忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ブロークン・イングリッシュ」観た

 | ロマンス  Comment(0) 
Tag:日本 フランス

ブロークン・イングリッシュ
製作:アメリカ/フランス/日本’07
原題:BROKEN ENGLISH
監督:ゾーイ・カサヴェテス
ジャンル:★ドラマ/ロマンス

【あらすじ】NYのホテルで働く30代の独身女性、ノラは、男運が悪く、いつしか恋に臆病になっていた。そんなある日、情熱的なフランス人、ジュリアンが現れ、彼女に熱烈アプローチしてくる。戸惑いつつも、次第に彼に惹かれていくノラだったが…。

恋に臆病になって踏み出せないノラの不器用さが、ほんと見ていてやるせなくって…。いつの間にやら、どっぷり感情移入して観てました。
男運が悪いと嘆いている前半は普通の恋愛モノ?と思って観ていたんですが、彼女に熱烈アタックしてくるフランス人が現れてからは、恋に臆病になる女性が繊細に描かれます。
ちょっとした事で不安になって、このまま恋愛してもいいのか、また傷つくのは自分なんじゃないかと悩んだり、嫌われるようなことをしてしまったと取り乱したり。それでも、こんな自分に「一緒にパリへ来ないか」と誘うジュリアンに、心動かされないはずはないけれど、不安の方が大きくて一歩踏み出せない…。
普通の恋愛モノ目当てで観た人なら、何やってるんだ!とイライラしまくりの作品かもしれません。
でも、思い切ってパリに来てから、躓きつつも自分からジュリアンを探すノラの姿は、いじらしくて応援せずにはいられませんでした。終盤は上手くいきすぎかもしれないけど、さんざんリアルな女性の揺れ動く心をみてきたので、最後はお伽話な展開でも良かったと思います。
母親に「彼女は上手くやってるのに」と引き合いに出されていた親友が、結婚していてもノラのように悩みを抱えているのもよかった。いつも相談に乗ってくれて、ノラと同じ様にパリで”自分の中に愛と幸せ”を見つけるところもナイスです。
タイトルの意味は公式サイトに長々と説明されていて、かいつまんで言うと「言葉によるコミュニケーションは難しいけど、諦めず、そのやりとりの中に意味を見出そうとすることが大切だから」ということらしいです。

B0026HZF00ブロークン・イングリッシュ [DVD]

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧