忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ハスラー2」観た

 | 青春  Comment(8) 

ハスラー2
製作:アメリカ’86
原題:THE COLOR OF MONEY
監督:マーティン・スコセッシ
原作:ウォルター・テヴィス
ジャンル:ドラマ/スポーツ

【あらすじ】かつてのハスラー、エディは現役を離れ、シカゴでハスラーの胴元などをして生活していた。ある時、連勝する青年ビンセントの姿が目に止まり、彼に若い頃の自分を重ねる。エディは彼を最高のハスラーに育て上げようと決心するが…。

なんか気付くと”2”をやっていて”1”を観た事がないんですが、スルーするのも飽きてきたので先に観てしまいました。
それで、私ハスラーってただのビリヤードをやる人のことだと思ってたけど、ビリヤードで稼ぐ勝負師のことだったんですね。原題も直訳すると”銭の色”で、ドルは緑インクで印刷されているので緑色のビリヤード台のことを指しているんだとか。ギャンブル関係のテーブルでたいてい緑の布が張られているのは、全部そういう意味なんでしょうか?アメリカから広まったのかな。

それはともかく、ポール・ニューマンが渋くて格好良かったです。酒を売ってる冒頭の彼は普通のおじさんだったのに、ビンセントを見つけてから次第に眼光が鋭くなっていくのが痺れます。後半の哀愁漂う姿もいいですね~。
ビンセントの要らぬお節介でエディが傷つくエピソードでは、彼の無神経さに腹が立ったりもしたんだけど、よく考えたら「金を稼ぐためには負けることも必要だ」と教えてきた上に、ビンセントがそれを無視して真剣勝負にでたのをきっかけに途中で投げ出したわけだし、"お金が一番!”と思われたとしても自業自得ですよね。自分の事は棚に上げて「傷ついた」とか言っちゃうエディが可愛いです。

ところで、こいつどっかで見た顔だなぁとずっと思ってたらビンセント役はトム・クルーズでした。最後までわからないとか、自分の顔識別能力の低さに唖然!
あと、”2”を先に観た呪いなのか(笑)、ラストのエディのセリフのところが電波障害で見られませんでした。たぶん昔の気持ちを完全に取り戻して、「何度でも挑戦してやるぜ!」って感じだったと思うんですが…再放送を待つしかないか(できれば”1”からやって下さい!)。

<追記感想:2016/3/7>
初見でラストの台詞がわからなかったようなので再見。確認したところ「復活だ!(カムバック!)」でした。渋いです。
概ね初見時と同じ感想でしたが、今回は一目でトム・クルーズを見分けられましたよ。「ア・フュー・グッドメン」を観た直後だったからね!
恋人に夢中なガキっぽい彼を、エディがハスラーというヤクザな道?に引きずり込むわけですが、「彼女はお前に退屈してる」と唆す様子はまさに”悪い大人”でした。
言うことを聞かないビンセントに「はじめてお前を見た時、情熱がよみがえった」的なことを熱っぽく語っていたので、それも本心だったとは思います。でも、半分はどう見ても金儲けなんですよね。
大会でビンセントに勝ってひとりで「よしっ!」と小さくガッツポーズをした後、ネタばらしされて傷つくくだりは相変わらず切なかったものの、やっぱり初見時と同じく、それに対して怒るのは大人気ないと思いました。…相手は単細胞なビンセントですし。ただ、カルメンが気付かないのはしっくりこなかったかな~。実はわかっててけしかけたとか?(怖い!)

しかし、エディがビンセントの成長を見守る師弟関係が描かれると思いきや、最終的には哀愁漂う、おじ様の青春ストーリーという展開は狙ってのことなんでしょうか?
次観た時も騙されそうです(笑)
あと、相変わらず1作目のオンエアには巡り会えません…。

関連記事
「アリスの恋」観た
B008VB0GAE ハスラー2 [Blu-ray]

■ Comment

こんにちは☆

「ハスラー」は、昨年10月にムービープラスで、
「ハスラー2」は、今年3月にBSハイで、
どちらもオンエアを録画して鑑賞しました☆

>なんか気付くと”2”をやっていて”1”を観た事がないんですが、スルーするのも飽きてきたので先に観てしまいました。

「1」と「2」は、全然違うテイストの作品で「1」はものすごく見にくい作品で、女性が惨めで情けなくて、見ていて辛くて、もう2度と見たくないです。・・・監督も違って、演出等も稚拙な感じで、ホント良くない作品でした。多分権利関係も違っているのでは?NHKではずっと「2」ばっかりですものね・・・。

>”銭の色”で、ドルは緑インクで印刷されているので緑色のビリヤード台のことを指しているんだとか。

このあたりの事は、全然知らなくて、勉強になりました。

>それはともかく、ポール・ニューマンが渋くて格好良かったです。酒を売ってる冒頭の彼は普通のおじさんだったのに、ビンセントを見つけてから次第に眼光が鋭くなっていくのが痺れます。後半の哀愁漂う姿もいいですね~。

「2」はそれに比べると、とっても見やすい作品で、クルーズが若いなぁ~と、最初から面白い感じで見ました。まぁでもどちらもゲームも人間関係もいまひとつよく分からない感じで・・・した。イラストは宣伝写真のようでカッコいいです♪

>ラストのエディのセリフのところが電波障害で見られませんでした。

これは残念でしたね!
全然覚えていませんが、宵乃さんの仰るような感じだったら良かったですね~☆
2011/06/16 (Thu) 14:03  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
前作とは別物ですか~。勝負師な主人公に女性が振り回され耐え抜く感じでしょうか?
miriさんがそこまで仰るなら、機会があったら心して観ないとだめそうですね。今まで見逃していたのではなくオンエア自体がなかったということは、機会はやってこないかもしれませんが(笑)

> このあたりの事は、全然知らなくて、勉強になりました。

わたしも今回調べて初めて知りました。時間があったら、他のゲームでも緑のテーブルを使っている由来を調べたいと思います。

> 「2」はそれに比べると、とっても見やすい作品で、クルーズが若いなぁ~と、最初から面白い感じで見ました。まぁでもどちらもゲームも人間関係もいまひとつよく分からない感じで・・・した。イラストは宣伝写真のようでカッコいいです♪

ビリヤードはナインボールならゲームでやったことがあるので、なんとか。
イラストは割と終盤のシーンで、電波障害で消されなくてよかったです。オンエアあったら最後のところだけチェックしたい!
2011/06/17 (Fri) 10:05  宵乃  

これは、いかにも80年代っぽい映画ですねー!
映像、音楽、トム・クルーズの髪型。
80年代のロックMTVを見ている気分です。
そして浴室で鏡越しにメアリー・エリザベス・マストラアントニオの裸体を見せたり、ヘレン・シェーヴァーがバスローブ姿で大胆に脚を組んだりの演出。
ポール・ニューマンの風格と貫禄。さすがです!
彼がこの映画で初めてアカデミー賞を受賞したと言うのを知って驚きました。
もっと前に獲っていたかと思いました。
エディがビンセントには絶対に勝てない。だけど、これからもチャレンジすると言う描き方が良かったです。
この映画のトム・クルーズは軽くてチャーリー・シーンみたいです。字が読めないのに役者として大成功をおさめた彼。すごいです!
2011/06/18 (Sat) 19:50  間諜X72〔編集〕  

☆前作は・・☆

モノクロだったように記憶してます(・ω・)

本作は、トムクルのチャラチャラした感じが
印象的でした。
奇声を挙げながら、キュー(棒)を振り回したり。

そう言えばトムクルは、後年の『コラテラル』って作品でも
「ヴィンセント」って役を演じてるんですよね。

役柄を比べると、ちょっと面白いですよ(=^_^=)
2011/06/19 (Sun) 08:53  TiM3編集〕  

>間諜X72さん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
わたしも80年代の雰囲気が味わえました。この時代に思い入れのあるひとには、ホントたまらないでしょうね~。

> ポール・ニューマンの風格と貫禄。さすがです!
> 彼がこの映画で初めてアカデミー賞を受賞したと言うのを知って驚きました。
> もっと前に獲っていたかと思いました。

確かに!これまでにも素晴らしい作品でその演技力を発揮していたのに、なぜこの作品で?と思わずにはいられません。あと、この一年前の作品「評決」での彼の方が老けて見えるのも凄い!

> この映画のトム・クルーズは軽くてチャーリー・シーンみたいです。字が読めないのに役者として大成功をおさめた彼。すごいです!

あ、わたしも思い出しましたチャーリー・シーン。
トム・クルーズだと気付かなかったわたしですけど、彼の役者魂には圧倒されます。多くの人に希望を与えているんでしょうね~。
2011/06/19 (Sun) 09:46  宵乃  

>てぃむさん

お、前作はモノクロだったんですか。そんなに古いのか!

> 奇声を挙げながら、キュー(棒)を振り回したり。

あ~、やってましたね。なんかカンフー映画とか好きそうな青年でした(笑)

> そう言えばトムクルは、後年の『コラテラル』って作品でも
> 「ヴィンセント」って役を演じてるんですよね。
> 役柄を比べると、ちょっと面白いですよ(=^_^=)

結構前に観ました。冷徹な殺し屋にみえて案外抜けてるイメージだったかな?
トムクル出演作のなかでは異色作でしたね~。
2011/06/19 (Sun) 10:13  宵乃  

もう5年前の事なんですね・・・。

僕がコメントを書いたのは。

>大会でビンセントに勝ってひとりで「よしっ!」と小さくガッツポーズをした後、ネタばらしされて傷つくくだり

本当にガッカリ・・・と言う感じでした。

>最終的には哀愁漂う、おじ様の青春ストーリー

狙っていたと思いますよ。

さて雨の中、合羽を着て自転車出勤です!
2016/03/14 (Mon) 08:07  間諜X72〔編集〕  

>間諜X72さん

いらっしゃいませ、5年ぶりのこの記事へのコメントありがとうございます。
今日は晴れてよかったですね。自転車出勤をされていると悪天候は一大事ですもんね~。

> 本当にガッカリ・・・と言う感じでした。

あそこはホント胸が痛みます…。ビンセントはデリカシーなさすぎ!

> 狙っていたと思いますよ。

やっぱりそう想いましたか。けっこう変化球な作品で、見る人を選ぶ作品かもしれませんね。
2016/03/15 (Tue) 07:20  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧