忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ヒトラーの贋札」観ました

 | 戦争  Comment(0) 
Tag:ドイツ オーストリア

ヒトラーの贋札
(201/4/2に単独記事に直しました。この作品へのコメント等は過去記事に残ってます)
原題:DIE FALSCHER
製作:ドイツ・オーストリア’07
監督:ステファン・ルツォヴィツキー
原作:アドルフ・ブルガー
ジャンル:★戦争ドラマ/サスペンス

【あらすじ】第二次世界大戦の最中、ナチスは精巧な贋ポンド札の製造する”ベルンハルト作戦”を計画。ザクセンハウゼン強制収容所に、世界的贋作師サリーらユダヤ系技術者が集められる。彼らはユダヤ人でありながら破格の待遇を受けるが…。

実際はブルガーのようにあからさまに反抗したら即銃殺ですが、大筋は史実どおり。ゼラチンを質の悪いものにこっそり変えたのは別の人らしいです(笑)
主人公が原作者ブルガーではなく、サリーというのが興味深いですね。元犯罪者のサリーがコーリャとの交流を通して人間らしさを取り戻し、葛藤する姿がよく描かれてました。
ただ、ハンディカメラの映像はなんかわざとらしかったかな。
贋札を捨てて、ただ生きる喜びを分かち合うみたいに女性と踊るラストが印象的です。

B001AIRW7U ヒトラーの贋札 [DVD]

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
映画「ヒトラーの贋札」感想
ナチス・ドイツの贋札計画というとアラスカ最前線でしょ、と思ったあなたは同類ですね。 映画「ヒトラーの贋札」作品情報 主演のカール・マルコヴィクスの横顔と声がジェイソン・ステイサムに良く似ていたのは拾い物でした。 プロポーションは比べるべくもなくて、ぱっと見は全然似てないんですけど。 カール・マルコヴィクスは顔や体のパランスが良くない人ですが、むしろそういう見目の方がリアリティ...
鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ|2016-06-12 22:55