忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「シャレード(1963)」観ました

 | サスペンス  Comment(8) 
Tag:スタンリー・ドーネン

シャレード(1963)
製作:アメリカ’63
原題:CHARADE
監督:スタンリー・ドーネン
原作:ピーター・ストーン、マルク・ベーム
ジャンル:★サスペンス/ロマンス

【あらすじ】離婚を決意してバカンスから帰ったレジーナは、夫の死と戦時中に夫が軍資金25万ドルを横領した事を知らされる。その上、葬儀に現れた三人の男が彼女を付け狙う。彼女はスキー場で知り合ったピーターに助けを求めるが…。

以前これのリメイクを観た時”陰気でつまらない映画”とインプットされてしまって、ずっとこのタイトルを見かけてもスルーしてました。オリジナルがあるって気付いてよかった!
やっぱりオードリー・ヘプバーン&ケイリー・グラントだと段違いですね。全体的にコミカルで気楽に観られるのに、最後まで緊張感があって目が離せません。大筋は知ってるし、直前に家族にネタバレされたのにも関わらず、初めて観た作品のように(いや、初めてなんだけどね)楽しめました。
人が何人も殺されている状況で、よく知らない怪しい男と仲良くするヒロインはのん気すぎるけど、シャレた会話やヘプバーンの魅力でかき消されてしまうのが凄いです。
でも、聞き逃したのか、冒頭で家財一式が売払われていた意味がよくわかりませんでした。
ちなみにタイトルの意味はフランス語で”ジェスチャー遊び”や”謎解き”のこと。タイトルからしてシャレてますね~。

関連記事
「雨に唄えば」観ました
「いつも2人で」観ました
B0076DL0RG シャレード デジタル・リマスター版 [Blu-ray]

■ Comment

こんばんは☆

今日はちょっと出かけていて、帰宅してパソコンを開けたらビックリしました☆ 素敵なオードリーです♪ 
先日はコメントを有難う☆ 今日はTBも有難う☆

>関係ないけど、「BSオンライン」のサイトがリニューアルしたみたいですね。

これ4月いっぱいで変わっていて、どこにあるか分からなかったので、教えてもらって感謝です! 私のブログにもリンクさせて頂きますね☆

>やっぱりオードリー・ヘプバーン&ケイリー・グラントだと段違いですね。

リメイクの方は知らないのですが、見ない方が良さそうですね~!

>人が何人も殺されている状況で・・・シャレた会話やヘプバーンの魅力でかき消されてしまうのが凄いです。

その通りですね~!
冷静に考えると、すっごく怖い状況なのに、そう思えないですね。
私は俳優よりも監督の力だと思っていました。当時、大好きな監督さんでした。

>でも、聞き逃したのか、冒頭で家財一式が売払われていた意味がよくわかりませんでした。

これは、多分、とにかくお金にして、お金(が、愛情の証拠だと思っている夫だから)を、妻に渡して、離婚を避け、仲良くしたかった、という意味だと思っています。違っていたら、ごめんなさい☆

調子に乗って初見時の感想文も、TBさせて頂きますね~♪
2011/05/24 (Tue) 18:45  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ、いつもイラスト見てくれてありがと~!
あと初見時の記事は気付かなかったのでTBして下さって助かりました。後でうかがいます。

> これ4月いっぱいで変わっていて、どこにあるか分からなかったので、教えてもらって感謝です!

BSオンラインもリニューアルしたんなら新しいサイトへのリンクを残していってくれてもいいですよね。わたしも結構探してしまったので、見つけられない人もいるんじゃないかと書いてみてよかったです。

> 冷静に考えると、すっごく怖い状況なのに、そう思えないですね。
> 私は俳優よりも監督の力だと思っていました。当時、大好きな監督さんでした。

彼女のあっけらかんとした様子についつい忘れてしまいますが、だからこそ突然始まる命がけの追いかけっこのスリルが際立つのかもしれませんね。
関連記事を探して「いつも2人で」も同じ監督さんだと知り、倦怠期の夫婦でもこんなサスペンスでも面白おかしく描けるひとなんだと感心してしまいました。確かに監督さんの力量ってのが一番かも。

> これは、多分、とにかくお金にして、お金(が、愛情の証拠だと思っている夫だから)を、妻に渡して、離婚を避け、仲良くしたかった、という意味だと思っています。違っていたら、ごめんなさい☆

夫がまったく描かれてないところに、彼女の愛が冷め切っていることが伝わってきます(笑)
まあ、自分の行動がどういう結果に繋がるかまったく考えられない夫なら見限られて当然ですね~。
2011/05/25 (Wed) 09:47  宵乃  

TB&コメント有難うございました。

僕がこの作品を初めて見たのは製作から7~8年後もう40年くらい前ですけど、とにかく面白くて怖かった、という記憶が残っています。
オードリーやケイリー・グラントもこの映画で知ったわけですが、魅力的でした。

で、リメイクは、ヒッチコッキアン(ヒッチコック・ファン)を気取る「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミが監督をしていましたが、全然ダメでしたね。
「羊たちの沈黙」のようなハッタリだけでは良い映画は作れないということを見事に証明してしまいました。
2011/06/11 (Sat) 14:21  オカピー編集〕  

>オカピーさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。

> 僕がこの作品を初めて見たのは製作から7~8年後もう40年くらい前ですけど、とにかく面白くて怖かった、という記憶が残っています。

何年経っても、何度見てもこの作品の面白さは変わらないってことですね。オカピーさんが5年に一度くらい観ているというのも頷けます。
わたしも何年か経ったら再見して、あらたな発見をしてみたいです♪

> で、リメイクは、ヒッチコッキアン(ヒッチコック・ファン)を気取る「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミが監督をしていましたが、全然ダメでしたね。

「羊たちの沈黙」はレクター博士が強烈なだけで、ストーリーはぜんぜん覚えてないんですよ。監督はヒッチさんのファンでしたか。怖い部分だけではなく、コミカルでテンポよく進むところも意識してほしかった!
まあ、人真似では真の名作には追いつけませんけどね~。
2011/06/12 (Sun) 11:04  宵乃  

TBしました

オカピーさんも宵乃さんも取り上げられたので、私も。
お二人が褒められるので、ついマイナス面を協調したMY記事、TB致しました。★四つだからお薦め作品なんですけどね。

>人が何人も殺されている状況で、よく知らない怪しい男と仲良くするヒロインはのん気すぎるけど・・・

ですよねぇ。キャメロン・ディアスなんかが演じてるなら納得だよなぁ、なんて重いながら観てました。

オカピーさんは“プロフェッサー”を名乗られるのが納得の映画博士なので、特に古い映画のことなんか聞かれるとバンバン答えが返ってきて面白いかも、ですよ。^^
2011/06/14 (Tue) 12:52  十瑠〔編集〕  

>十瑠さん

いらっしゃいませ、コメント&TBありがとうございます。

> お二人が褒められるので、ついマイナス面を協調したMY記事、TB致しました。★四つだからお薦め作品なんですけどね。

ちょうど十瑠さんの記事を読んできたところです。
みんなが良いと言ってると、ついつい別の視点を探してしまいますよね。電話で犯人を知っているそぶりだったというのは全く気付かなかったので、いつか再見する時はしっかり観てみようと思います。

> ですよねぇ。キャメロン・ディアスなんかが演じてるなら納得だよなぁ、なんて重いながら観てました。

あはは、彼女はノーテンキな役が似合いますよね。対してオードリーは、好奇心が強くて機転がきく猫タイプかな?
夫と今までどういう付き合い方をしてきたのか気になるところです。

> オカピーさんは“プロフェッサー”を名乗られるのが納得の映画博士なので、特に古い映画のことなんか聞かれるとバンバン答えが返ってきて面白いかも、ですよ。^^

十瑠さんもオカピーさんも、私から観たら映画ファンの大先輩なので、記事を読んだり話したりするだけでとても勉強になります。これからもよろしくお願いしますね~!
2011/06/14 (Tue) 14:15  宵乃  

DVD買いたいんですけど・・・

こんばんは、コメントありがとうございました。

イラストはバーソロミューから無理やりふんだくった煙草を(フィルターを千切っちゃう)吸って、
「それで、CIOが」
「CIA!」
とバーソロミューに厭な顔をされるシーンですね。
嘘つきプレイボーイ歯医者をやったり諜報職員をやったり、役者さんは忙しい。(笑)

あの警部さん、「おしゃれ泥棒」では警備主任やってましたね。(どちらも哀しい役~ホントはヨーロッパで一番怖いフランス警察)
公園も「おしゃれ泥棒」でオトゥールがブーメラン見つけた公園と同じみたいだし、
監督や役者のセルフ・パロディがあったり、
そんなことも見直してると「アレッ!?」って感じで楽しめます。

大好きな「シャレード」ですけど、DVDniは何故か嫌われてまして、廉価版を二度購入して二度とも3回目くらいで動かなくなってしまいました。
現在、三度目をどうするか思案中。(笑)
2012/06/03 (Sun) 22:28  鉦鼓亭編集〕  

>鉦鼓亭さん

いらっしゃいませ、コメント&TBありがとうございました。
自分からTB送ったのに、条件反射でTBに返信してしまいました(笑)
途中で中断したんですが、もし届いてたら、お手数かけて申し訳ありませんが消してください。

> イラストはバーソロミューから無理やりふんだくった煙草を(フィルターを千切っちゃう)吸って、・・・

そういえばそういうシーンでしたね、ぼんやり思い出してきました!
自分で描いておいて、どんなシーンか忘れてしまうことが多くって(汗)

> あの警部さん、「おしゃれ泥棒」では警備主任やってましたね。(どちらも哀しい役~ホントはヨーロッパで一番怖いフランス警察)
> 公園も「おしゃれ泥棒」でオトゥールがブーメラン見つけた公園と同じみたいだし、

お~、凄い!ぜんぜん気付きませんでした。
好きな映画をじっくり観ている人だけがニンマリできるんですね~。わたしも新しい映画を観るのに飽きたら、好きな映画をじっくり堪能したいです。

> 大好きな「シャレード」ですけど、DVDniは何故か嫌われてまして、廉価版を二度購入して二度とも3回目くらいで動かなくなってしまいました。

うわぁ、それは悲しいですね。今度こそちゃんとしたものに出会えるよう祈ってます!
2012/06/04 (Mon) 10:29  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
「シャレード」
 オードリー・ヘップバーン。  レビューの余談の項で少し辛辣な事も書きましたが、僕、ヘップバーン のファンですよ、大ファンと言ってもいいくらい。  でも、J・フォンダやJ・ビセットなら、ポスターを壁に貼ってという感じだ けど、ヘップバーンの場合、壁なんてト...
セピア色の映画手帳|2012-06-03 19:38
シャレード
(1963/スタンリー・ドーネン製作・監督/オードリー・ヘプバーン、ケイリー・グラント、ウォルター・マッソー、ジェームズ・コバーン、ジョージ・ケネディ、ネッド・グラス、ドミニク・ミノット、ジャック・マラン、ポール・ボニファ/113分)
テアトル十瑠|2011-06-14 11:58
映画評「シャレード」
☆☆☆☆☆(10点/10点満点中) 1963年アメリカ映画 監督スタンリー・ドーネン 重要なネタバレあり
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]|2011-06-11 14:12
141・シャレード
【サスペンス】 1963年・アメリカ 1976年11月19日(金) PM9:00~10:50 (高1) 監督 スタンリー・ドーネン 主演 オードリー・ヘップバーン すてきなスタッフね ス...
映画鑑賞の記録|2011-05-24 18:47
(1-141) シャレード (2回目)
再見 Charade (シャレード) 1963年・アメリカ 5月中旬 BS3 監督 スタンリー・ドーネン 主演 オードリー・ヘップバーン (レジーナ 役)     ケーリー・グラ...
映画鑑賞の記録|2011-05-24 17:32