忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「サン・ジャックへの道」観た

 | ロードムービー  Comment(4) 
Tag:フランス

サン・ジャックへの道
製作:フランス’05
原題:SAINT-JACQUES... LA MECQUE
監督:コリーヌ・セロー
ジャンル:★コメディ/ドラマ

【あらすじ】仲の悪い兄妹ピエール、クララ、クロードのもとに、母の遺言書が届く。そこに書かれた遺産相続の条件は、キリスト教聖地サン・ジャックへの巡礼路1500kmを兄妹一緒に歩ききること。彼らは遺産欲しさにツアーに参加するが…。

三兄妹を中心に、自分の事で頭が一杯で巡礼に意味なんて求めてない人々を描いた、歩くロードムービー。
とにかく最初は文句ばっかりケンカばっかりで、せっかくの美しい風景も台無しにしてしまうくらいの不協和音。電波が届く場所についた途端、みんなしてあっちこっち歩き回りながら携帯電話と話しているシーンでは、現代人の滑稽さが浮き彫りになってました。
でも、そんなちぐはぐな9人の背景が見えてくる頃(最初は説明が少なくて誰が誰だかわかりにくい)、だんだんと歩くのにも慣れて、人を思いやったり風景を楽しんだりする余裕がでてくるんですね。
なかでも、失読症(文盲?)の少年ラムジィに三兄妹の長女クララが読み方を教えてあげる様子が微笑ましい。いつも仏頂面だったクララの表情は和らぎ、字を読めるようになったラムジィも満面の笑みを見せてくれます。あれだけ大自然のなかで浮いていた彼らが、後半は嘘のように風景に溶け込んでいました。
また、途中ちらほら入る彼らが見た夢の光景は、ちょっと怖かったり幻想的だったりでなかなか面白かったです。アート的雰囲気は好き嫌い分れそうですが。
ラストは思わずうるっとしつつも、三兄妹の様子に笑顔になれました。彼らにこの遺言を遺したお母さんも、きっと笑顔で見守ってるんだろうなぁ!

関連記事
「スリーメン&ベビー」観ました
B000TT3ZRCサン・ジャックへの道 [DVD]

■ Comment

ポスターを横で見ながら

画像と同じポスターを部屋にピンナップしてます。(上だけ切り取った宵乃さんのイラストの方が数倍センスある!)どういう経緯でわが家にあるのかうろ覚えですが、たぶんマイナーな単館で「お好きなポスターをどうぞ!」とあった中から頂戴して来たような記憶があります。

まるで自分も一緒に歩いているようなロードムービーで、楽しくなれる好きな映画でした。
最後になりましたがTBをありがとうございました。
雨が続くと家事を放り出し心置きなく映画や本に浸れるのでとても幸せな気分です。
2011/05/26 (Thu) 14:22  bamboo〔編集〕  

こんにちは☆

すっごいキレイな空でしたよね~!
イラストの通りです、こんな感じで、青くて、高くて、凄かったです☆
スペインの乾燥した道の感じも良く出ていて、素晴らしい!!!

6月2日に記事をアップしますので(下書きは昨日完了しています)
このイラストを、その記事に宜しくお願いいたします☆

>三兄妹を中心に、自分の事で頭が一杯で巡礼に意味なんて求めてない人々を描いた、歩くロードムービー。

映画の内容を端的にあらわすのが、いつもながらお上手ですよね~。
そうだ、その通りだ~!と心から思いました。

>彼らにこの遺言を遺したお母さんも、きっと笑顔で見守ってるんだろうなぁ!

あの最後の後ろ姿が、すっごく良かったですね~♪
(少し前に窓から覗いているところも・・・一瞬死んだのは嘘か?と思ったくらい素敵なお母さんでした)
2011/05/26 (Thu) 15:13  miri〔編集〕  

>bambooさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます!

> 画像と同じポスターを部屋にピンナップしてます。(上だけ切り取った宵乃さんのイラストの方が数倍センスある!)どういう経緯でわが家にあるのかうろ覚えですが、たぶんマイナーな単館で「お好きなポスターをどうぞ!」とあった中から頂戴して来たような記憶があります。

あれ、このシーン、ポスターと一緒でした?
この作品のポスターをゲットできるなんて、ラッキーでしたね。ポスターを見るたびに、あの美しい風景と楽しい旅の様子がよみがえってきそう。

> 雨が続くと家事を放り出し心置きなく映画や本に浸れるのでとても幸せな気分です。

雨音を聞きながら、読書するのもおつですね~。暑い夏がやってくる前に、おたがい雨の日を満喫しましょう♪
2011/05/27 (Fri) 10:48  宵乃  

>miriさん

> すっごいキレイな空でしたよね~!
> イラストの通りです、こんな感じで、青くて、高くて、凄かったです☆
> スペインの乾燥した道の感じも良く出ていて、素晴らしい!!!

ありがとうございます。このイラスト、空の青を重ねていくのに一番時間を使ったんですよ。自分でも気に入ってます♪
どうぞ使ってくださいね~。

> あの最後の後ろ姿が、すっごく良かったですね~♪
> (少し前に窓から覗いているところも・・・一瞬死んだのは嘘か?と思ったくらい素敵なお母さんでした)

あ~、やっぱりあの窓の女性はお母さんだったんですね!
あんまりハッキリ映ってたんで、ちょっと迷ってしまいました(笑)
心から子供たちのことを想っているいいお母さんです・・・三兄妹もその想いを受け取って、笑顔で仲良く生きていくんでしょうね。素晴らしいラストでした。
2011/05/27 (Fri) 11:02  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
2-1080 サン・ジャックへの道
SAINT-JACQUES... LA MECQUE (サン・ジャックへの道) 2005年・フランス ↓ このイラストは「忘却エンドロール」の宵乃さんが描かれたイラストです。   本当に美しい...
映画鑑賞の記録|2011-06-02 12:06