忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

第24回ブログDEロードショー「十二人の怒れる男」

原題:12 ANGRY MEN
製作:アメリカ’57
監督:シドニー・ルメット
開催:2011/12/2~12/4
十二人の怒れる男
この作品は、皆で選んだ第三回リクエスト企画作品です。「サラウンドに嵌った男のブログ」のtake51さんが選んで下さいました。理由は、映画は音と思ってましたが、初めて音以外で感動した映画でしたので!…とのことです。

*ちなみに今回の最終的な順位はこのようになりました*

1位26票、「十二人の怒れる男」
2位9票、「ショート・サーキット」
3位8票、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」
全得票数は65票で、その他の作品はぜんぶ5票以下でした。
企画内容については、サイドバーにある「ブログDEロードショー」欄の”企画概要+参加者名簿”のリンク先をご覧下さい。

→Read More

<みなさんの記事>

web-tonbori堂ブログ Law&juryman「十二人の怒れる男」
おもしろい本が読みたい!! 十二人の怒れる男
子育て 時々 映画 ドッキドキの緊迫感(過去記事に追記なさっています)
しずくの水瓶 ブログDEロードショーで「12人の怒れる男」を見れてハッピー
サラウンドに嵌った男のブログ 「十二人の怒れる男」を見ました!やっぱり渋いです。
そのスピードで 『十二人の怒れる男』
パパがんばって(^^)/ ブログdeロードショー「12人の怒れる男」
MOVIE-DIC 十二人の怒れる男(再)
八十路STUDIO 十二人の怒れる男
夜更けの自販機 ブログDEロードショー:十二人の怒れる男(1957)-12 ANGRY MEN-
陽面着陸計画 『十二人の怒れる男』
映画鑑賞の記録 2-1392 十二人の怒れる男
************

<告知記事>

サラウンドに嵌った男のブログ 「ブログDEロードショー」のお誘い
Make Shift (仮 第24回 ブログDEロードショー
映画鑑賞の記録 12月の「ブログDEロードショー」のお誘い
MOVIE-DIC
第24回ブログ DE ロードショー

<追記感想>

久し振りの再見でしたが、一気に引き込まれました。冒頭の、どこか面倒そうな判事や、世間話をしに来たかのような一部の陪審員たちの様子がいいですね。これから白熱の議論を展開していくとは思わせません。そんな中、8号だけがじっと窓の側で考えている。真剣に自分のすべきことをしようと、何度も何度も証言や証拠について検証しているのかと思うと、もうグッときてしまいました。
議論の過程が素晴らしいのはいわずもがな。何度観ても手に汗握ります。密室劇という限られた場面で、夏のうだるような暑さと、熱くなって汗をかく男たち、夕立や日没などの変化が効いてます。
ラストになって、おじいさんとサッと挨拶して別れるのも爽やかでした。
take51さん、再見の機会を下さってありがとうございます!

関連記事
「狼たちの午後」観ました
「評決」観ました

■ Comment

こんにちは。

集計お疲れさまでした。

ダントツの1位だったんですねぇ。さすがは名作です。
この作品は私も好きで、コレクションもしてますので予定の日程で鑑賞できそうです。
最近では久しぶりです。(^^;

でもって、今回もチケット画像にイラストを使わせていただきました。(_ _)
相変わらずイラストがうまい。ヘンリーフォンダの表情が素晴らしいです。ナイフが大きい。(^^)
2011/11/25 (Fri) 15:41  白くじら編集〕  

こんばんは!!

やった!『十二人の怒れる男:12 ANGRY MEN』に決まったんですね!!!

私、ロシアのリメイク版しか観ていなくて、
いつかオリジナルが観たいなと思い、
実はちゃっかりこの映画に投票しちゃいました♪♪
リメイク版を観てから丁度良い期間が空きましたし、
早速レンタルしてきます!!
2011/11/25 (Fri) 23:21  なるは  

12人の怒れる男

ぶっちぎりの1位でしたね

ぼくは、この作品だいすきです。
人に何か薦めるとしたらコレを進めることもあります。

ぼくは、あえて票を投じませんでしたが
みなさんに見て欲しい作品でもあるので
楽しみにしています。
2011/11/26 (Sat) 03:11  庄屋弁当  

>白くじらさん

いらっしゃいませ!
集計といっても、fc2投票の結果をコピペしただけなんですけどね(笑)

> この作品は私も好きで、コレクションもしてますので予定の日程で鑑賞できそうです。
> 最近では久しぶりです。(^^;

わたしも大好きな作品なので、この結果には納得です。
お互い久し振りの鑑賞ということで、来週末が楽しみですね♪
イラストの件もありがとうございます。自分のイラストがカッコイイチケットになってわたしも嬉しいです。
でも、参考にした画像がぼやけてて、ナイフは適当になってしまいました。ほくろも間違えだったし!(爆)
2011/11/26 (Sat) 09:40  宵乃  

おはようございます

「十二人の怒れる男」に決定したのですね!

残念ながら私が投票した映画ではありませんでした。
でも、名作「十二人の怒れる男」はずっと観ようと思いながら、見逃してしまっていたので良い機会となります。
こんなところが“ブログDEロードショー”ならではの効用ですよね。
宵乃さんのイラストも相変わらずお上手!
チケットになったらまた一段と素敵になることでしょう。
2011/11/26 (Sat) 10:49  bamboo〔編集〕  

>なるはさん

いらっしゃいませ、観たかった作品に決まってよかったですね♪
わたしはなるはさんのレビューを読んで、初めてリメイクがあることを知りました。
リクエストがきた時も、オリジナルかリメイクか迷ったり(笑)

> リメイク版を観てから丁度良い期間が空きましたし、
> 早速レンタルしてきます!!

今回も、皆で一緒にこの名作を楽しみましょうね~♪
2011/11/26 (Sat) 11:20  宵乃  

>庄屋弁当さん

いらっしゃいませ!
この作品は本当に素晴らしいですもんね。わたしも別の作品に投票したんですが、こちらも大好きなので嬉しいです。
今回も、みんなでわいわい盛り上がりましょうね♪
2011/11/26 (Sat) 11:22  宵乃  

>bambooさん

投票した作品に決まらなくて残念でしたね。

> でも、名作「十二人の怒れる男」はずっと観ようと思いながら、見逃してしまっていたので良い機会となります。
> こんなところが“ブログDEロードショー”ならではの効用ですよね。

こう言って頂けて嬉しいです。ぜひ皆と一緒に鑑賞して、コメントで盛り上がりましょう♪
イラストも見てくれてありがとうございました!
2011/11/26 (Sat) 11:27  宵乃  

No title

こんにちは!!
集計は宵乃さんがされてたんですね、ご苦労様です!!
そして相変わらずイラストが素晴らしい!!!(^.^)
実は決まったと聞いて、宵乃さんの書かれる
イラストがどうなるか楽しみだったんです!!

久しぶりの再見ですが、内容は何となくしか
覚えてないので丁度いいです(笑)

来週が待ち遠しいです♪
2011/11/26 (Sat) 15:28  take51  

こちらもお邪魔します☆

アスカパパさんが、ご参加して下さるそうです~♪
やったー!!!
2011/11/26 (Sat) 20:03  miri〔編集〕  

>take51さん

リクエストなさった作品に決まっておめでとうございます!
わたしのイラストを楽しみにしてくださっていたなんて感激です。手を抜かなくて良かった(笑)
久し振りの再見という事で、わたしと同じですね。お互い再見を楽しみましょう~♪
2011/11/27 (Sun) 10:09  宵乃  

>miriさん

> アスカパパさんが、ご参加して下さるそうです~♪
> やったー!!!

お~、それは嬉しいですね♪
あの名作をみんなで語り合いましょう~!
2011/11/27 (Sun) 10:42  宵乃  

見ました!

イラストの真ん中のモノ、ナイフだったのですね~!?
私ったら、マイクだと思い込んで見てい(何か発表するのか?と)

話が進んできて、あ、このシーンだ!と凝視、
そして自分の愚かさに愕然・・・なのでした(爆)

感想も書きまして、予約しました♪
2011/12/02 (Fri) 16:49  miri〔編集〕  

Re: 見ました!

> 私ったら、マイクだと思い込んで見てい(何か発表するのか?と)

あはは、確かにこの体勢だとなにか発表しだしそう!
参考にしたトレーラーが横長につぶれていて、無理矢理引き伸ばして描いたらナイフが大きくなりすぎたみたいで。

わたしはこれから観るところです。感想楽しみにしてますね~♪
2011/12/03 (Sat) 09:29  宵乃  

No title

ブログdeロードショーのチケット頂きました。
事後承諾でごめんなさい。

レビューも書きました。
とっても面白かったです!
今回は期間内に間に合って、自分的にもとても満足してます。
2011/12/04 (Sun) 17:40  かえるママ21  

こんばんは。

議論が白熱することすること。
確かに夏の暑い日、そして雨、討議の終わった裁判所の雨上がりの爽やかなこと。いい演出だったと思います。
また逆にあれほど白熱しつつも、裁判所の外では声かけているのがおじいちゃんだけだったりするんですよね。こういうところ、無作為の12人という意味合いが大きかったのかもしれませんねぇ。まぁ、このシーンでみんなが何か言うのは野暮ですけどね。(^^)

トラックバックさせていただきました。
2011/12/04 (Sun) 20:35  白くじら編集〕  

>かえるママ21さん

> ブログdeロードショーのチケット頂きました。
> 事後承諾でごめんなさい。

いえいえ、使っていただけて嬉しいです。白くじらさんのおかげで素敵なチケットになったので、たくさんの人に見てもらいたいくらいですよ~♪
「十二人の怒れる男」観たんですね。楽しまれたようでよかった!
後で読ませていただきます。
2011/12/05 (Mon) 10:23  宵乃  

No title

宵乃さん、こんにちは。

>久し振りの再見でしたが、一気に引き込まれました
同感です!
何度も観ている作品なのですが、何度見てもひきこまれてしまいます。

>真剣に自分のすべきことをしようと、何度も何度も証言や証拠について検証しているのかと思うと、もうグッときてしまいました。
隣のおじいさんが言っていたように周り全員と違う意見を一人だけ言うわけですから
とても勇気のいる事でしたよね。
プレッシャーに屈することなく、冷静に自分の意見を言う8号ってすごいなぁといつも思います。



次回からはおひとりでまとめ役をされるのですね。
皆さんへのお誘いなど、もしお手伝いできる事がありましたらいつでも言ってください!
2011/12/05 (Mon) 10:27  マミイ編集〕  

>白くじらさん

いらっしゃいませ、コメント&TBありがとうございます。
熱い作品でしたよね、寒い時期にピッタリでした(笑)

> また逆にあれほど白熱しつつも、裁判所の外では声かけているのがおじいちゃんだけだったりするんですよね。

そうそう、とても自然にさらっと挨拶して去っていくのが粋です。
そこだけを見た人は、彼らがあんなにも白熱した議論を交わしていたなんて想像もつかないでしょうね。無作為に集められた12人の心の中に、この日の事はずっと残るのかな~。
2011/12/05 (Mon) 10:39  宵乃  

>マミイさん

いらっしゃいませ!
やはりこの作品はエンターテイメントとしても優れてるし、何より考えさせられますよね~。

> プレッシャーに屈することなく、冷静に自分の意見を言う8号ってすごいなぁといつも思います。

ですよね~。彼のあの勇気があったからこそ、気の弱そうな・・・えーと何号だっけ?、メガネの小柄なおじさんも、自分から意見を言うようになって。自分が8号の立場だったら、彼のように”帰りたい人々”の刺す様な視線にも耐えて粘れるだろうか?と自問自答せずにはいられません。でも、人一人の人生がかかってるんだ!

> 次回からはおひとりでまとめ役をされるのですね。
> 皆さんへのお誘いなど、もしお手伝いできる事がありましたらいつでも言ってください!

ありがとうございます!
根っからの怠け者なので、とりあえず仕事の簡略化を企んでおります(笑)
もし、万が一、企画の時期を忘れるような事があったら、思いっきりツッコミお願いします!!
2011/12/05 (Mon) 11:37  宵乃  

No title

こんばんは!!!

面白い映画でした!!(^-^)
僕も2回目で「あれ?」と気がついたことも
ありましたし、また見たいと思える映画です。

>ラストになって、おじいさんとサッと挨拶して別れるのも爽やかでした。

 最初見た時はあまり印象に無かったのですが、今回は
 爽やかな気持ちになれました!それだけ話に引き込まれていたのでしょうか?(^^)
 
シンプルな設定だけに、考えに考えつくされてできた
映画なんだな~と思います。最近の派手な映像や音だけで内容の
無い映画を見るとガッカリします。こういう映画がどんどん出来れば、、
と思います。内容がありつつ、素晴らしい音が入ってると最高です(笑)

今後、ブログDEロードショーは宵乃さんがまとめ役をされると
お伺いしました。これからも出来るだけ参加させて頂きたいと思いますので、
どうぞ宜しくお願いします!!(^^)

2011/12/05 (Mon) 21:01  take51  

>take51さん

いらっしゃいませ。
お互い再見によって新たに発見する事もあり、いい機会になりましたね。
リクエストしてくださってありがとうございました!

>  最初見た時はあまり印象に無かったのですが、今回は
>  爽やかな気持ちになれました!それだけ話に引き込まれていたのでしょうか?(^^)

ですね~。自分も陪審員になったつもりで、あの暑い部屋で議論した気分になっていたので、ラストの解放感がたまらないです。陪審員からふつうのひとに戻った瞬間でした。

> シンプルな設定だけに、考えに考えつくされてできた
> 映画なんだな~と思います。最近の派手な映像や音だけで内容の
> 無い映画を見るとガッカリします。

わたしは昔の映画に慣れているせいか、最近の派手な映像や音の映画を観ると、入ってくる情報量が多すぎて脳が疲れてしまいます。無駄をそぎ落としていって完成されたタイプの作品は、やはり人々の記憶に残っていくと思います。

> 内容がありつつ、素晴らしい音が入ってると最高です(笑)

サイレントの時代でも奏者や弁士がいましたし、映画と音は切り離せませんよね!

> 今後、ブログDEロードショーは宵乃さんがまとめ役をされると
> お伺いしました。これからも出来るだけ参加させて頂きたいと思いますので、
> どうぞ宜しくお願いします!!(^^)

ありがとうございます!
これからも、皆さんと一緒に映画を楽しめるよう頑張ります!
2011/12/06 (Tue) 10:34  宵乃  

遅くなりましたが・・・

先ほどTBしました。こちらからは送れるだけでも良かったです。
2011/12/07 (Wed) 22:16  bamboo〔編集〕  

>bambooさん

ご丁寧にありがとうございます。
ブログ同士の相性とかは、改善していって欲しいところですよね。
後で読ませていただきます!
2011/12/08 (Thu) 07:23  宵乃  

こんばんは

途中でだれることなく
一気に観ることが出来て
とても、気持ちが良いですね。

最近、2時間以上の作品
観る体力が無くなってきたかもしれません(笑)。

あの最初の状況から
本当に、普通の人たちが
(陪審員8号が普通かどうかはひとまず置いておいて・・・)
結末にたどり着く樣は
何度観ても気持ちの良いものです。

無名の、普通の人たちの中にでも
真実を求める心や知恵があるんだと
事件の悲惨さも含めて
人の心の不思議さや素晴らしさを感じる
名作の一つだと思います。
2011/12/09 (Fri) 21:00  きみやす  

>きみやすさん

いらっしゃいませ!
わたしも2時間以上の作品はぐったりしてしまいます。目も疲れるし。
やっぱり映画は面白くて短い方がいいですよね。

> (陪審員8号が普通かどうかはひとまず置いておいて・・・)

あはは、ここでニヤッとしてしまいました。
彼はほんとに映画のヒーローって感じかな。

> 無名の、普通の人たちの中にでも
> 真実を求める心や知恵があるんだと
> 人の心の不思議さや素晴らしさを感じる
> 名作の一つだと思います。

それがだんだんと目覚めていく様子も興味深かったですよね。冒頭ののんびりした彼からは想像つかなくて。
密室劇だからこその濃密さで人間を描いてましたね。
2011/12/10 (Sat) 05:55  宵乃  

こんにちは♪

“ブログDEロードショー”には参加していないのですけど、
傑作の評価が高い作品でしたので、みてみました
(ロシア版もみましたが、面白かったので)

確かに傑作でした!
90分弱でまとめあげる脚本が凄い。
脇の汗染みが、リアルに暑さと熱さを訴えてきますね
実際には8号のように裁判の間ずっと考えて、
ナイフも買ってみたりなんてするような人はいなそうですけれど、
日本も陪審制になったし、見習うべき所はあると思うんですよね
1人の命の重みを考え、意見し、次第に彼らの判断が覆っていくところは
感動さえおぼえてしまいました
濃密な90分でした
2011/12/20 (Tue) 09:13  maki編集〕  

>makiさん

> “ブログDEロードショー”には参加していないのですけど、
> 傑作の評価が高い作品でしたので、みてみました

お、そうでしたか!
企画は参加するのもよし、観る作品の参考にするのもよし、ですので、そう言って下さるだけで嬉しいです。
ロシア版はまだ未見なのですが、面白そうですね。そのうち観たいと思います。

この作品は本当に誰が観ても楽しめそうですよね!
余計なものがひとつもない、考えに考え抜かれてつくられた作品という感じでした。

> 1人の命の重みを考え、意見し、次第に彼らの判断が覆っていくところは
> 感動さえおぼえてしまいました

自分の役目を全うして、清々しい気持ちで去っていくラストも素晴らしいですよね。
裁判に一般人が関わるというのは難しい事ですけど、誰かの人生がかかってるという事をしっかり心に刻んで、真剣に話し合うということが大事だと伝わってきました。
ただ、「ニュー・オリンズ・トライアル」なんかを観ると、たった一人の陪審員が自分の都合の良いように評議を操作できるかもしれない・・・と少し怖くなってしまいます。色々と問題のある制度ではありますよね・・・。
2011/12/20 (Tue) 10:51  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
十二人の怒れる男
オリジナル、ヘンリー・フォンダ版です。ロシア製作の映画版も面白かったですが、こちらを見たことがなかったので見ることにしました。 見ているこちらもむせ返るような暑さが感じられる作品でした。陪審員制度のディスカッションのなか、その暑さが議論の熱さにもなって...
いやいやえん|2011-12-20 09:02
ブログDEロードショーで「12人の怒れる男」を見れてハッピー
  ひぇ~っまいった、まいった!さすがに映画史上語り継がれる名画でした。制作は1957年ー、今から60年足らず前に、現代にも通用する素晴らしい映画が創られていただなんて驚きます。さすがにシドニー・ルメットです。チョイスする時にモノクロについていけ...
しずくの水瓶|2011-12-07 16:35
「十二人の怒れる男」を見ました!やっぱり渋いです。
「ブログDEロードショー」のリクエスト企画で、 選択をさせて頂いた映画が12月の映画になりまして・・ 映画は「音」と思ってましたが、初めて内容に感動した作品。 正直、古い映画というだけで「チョット」馬鹿にしてたの...
サラウンドに嵌った男のブログ|2011-12-05 20:53
ドッキドキの緊迫感
十二人の怒れる男 原題:12 ANGRY MEN 製作1957年 アメリカ 監督:シドニー・ルメット 脚本:レジナルド・ローズ 出演:ヘンリー・フォンダ、リー・J・コッブ このお話、すごく好きなのです。 密室で12人の男たちが話し合うだけで アクションなんてまるでないの…
子育て 時々 映画|2011-12-05 10:27
十二人の怒れる男 (再)
この結論によって私たちは損も得もしないんですよ! 1957年(12 Angry Men)製作国:アメリカ監督:シドニー・ルメット原案:レジナルド・ローズ製作:レジナルド・ローズ、ヘンリー・フォンダ製作総指揮:脚本:レジナルド・ローズ撮影:ボリス・カウフマン音楽:ケニヨン・…
MOVIE-DIC|2011-12-04 20:27