忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「再会の街で」観ました

 | 社会派  Comment(4) 

再会の街で
製作:アメリカ’07
原題:REIGN OVER ME
監督:マイク・バインダー
ジャンル:★ドラマ

マンハッタン。大学時代の友人チャーリーを街で見かけ、二度目にしてやっと言葉を交わした歯科医アラン。だが、彼は9.11テロで最愛の妻と娘を亡くして以来、すっかり心を閉ざしてしまっていた。彼を気に掛けるチャーリーだったが…。

チャーリーの苦悩はきっとわたしには全部はわからないんだろうけど、彼のような心に深い傷を負った人が実際に身近に居たら、アランのように彼のサインを見逃さず諦めずそっと側にいてあげることができるだろうかと思いながら観ました。大学時代のように陽気だったかと思えば、突然「一人にしてくれ!」と怒って去ってしまう彼の心は、映画のことだから冷静に観れても実際だったらきっとわたしにはわからないと思います。
だから彼を思いやって待つこともできるアランや、判事がチャーリーの妻の両親に言ったセリフに感動したんだけども、精神病院が”あんな場所”と断言される現状はどうなのかとも思ったり。結局、隔離施設に過ぎないんですかね?
さすがに街中で拳銃(空砲)を振り回したんだから、PTSDの治療くらいは受けたほうがいいと思いました。

ちなみに、原題の意味は「私を支配する」。「四重人格」の名曲のタイトル”Love Reign Over Me(愛が私を支配する)”から引用されています。
どうでもいいけど、チャーリーの使っている改造スクーター?と、彼が嵌ってる「ワンダと巨像」というゲームが妙に印象に残りました。

B002EBW7YK 再会の街で [DVD]

■ Comment

こんばんは☆

この映画に対する、チャーリーに対する、宵乃さんの温かいお気持ちの伝わる、そんな素晴らしいイラストですね☆

この映画について何かを書くのは難しいと思うのですが、イラスト同様、温かいお気持ちが伝わってくる文章です☆

>どうでもいいけど、チャーリーの使っている改造スクーター?と、彼が嵌ってる「ワンダと巨像」というゲームが妙に印象に残りました。

私も気になっています。ゲームをする二人もね・・・友達で良いのだと思います。
でも、その二つよりも、やっぱり「鍋焼きうどん」の旗です! あれが一番気になりました(笑)
2011/05/30 (Mon) 19:40  miri〔編集〕  

>miriさん

> この映画に対する、チャーリーに対する、宵乃さんの温かいお気持ちの伝わる、そんな素晴らしいイラストですね☆

ありがとうございます。この映画はわたしも感想を書きづらくって、でも感動は残しておきたかったのでイラストで頑張ってみました。

> 私も気になっています。ゲームをする二人もね・・・友達で良いのだと思います。
> でも、その二つよりも、やっぱり「鍋焼きうどん」の旗です! あれが一番気になりました(笑)

今はあのゲームをやっているくらいの距離がちょうどいいんでしょうね。少しづつゆっくりとでいいから、友達があの部屋に増えていったらいいなぁ。
あと、miriさんの記事を読んでいたので「鍋焼きうどん」のシーンではニヤリとしてしまいました。本来は笑うところじゃないけど、日本人ですもんね~(笑)
2011/05/31 (Tue) 09:51  宵乃  

おはようございます☆

hiroさん、痛々しいお写真つきの記事が上がっています。お知らせまで。
(トワイライトゾーン探してくれたらしく、涙、見つからず、涙)
2011/06/01 (Wed) 07:38  miri〔編集〕  

>miriさん

> hiroさん、痛々しいお写真つきの記事が上がっています。お知らせまで。
> (トワイライトゾーン探してくれたらしく、涙、見つからず、涙)

あれは痛々しいですよね。あそこまで大きい火傷とは思っていなかったので驚いてしまいました。
そのうえ、怪我をおしてまで企画に参加しようとしてくれるなんて・・・!(涙)
早くよくなるといいですね~。

あと、鍵コメの件(笑)も調べておきます!
2011/06/01 (Wed) 09:59  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧