だったし…。調べたらニューオリンズにはオイスターバーがたくさんあるんだとか。夏を強調?
原題の意味は普通に”厳しい時代”ってことかな。大恐慌でこういう人達がたくさんいたんでしょうね。某ゲームの実写映画と間違えそうなので、この邦題はやめてほしいです。

関連記事
「ブロークン・トレイル 遥かなる旅路」観ました
B00XP98EM4ストリートファイター [DVD]

■ Comment

こんにちは☆

>渋いですね!

イラスト、渋いです!
そっくりです☆
昨年の11月に見ました☆

>某ゲームの実写映画と間違えそうなので、この邦題はやめてほしいです。

これは・・・この映画の方が、かなり先だったので・・・
某ゲーム会社が考えなくてはならなかったような気が?

大まかには覚えているのですが、詳細はぼんやりしているので、
以下、自分の感想文に書いてある事です。

>冒頭からブロンソンがカッコよくて痺れました。

まぁブロンソンの映画でしたよね~どこからどう見ても。
カッコいいし、理由とかも何も説明なく、ひたすら強いし、
お金だって本当ならもっと上手に稼げるだろうし、

>ブロンソンの奥さんがヒロイン役で登場するんだけども、正直いなくてもよかったかな?・・・でも、彼女と出会ってからチェイニーが猫を拾っちゃう可愛い一面が見られるので、やっぱり登場してよかったか。

女性だってあの人にこだわらなくてもね~と思うんだけど、
そこが映画らしいところでありまして。

>一方、コバーン演じるスピードは、たぶんギャンブル依存症なんだけど・・・

コバーンが小判鮫のように、あの映画もこの映画も、ブロンソン様様で、
と言ったら怒られるかな?まぁ二人ともお約束の役柄で!
(多分、この頃、他の映画でもこの二人が共演しているのをたくさん見たのだと思います)

>恋人だか奥さんだかを出すなら、もっとそこを印象付けてほしかったです。

永遠の婚約者ネ・・・そういうのってどうかしらね?
まぁ楽しく見られました☆

>何故かやたらと牡蠣を食べているシーンが多かった気がします。

これは全然覚えていませんが、新鮮な牡蠣がたくさん取れるんでしょうね~?
また機会があったら再見しますね~。(保存まではしなかったのです)
2011/12/20 (Tue) 14:09  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
ゲームはまあ後なんですけどね(笑)
今となってはゲームの方が有名なので、映画の原題に戻したほうが目にする機会も増えるかと思って。

> お金だって本当ならもっと上手に稼げるだろうし、

そこら辺に何か理由があるのかもしれませんね。やむをえない事情で前科とかありそうです。
何も語らないから想像が膨らむ・・・!

> コバーンが小判鮫のように、あの映画もこの映画も、ブロンソン様様で、
> と言ったら怒られるかな?まぁ二人ともお約束の役柄で!
> (多分、この頃、他の映画でもこの二人が共演しているのをたくさん見たのだと思います)

共演の多い二人だったんですか。人気のコンビだったんでしょうね。

> 永遠の婚約者ネ・・・そういうのってどうかしらね?

女性陣はいなくても成り立つというか、適当な描かれ方だったのが残念です。
牡蠣を食べるシーンは本当に多くて、観終わったら牡蠣が食べたくなりますよ(笑)
2011/12/21 (Wed) 07:23  宵乃  

No title

宵乃さん、こんにちは。

>たぶん無賃乗車だけど、カッコイイからOK。
ブロンソンなら許してしまいますよね。笑

男の世界のお話というのは覚えていますが
女性が出てたこともほとんど覚えてないです^^;


>何故かやたらと牡蠣を食べているシーンが多かった気がします。
そうでしたか!?それも記憶にないです。
特売の牡蠣を買って、食べながら再見しようかしら・・・。
2011/12/26 (Mon) 22:11  マミイ〔編集〕  

>マミイさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
ブロンソンファンの為の作品でしたよね、もうブロンソンの渋い魅力がたっぷり詰め込まれてました。
その分、女性の描かれ方は適当でしたが(笑)

> 特売の牡蠣を買って、食べながら再見しようかしら・・・。

あはは、いいですね!
おいしそうに生牡蠣を食べていて、見ていて思わず牡蠣が食べたくなってしまいます。
2011/12/27 (Tue) 12:50  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
駆け引きなしの男の世界
ストリートファイター 原題:HARD TIMES 製作1975年 アメリカ 監督:ウォルター・ヒル 脚本:ブライアン・ギンドーフ、ブルース・ヘンステル、 ウォルター・ヒル 出演:チャールズ・ブロンソン、ジェームズ・コバーン、 ジル・アイアランド チャールズ・ブロンソン目…
子育て 時々 映画|2011-12-26 22:13