忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「バットマン リターンズ」観た

 | アクション  Comment(4) 
Tag:ティム・バートン にゃんこ

バットマン リターンズ
ショーウインドウを覗き込む猫
製作:アメリカ’92
原題:BATMAN RETURNS
監督:ティム・バートン
ジャンル:SFアクション

【あらすじ】ゴッサム・シティに現れた謎のペンギン男と、シティの実力者シュレックが手を組んだ。ふたりで町を裏から支配しようというのだ。やがて、それはバットマンの知るところとなるが、彼の前にキャット・ウーマンと名乗る新たな敵も現れ…。

今回はキャット・ウーマンが主役って感じでした。さすがスピンオフ作品がつくられただけありますね。
上司の秘密を知ったために殺され、にゃんこに囲まれて生き返るというよくわかんないけど幸せそうな展開を迎えたにも関わらず、復讐に生きるっていうのが「バットマン」らしいです。ここで新しい人生を謳歌しちゃったら話にならないけども。
部屋の中にネオンで「HELLO THERE」と書いてあった辺り、初めから変わり者だったようですが、ネオンのOとTを破壊して「HELL HERE」にしたり、コスチュームを作ってみたり、所構わず側転バック転してみたりと、おちゃめで可愛いエキセントリックウーマンでした。

一方、奇形だった為に赤ん坊の頃下水に捨てられたペンギン男さんも、結構いい味出してましたね。ペンギンと名乗るためにペンギンを集めたのか、それとも下水にペンギンがいたからペンギンと名乗るようになったのか、悩んでいたらウィキペディアに”動物園に置き去りにされたペンギンに育てられた”って書いてありました。あれ、そんな説明あったっけ?
とりあえず、彼が乗り回していたアヒルちゃんと、バットモービルを遠隔操作していたデパートの屋上とかにある乗り物バットモービルバージョンで無性に遊びたくなりました。
やや説明不足なところもあったものの、悪役のキャラクターと哀愁ただよう散り際がよかったです。

あと、この後ジョエル・シューマカー監督のを見て、ティム・バートンの「バットマン」はゴッサムシティも魅力的だったんだなぁとしみじみ思いました。このおかしな街のそこかしこで、変な人たちが何か企んでる気がします。

関連記事
「シザーハンズ」観た
「バットマン」観た
B002M2DWRCバットマン リターンズ [Blu-ray]

■ Comment

イラストが素敵です!

わ~お!と思わずうなってしまいました。
キャットウーマンの魅力が爆発してます♪

HELL HEREのエピソードも好きです。
最初にあのネオンサインを見た時は
なんかダサい部屋だなぁ・・・と密かに思っていたのですけど。笑

あのペンギンたち、動物園に置き去りだったんですか?
動物園営業してなかったんだ・・・。
全然気づいていませんでした。
言われてみれば、お客さんいなかったなぁ。

3作目と比べると
敵役に対する愛情が格段に違うような気がします。
こういう世界観を作れるのは
ティム・バートンの右に出る人はいないような気がします。
2011/06/24 (Fri) 19:28  マミイ編集〕  

>マミイさん

イラストお褒めの言葉ありがとうございます♪
頑張ったかいがありました。

> 最初にあのネオンサインを見た時は
> なんかダサい部屋だなぁ・・・と密かに思っていたのですけど。笑

あはは、あれを設置した電気屋さんは内心苦笑してたでしょうね。
ちょっと痛い系の子かもしれません。

> あのペンギンたち、動物園に置き去りだったんですか?
> 動物園営業してなかったんだ・・・。

そうなんですよ、そう言えば動物園のシーンがあったかな位で、説明は一切無しでしたよね。バットマンがペンギン男がサーカスで何か悪事を働いていたっていうのを調べていたけど、真相もはっきりしなくてすっきりしませんでした。

> 3作目と比べると
> 敵役に対する愛情が格段に違うような気がします。

3作目はエキセントリックなところを強調するあまり、中身が薄くなってましたね。ティム・バートンを見直しました(上から目線かよ!)
2011/06/25 (Sat) 09:30  宵乃  

☆見逃しました(=^_^=)☆

ファイファー姐さんの上司(?)役がクリウォーさんでしたっけ?

確かに、どう観ても死んでるハズなのに、いきなり復活して「ネコ人間」と化すトコは、理解不能でしたね(=^_^=)

バック転しながらやって来て「ニャ~オ」⇒ドッカ~ン! な演出は素晴らし過ぎました!

あと、バットマンがペンギンの演説(?)に細工する辺りの「セコさ」には笑わされましたね~

そう言や、かの『ロボコップ』でも、ガソリンスタンドの「SHELL」の看板が爆発で吹っ飛んで「HELL」になるってな演出がありましたよ。

アレも当時は「やるなぁ~」と唸らされました。ニャ~オ ←ネコになるなよ、そこ!
2011/07/04 (Mon) 01:28  TiM3編集〕  

>てぃむさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
そうです、上司役は悪役に定評のあるクリストファー・ウォーケンさんです。

> バック転しながらやって来て「ニャ~オ」⇒ドッカ~ン! な演出は素晴らし過ぎました!

とにかくノリで突き進むところがいいですよね。

> あと、バットマンがペンギンの演説(?)に細工する辺りの「セコさ」には笑わされましたね~

わたしもあれは笑っちゃいました。もっとヒーローらしい活躍しようよ!

> そう言や、かの『ロボコップ』でも、ガソリンスタンドの「SHELL」の看板が爆発で吹っ飛んで「HELL」になるってな演出がありましたよ。

お~、そうだったんですか。ロボコップは観たのが昔過ぎてぜんぜん覚えてないんですよね。観る機会が巡ってきたら、そのシーンでニヤリとさせて頂きます(笑)
2011/07/04 (Mon) 10:10  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
「バットマン リターンズ」
ペンギンとキャットウーマンの2本立て!
或る日の出来事|2012-01-19 23:16
帰ってきたぞ!
バットマン リターンズ 原題:BATMAN RETURNS 製作1992年 アメリカ 監督:ティム・バートン 脚本:ダニエル・ウォーターズ 出演:マイケル・キートン、ダニー・デビート、 ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン 「バットマン」の2作目です。 蝙蝠男…
子育て 時々 映画|2011-06-24 19:29