忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「メアリー&マックス」観ました

 | アニメ/人形アニメ  Comment(0) 
Tag:オーストラリア

メアリー&マックス
製作:オーストラリア’08
原題:MARY AND MAX
監督:アダム・エリオット
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】メルボルンに住む8歳の少女メアリーは、電話帳から変わった名前を選んで手紙を出した。コミュニケーションが苦手で孤独な日々を送っていたNYの肥満男マックス・ホロウィッツは、それにタイプライターで丁寧な返信を綴り…。

人形のストップモーションアニメです。
手作り感あふれるキャラクターや街並み、最初は少女と中年男の微笑ましい手紙のやりとりから始まる事などから、ほのぼのストーリーを思い描いていたんですが、案外重くて深いドラマで驚かされました。重いというか、けっこうな鬱展開です。
デフォルメされたキャラクターから、変なところも個性なのかと思いきや、実はアスペルガー症候群というリアルな理由があったり。かと思えば、車椅子のおじいちゃんが家を出ようとすると、何かしらトラブルが発生して出られないというコメディ要素もあって、予測が付かないところが怖い。
でも、大きな障害を乗り越えて、ふたりが数十年にわたり心を通わせていくのには心あたたまりました。幼い頃のメアリーの手紙の文章から伝わってくる純粋さと健気さと孤独感。それに共感し、精一杯自分なりの返事を出すマックス。何もかもが灰色の街ニューヨークと、セピア色が優しいメルボルンの町を、ふたりの手紙と想いとチョコレートが往復します。
彼らの友情は、鬱展開をも乗り越える、感動を与えてくれました。
印象に残ったのは、泣けないマックスのためにある贈りものを用意するエピソードと、精神的に参ったメアリーが、フラフラとサイドテーブルの上に立つシーン。世にも哀しい「ケ・セラ・セラ」が響き、彼女が指揮者のように腕を振ると、壁にかけられた幸せな頃の写真が踊りだします。
最後までほろ苦いドラマに魅せられました。

B005CMGL4Uメアリー&マックス [Blu-ray]

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧