忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「バラ色の選択」観ました

 | ラブコメ/ロマコメ  Comment(0) 

バラ色の選択
製作:アメリカ’93
原題:FOR LOVE OR MONEY
監督:バリー・ソネンフェルド
ジャンル:★コメディ/ロマンス

主人公はいつか自分のホテルを持ちたいと夢見る接客係。”チップ”と”コネ”のため、困っているお客様を見事な手際で助けていきます。
つまりは「情けはひとのためならず」を全力で実行しているという、ちょっと偽善者っぽい人なのですが(実際ヒロインはそう思ってたようです)、”誰のための親切か”よりも”助けて欲しい時に手を差し伸べられたか”の方が重要だと思うので、毎日のように他人を助けている彼はかなりのヒーローです。
そんな彼が、夢を実現出来る金持ちをゲットしようという時に、その金持ちの愛人が前から好きだった女性だと分かるわけです。
…はい、まんま「アパートの鍵~」ですね。しかも、愛か金かの選択を迫られる時には、既にヒロインと想いが通じ合ってるんですよ。
ロマンスものなんだから、そこで”金”をとる筈がないと。
その上、最後は棚ぼたで…。
とまあ、終わり方はかなりご都合主義な感じですが、それでも許せてしまうぐらいに彼は頑張ってました。なんたって「一日一善」を優に超えるほど人助けしているわけですから、これぐらい報われたって良いですよね。
全体的にテンポが良く、なかなか楽しいラブコメディでした。

関連記事
「アダムス・ファミリー」観ました
B006QJSO5Mバラ色の選択 [DVD]

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧