忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「アナコンダ」観た

 | ホラー/パニック  Comment(2) 

アナコンダ
製作:アメリカ’97
原題:ANACONDA
監督:ルイス・ロッサ
ジャンル:★ホラー/パニック/アドベンチャー

【あらすじ】伝説の部族を求めてアマゾンの奥地に入った映画監督テリーの撮影隊。途中、蛇狩りの男サローンを拾い、ジャングルに詳しい彼はガイドを買って出る。だが、彼の目的は、体長14mもの人喰いアナコンダの巣に行く事だった…。

TVでやってて、そういえばこれはまだ書いてなかったなぁ、ということで再見しました。
結構好きなモンスターパニックもので、外れが多いこのジャンルの中、かなりイイ線いってると思います。CGがちゃちだし、アナコンダ自体の出番も少なかったりしますが、密猟者サローンがいい具合にイカレてるんですよね。
最初から不穏な空気を纏った男で、いちおう猫を被っているものの、ねっとりした視線や含みのある言葉、垣間見える我の強さなんかがあって、アナコンダのいない序盤から緊張感を生んでいました。
本性を現してからもまた凄くて、本来ならアナコンダの一匹や二匹、銃があればどうにかなるレベルだったのに、生け捕りしたい彼はことごとく邪魔をします。その度に犠牲者は増えるし、燃料はなくなるし、「生き残るにはオレに頼るしかないぜ?」と態度がでかくなっていくしで、どんどん主人公たちを追い込んでいくのが見事。(彼にカニバサミで殺された女の人がカワイソ~!)
もちろん主人公たちも黙ってやられているばかりではなく、一度は結託して彼をふんじばりました。ピンチを乗り越えて友情が芽生えた、美人監督と黒人カメラマン、そして口の悪いリポーターの3人組が大好き!
でも、最後まで生残れるのはその内のふたり…。途中で退場してしまったキャラが一番好きだっただけに、非常に残念です。
終盤はサローンが人間離れした復活を遂げて、やっぱりB級だなぁと思わずにはいられないんだけども、それでも最後までテンポよく観られました。モンスターパニックものが好きなら一度は観といていいかも!
…読み返したら、サローンがモンスターみたいな感想になってるよ(笑)

関連記事
「山猫は眠らない1、2、3」観た
「アナコンダ2」観た
B01MEGZ5LW アナコンダ Blu-ray

■ Comment

こんにちは。

こんにちは。
この作品はアンコンダシリーズの中では一番好きです。(^^)

私は当時観たのでCGにそう違和感はなく、あの造詣と速度に目を奪われてしまいました。
CGの技術はどんどん進歩していますから、今見ると…かもしれませんけどね。

サローンさんは本当にいい味をだしていましたねぇ。
どろどろのウィンクのおかげで評価が下がりましたけど、それ以外の異常っぷりは拍手喝采です。

トラックバックさせていただきました。
2011/06/26 (Sun) 19:13  白くじら編集〕  

>白くじらさん

いらっしゃいませ、コメント&TBありがとうございます!
このシリーズでは1と2しか観てないんですよね。今回、参考画像を探していて3とか4も出ていると知って驚きました。わたしも今のところ1がお気に入りです。

> 私は当時観たのでCGにそう違和感はなく、あの造詣と速度に目を奪われてしまいました。
> CGの技術はどんどん進歩していますから、今見ると…かもしれませんけどね。

あ、やっぱりそうでしたか。わたしもチャチだとは思ったものの、当時ではどのくらいのレベルだったのかなぁと悩んでました。あれで違和感がなかったということは、CGとそれを観る目がどんどん進化してるってことですね。「アバター」とかがチャチだと思う時代も意外と早く訪れるんでしょうか・・・大変です。

> サローンさんは本当にいい味をだしていましたねぇ。
> どろどろのウィンクのおかげで評価が下がりましたけど、それ以外の異常っぷりは拍手喝采です。

あのウィンクはやりすぎでしたね(苦笑)
麻酔銃で撃たれて川に落ちたときも、これは無理だろって思ったし。
身も心も怪物クラスでした。
2011/06/27 (Mon) 10:16  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
アナコンダ
1997年(ANACONDA) 製作国:アメリカ 監督:ルイス・ロッサ 製作総指揮:スーザン・ラスキン 製作:ヴァーナ・ハラー 脚本:ハンス・バウアー 撮影:ビル・バトラー amazon.co.jpで詳細を見る。 たとえ滝から落ちても空中キャッチが…。 霧の民シリシャマ族の情報を求めて、…
MOVIE-DIC|2011-06-26 19:08