忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

DS「いろづきチンクルの恋のバルーントリップ」やったよ!

 | ゲーム  Comment(5) 

いろづきチンクルの恋のバルーントリップ
良質なアドベンチャーゲームでした。
内容は、怪しい通販で”読むだけでモテそうな本”を買った35歳独身男が、本の世界に引き込まれて”主人公チンクル”となり、舞踏会でプリンセスと踊るためにエメラレラ・シティを目指すというもの。「オズの魔法使い」がベースになっていて、おばかだけど純粋無垢なカカシ、合理的で心をもたないロボット・ブリキ、怪力だけど臆病なライオンを仲間に、様々な冒険を繰り広げていきます。

その冒険の中で、一番の障害となるのがチンクルの容姿(哀)
アドベンチャーゲームなので、調べたり話したりして謎を解いていくんですが、このキモい容姿と怪しすぎる全身タイツ(旅立ち時に渡される)のせいで、女性たちが協力してくれないんですよ。そこで、拾ったりミニゲームのダンジョンで貯めたルピーをはたいて、プレゼントを購入。相手の好みを探りながら貢いでいきます。昔ながらのゲーム、ヒット・アンド・ブロー(マスターマインド)の要領ですね。
他にもパチンコシューティングや釣り、パズル的要素も満載で、飽きずに楽しめました。難易度もヘタレゲーマーの私ができるくらいだから、誰でもできるんじゃないかなぁ。
ネタバレ仙人も居ることだし!

あと可愛いキャラクターたちや(濃いのと可愛いの半々くらい)、絵本みたいな世界観&過去へ戻るバルーントリップもよかったです。ちょくちょく任天堂ゲームのパロディが入るのも楽しい!
何人かいるヒロインを差し置いて、印象に残るのはやはり3人の仲間たち。ギャグ担当のブリキはもうやることなす事面白いし、常識人のライオンさんとのやり取りもほのぼの癒されます。
なかでもカカシは別格で、もう可愛くて可愛くて仕方がありませんでした!
可愛いだけで(もちろんいい子でもある)みんなに優しくされるところはチンクルと対極にあるんだけど、カカシはチンクルが大好きだし、チンクルもぜんぜん妬んだりしないで可愛がります。カカシを救出するエピソードが何度かあるから、一番ヒロインらしいかも!?
最後にヒロインと世界をそれぞれ選ぶ事になるんだけども、「ぼくはいつでもおじさんと一緒にいるよー」とか「行っちゃやだよ、おじさ~ん!!」とかカカシが言うもんだから、どのヒロインでもいいからとにかくこの世界に残りたい!と思ってしまいました。

手に取りにくいパッケージ↓で躊躇していたけど、予想外の感動展開で心に残る作品に。でも、ラスボス戦はドライアイの私にはきつくて、残念ながらエンディング全部を観る気にはなれません…。

関連記事
DS「ラストウィンドウ 真夜中の約束」やったよ!
3DS「nintendogs+cats」その後
B002EQB0O8 いろづきチンクルの恋のバルーントリップ

■ Comment

こんばんは。

宵乃さんが描くと、原作のアクが抜けますね(笑)。

ボクもこのゲームは買いましたし、
面白かったですけど、いつの間にか積んでました。
もったいないですね~。
もう売っちゃいましたが、また遊んでみたいです。

>でも、ラスボス戦はドライアイの私にはきつくて、
>残念ながらエンディング全部を観る気にはなれません・・・。

目が痛くなる様なバトルなんでしょうか?
2011/06/01 (Wed) 20:59  犬塚ケン編集〕  

>犬塚ケンさん

いらっしゃいませ!
ケンさんも遊んだ事があるんですね~。わたしも一度放置してしまったんですが(ルピー集めがちょっとだるくて)、でもカカシ会いたさで(笑)復活して最後まで一気にやってしまいました。
たかが舞踏会のためになんでそこまで!?っていう展開で、終盤は盛り上がりますよ~。チャプタータイトル見ただけで泣けてくる始末でした。

> 目が痛くなる様なバトルなんでしょうか?

単調なパチンコシューティングなんですけど、シューティングが苦手な私にはきつかったです。じっと画面を見つめていなければいけないので・・・。シークレット(シール手帳みたいなやつ)をコンプリートしたらイイ事があると言ってたのに、何が変わったのかわからなかったのも残念でした。ボス戦カットできればよかったのに(笑)
2011/06/02 (Thu) 10:31  宵乃  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/03 (Fri) 20:36    

おんなじ幼稚園のママさんがおもしろいから
・・・って貸してくれました。

チンクル自体が「ゼルダの伝説」のリンクの
セルフパロディなんですかね?
うちの子供たちは古いゲームを知ってるので
(私がバーチャルコンソールをやってるので)
大笑いしながらやってました。

カカシはかわいかったですね。
私はクールなブリキが一番おもしろくて好きでした。
2011/06/07 (Tue) 15:30  マミイ編集〕  

>マミイさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。

> チンクル自体が「ゼルダの伝説」のリンクの
> セルフパロディなんですかね?

ゼルダシリーズはやってなくて、”妖精に憧れる緑タイツのおっさん”ということしか知らなかったんですよ。この作品では、最初に緑の服(?)を与えられるところといい、聞き覚えのある効果音といい、セルフパロディ満載でしたね。

> うちの子供たちは古いゲームを知ってるので
> (私がバーチャルコンソールをやってるので)
> 大笑いしながらやってました。

わたしも時々VCやってますよ。アクション苦手なので、もっぱらアドベンチャーをやってます。なつかしのゲームを子供たちと遊ぶのもまた楽しいですね♪

> カカシはかわいかったですね。
> 私はクールなブリキが一番おもしろくて好きでした。

まさかのギャグ担当(笑)
幽霊トンネルの章で、らいおんが「ブリキが怖い!」と言うシーンでは大笑いしてしまいました。ラストのメトロイドネタも大好きです。
2011/06/08 (Wed) 10:08  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧