忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「プリンス&プリンセス」観ました

プリンス&プリンセス
製作:フランス’99
原題:PRINCES ET PRINCESSES
監督:ミッシェル・オスロ
ジャンル:★ファンタジー/ドラマ/ファミリー

【作品詳細】TVシリーズとして製作した短編アニメ「もしもの映画」から、王子と王女をめぐる物語を厳選したオムニバス。「プリンセスとダイアモンド」「少年といちじく」「魔女」「泥棒と老婆」「冷酷なプリンセス」「プリンス&プリンセス」の全6話。

影絵みたいなお伽話の詰め合わせです。
謎の博士が作った機械で衣装や舞台を作り出し、少年と少女が、思いつくままにプリンスとプリンセスの物語を演じているのかな。細かい設定はよくわからないけど、妙に淡々として、ロマンチックだったりシュールだったりと、変な魅力がありました。
「プリンセスとダイアモンド」は、呪いに囚われたお姫様を救うお話。111個のダイヤモンドを砂時計が落ちる(数分)までに拾って、首飾りを完成させるという無茶な試練に、心優しい青年が死をも覚悟して挑戦します。正統派メルヘンの世界。
「少年といちじく」は、季節はずれのいちじくの実を女王に献上する青年の出世物語。いちじくを味わう女王の「んぅ~ん!」というセクシーな声が笑えます。食べてばっかの女王に尽くす青年に、恋愛感情はあったんだろうか?
「魔女」は、以前観た「キリクと魔女」の原型かな。同じ監督さんだったんですね。城の中の描写がひときわ美しかったです。
「泥棒と老婆」は、日本を舞台にしたお話。少女が老婆役をやりたがって始まったんだけど、老婆というより妖怪の一種だったような。内容は”泥棒はいけないよ”っていう教訓話で、当然の事ながら王子と王女がでてきません。
「冷酷なプリンセス」は、未来のお話。求婚してくるプリンスたちと、日没まで王女から隠れきれば結婚、見つかったら死刑という冷酷なゲームをしていたプリンセスに、ウタドリ使いの青年が挑むお話。未来設定以外はロマンティックなメルヘンの世界。プリンセスの心情も描かれていて、一番見ごたえあったかな。
最後はタイトルにもなってる「プリンス&プリンセス」。最後にこれをもってくるとは(笑)
メルヘンの世界の化けの皮を剥ぐような、シュールなお話。王子が王女にキスをすると…。オチがピリリと効いてます。

関連記事
「夜のとばりの物語」観ました
「アズールとアスマール」観た

■ Comment

こんにちは

何年か前に映画館で観ました。
伝統的な影絵アニメのようでいながら、
現代の少年少女が二人で演じているという設定が
ユニークだなと当時思いました。
ちなみに一番気に入ったのは魔女でした。
その頃ちょっと影絵がマイブームになって(笑)
元祖の『アクメッド王子の冒険』(1926作品)も観ましたけど
双方とも古くて新しい感じがして楽しいジャンルでした。
イラストも凄く雰囲気が出ていて素晴らしいです。
それにしても
テレビで放送していたとは・・・と
調べてみたら放送開始後一年無料のFOXチャンネルで見つけました。
映画をするとは思わずこれまでノーチェックでした。
また放送してくれるようで楽しみであります。
ありがとうございます♪
2011/11/01 (Tue) 14:12  どらお  

>どらおさん

いらっしゃいませ!
映画館でご覧になったんですか。海外などのお祭りでは影絵を大きなスクリーンでやったりもしますが、日本では珍しい気もします。それを映画館でなんて、新鮮な感じがしますね~。

> 伝統的な影絵アニメのようでいながら、
> 現代の少年少女が二人で演じているという設定が
> ユニークだなと当時思いました。

洋服のデザインを選んで、ハイテク機械で変身なんて面白いですよね。
何となく、星新一のショートショートを思い出しました。

> ちなみに一番気に入ったのは魔女でした。

お城の中が綺麗でした。じっと観察して、盲点な方法で城に入る少年と、そんな彼をもてなす魔女がいいですね。短い時間で恋に落ちても納得でした。

> テレビで放送していたとは・・・と
> 調べてみたら放送開始後一年無料のFOXチャンネルで見つけました。

まだ映画本数が少ないみたいですけど、観たかった作品にも出会えてラッキーでした。一年間楽しめそうです♪

ところで、この間教えていただいた「スナッチャー」、念のため調べてみたらウチにありました(笑)
あんまりゲームをする時間がとれなくて、まだ最初のイベントを終えたところまでしかやってませんが、いつかクリアできたら記事にしま~す!
シューティングの難易度が上がっていくとしたら、何年かかるかわからないけど!
2011/11/01 (Tue) 15:09  宵乃  

美しいイラストです☆

この作品も「ミトン」と一緒に借りて見ました☆
宵乃さんの書かれている通りの作品だったと思います。

お話しを作るところから丁寧に説明があり、衣装等の機械(?)が すごいと思いました。
また別の作品も機会があればいつか借りて見たいと思います。

どちらかというとカチャーノフ監督の方が好きです♪
「ミトンなど」と「チェブラーシカ」と、全部入れたBDが発売にならないでしょうか?
・・・別売りの方が発売元からすれば、そりゃあ良いのでしょうね~(笑)
2013/04/19 (Fri) 18:55  miri〔編集〕  

>miriさん

こちらもありがとうございます!
この監督さんの作品はどちらかというと世界観で優れた作品かな~。
御伽噺の内容より、それを演じて楽しむ側を描いているというのが楽しいです。映画ではないものの、舞台裏モノの側面があって心くすぐられますよね♪
「夜のとばりの物語」も同じ設定で、御伽噺の詰め合わせになってますので、いつかお暇な時にでも。

> どちらかというとカチャーノフ監督の方が好きです♪

わたしもです!!
どちらの監督も芸術面では甲乙つけがたいけども、カチャーノフ監督は琴線に触れるような人情味あふれる作風で、心に残りますよね~。

> 「ミトンなど」と「チェブラーシカ」と、全部入れたBDが発売にならないでしょうか?
> ・・・別売りの方が発売元からすれば、そりゃあ良いのでしょうね~(笑)

カチャーノフ監督の全作品BDボックスとか出たら、絶対買うのに!
2013/04/20 (Sat) 09:54  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧