忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「グラン・ブルー 完全版/デジタル・リストア・バージョン」観た

グラン・ブルー 完全版
エンゾを描きたかったけど、夏なのでやっぱりブルー!
製作:フランス/イタリア’88
原題:LE GRAND BLEU: VERSION LONGUE
監督:リュック・ベッソン
ジャンル:ドラマ/ロマンス

【あらすじ】イタリア人の潜水チャンピオン、エンゾは、子供の頃に彼が唯一認めていたジャック・マイヨールを、シチリア島タオルミナで開催される競技会に招待する。自動車事故の調査でジャックに出会った保険調査員ジョアンナも追ってきて…。

久しぶりにこの作品を堪能しようとドキドキしながら観始めたものの…なんか記憶と違う!
そうか、わたしが高校生くらいの時に観たのは、ディレクターズ・カット版の「グラン・ブルー オリジナル版」だったのんですね…。記憶からすっぽり抜け落ちていたジョアンナが、今回は可哀そうで仕方がなかったということは、彼女のシーンが増えたんでしょうか?
まあ、細かい違いはわからなかったけれど、彼女へ感情移入すればするほどラストが哀しいので、わたし的にはエンゾが記憶に焼きついたオリジナル版のほうが好きです。完全版はやたら長いし。
でも、たぶん増えているはずのダイビングシーンは変わらず素敵でした。わたしもイルカさんと友達になりたい!!とマジで夢見てしまった(笑)
「海底の静けさの中でじっと沈黙して、人魚のために死んでもいいと決意すると、人魚たちがその愛を確かめに近づいてくる。その愛が真実で、純粋で人魚の意にかなえば、ぼくを永遠に連れていく…」というセリフがラストの行動に繋がるなら、”イルカ=人魚=海に命を捧げた者”ってことなんでしょうか。そうすると、あのイルカは父親でありエンゾでもあるのかな。
ダイビングをしていると、こんな風に海に誘われてしまうのかと思うと、ちょっと怖いです。天井から水面が迫るシーンはグッときたけど。
コインを潜って拾う子供時代のふたりや、小さな車から堂々と出てくるエンゾ、エンゾママの前でパスタをモリモリ食べるジョアンナ、イルカと戯れるジャックなど、楽しい雰囲気の前半が印象に残りました。

関連記事
「サブウェイ」観た
B003U9MRKYグラン・ブルー 完全版&オリジナル版 -デジタル・レストア・バージョン- Blu-ray BOX 【初回限定生産】

■ Comment

こんばんは☆

>エンゾを描きたかったけど、夏なのでやっぱりブルー!

イイですよ~! このブルー♪
海も光もイルカも、本当に素晴らしいです。

この作品、一昨年、映画を見る事を再開してから、
初めて2回に分けて見た映画で、ものすごく印象に残っています。
とにかく、長かったですね~。このヴァージョンを見たのです。

>ダイビングをしていると、こんな風に海に誘われてしまうのかと思うと、ちょっと怖いです。

そんなふうに、誘われてみたいようなきもしますね~!
(ダイビングはもちろん、できません(爆))

>天井から水面が迫るシーンはグッときたけど。
>コインを潜って拾う子供時代のふたりや、
>エンゾママの前でパスタをモリモリ食べるジョアンナ、
>イルカと戯れるジャックなど、

これら全部、よく覚えています。
・・・でも日本人が悪く描かれていたので、その点は悲しかったです。

ジャック役の人の事実の出来事も、頭から離れません。
美しい海と、いろんな想いを残してくれた素敵な映画でした。
2011/07/31 (Sun) 18:59  miri〔編集〕  

☆エンゾ母子☆

のキャラが、何となく『天空の城ラピュタ』とか『紅の豚』の頃のスタジオジブリっぽい感じが入ってて、
その辺が好きでした(=^_^=)

かつてはベッソンも、宮崎駿も、イキイキしてたんですよねぇ(・ω・) ←今はアカンのかよ!
2011/08/01 (Mon) 07:00  TiM3〔編集〕  

>miriさん

> イイですよ~! このブルー♪
> 海も光もイルカも、本当に素晴らしいです。

ありがとうございます!
グラン・ブルーってだけあって、描きごたえのあるブルーでした。
内容のほうも長くて見ごたえがありましたね~。

> そんなふうに、誘われてみたいようなきもしますね~!
> (ダイビングはもちろん、できません(爆))

あはは、わたしもダイビングはやったことないけれど、この映画を観てると無性に海に行きたくなります。マンタとかイルカとかと一緒に泳いでみたいなぁ。

> ・・・でも日本人が悪く描かれていたので、その点は悲しかったです。

西部劇で描かれるインディアンみたいに、日本人もいろいろなところでネタにされてたんですよね。日本初公開版ではカットされたらしいです。

> ジャック役の人の事実の出来事も、頭から離れません。
> 美しい海と、いろんな想いを残してくれた素敵な映画でした。

そうですね、一体何があったのか・・・。
いつかオリジナル版をオンエアすることがあったらまた観てみたいです。
2011/08/01 (Mon) 10:03  宵乃  

>てぃむさん

> エンゾ母子のキャラが、何となく『天空の城ラピュタ』とか『紅の豚』の頃のスタジオジブリっぽい感じが入ってて、その辺が好きでした(=^_^=)

あ~、そうか!そうですね、わたしもそういうところが好きなのかもしれません。
ベッソン監督は宮崎駿のファンなのかな。あ、でも日本人をあんな風に描いているから違うか・・・。

> かつてはベッソンも、宮崎駿も、イキイキしてたんですよねぇ(・ω・) ←今はアカンのかよ!

あはは、作風が変わったのは確かですね(笑)
2011/08/01 (Mon) 10:27  宵乃  

この透明感・・・

さすがです^^!
夏に観ておきたい海映画ですね~。
ドラマ、冒険、スリルと映画でもなんでも揃う海!
あー海に行きたい><
2011/08/03 (Wed) 09:54  shimaneman  

>shimanemanさん

こんにちは!
やはり夏はすずしげなブルーがいいですよね。

> ドラマ、冒険、スリルと映画でもなんでも揃う海!
> あー海に行きたい><

泳ぐのが苦手なわたしも、思わず海に思いを馳せてしまいました。
海への愛が込められた作品です!
2011/08/04 (Thu) 10:04  宵乃  

No title

イラストのブルー、本当にステキです!!

>コインを潜って拾う子供時代のふたりや、小さな車から堂々と出てくるエンゾ、
>エンゾママの前でパスタをモリモリ食べるジョアンナ、
>イルカと戯れるジャックなど、楽しい雰囲気の前半が印象に残りました。
私も前半シーンは好きです。
後半は人魚姫の逆バージョンのように思いました。
ジョアンナ視点で観ると悲しいですよね。


本物のジャック・マイヨールさんは晩年、74歳で自殺してしまって
机の上にはグラン・ブルーのビデオが置いてあったそうです。
どんな想いでこの映画を観たのかなぁ・・・と思いました。

ジャックさん自身は親日家らしいですね。
ダイビング大会の日本人のところは事故が多発してすごく怖かったので
箸休め的な存在で私は楽しく観れました。
2013/02/06 (Wed) 10:44  マミイ編集〕  

>マミイさん

> イラストのブルー、本当にステキです!!

ありがとうございます。イルカといえばラッセンなので対抗してみました嘘ですごめんなさい(笑)
この映画の美しいブルーを見ていると、ほとんど泳げないのに潜ってみたくなります。海の魔力を封じ込めてある作品なのかも!

> 私も前半シーンは好きです。
> 後半は人魚姫の逆バージョンのように思いました。
> ジョアンナ視点で観ると悲しいですよね。

本当に悲しくなってしまいます。居なくなってしまうことより、自分では引き止められなかったというのが辛い…。人魚姫の逆バージョンですか~、確かにイメージぴったりです!

> どんな想いでこの映画を観たのかなぁ・・・と思いました。

最期にこの作品をですか…。生前の彼を知るひとになら伝わるメッセージだったのかもしれませんね。海への郷愁のようなものだったのかな。

> ダイビング大会の日本人のところは事故が多発してすごく怖かったので
> 箸休め的な存在で私は楽しく観れました。

わたしはやや苦笑ぎみで観てしまったけど、それまでの張り詰めた空気は和らいでました。リュック・ベッソンもきっと、悪意はなかったですよね。
2013/02/06 (Wed) 14:35  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
グラン・ブルー/完全版
(1988/リュック・ベッソン監督・共同脚本/ジャン=マルク・バール=ジャック・マイヨール、ジャン・レノ=エンゾ・モリナーリ、ロザンナ・アークエット=ジョアンナ・ベイカ...
テアトル十瑠|2013-08-03 20:09
イルカになった青年
グラン・ブルー 完全版 原題:LE GRAND BLEU: VERSION LONGUE 製作1988年 フランス・イタリア 監督:リュック・ベッソン 脚本:リュック・ベッソン、ロバート・ガーランド 出演:ロザンナ・...
子育て 時々 映画|2013-02-06 10:45