忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ヒットマン」感想

 | アクション  Comment(0) 

ヒットマン
製作:アメリカ’07
原題:HITMAN
監督:グザヴィエ・ジャン
ジャンル:アクション/サスペンス

【あらすじ】謎の組織に育成された暗殺者、47。ロシアの大物政治家ベリコフを狙撃するが、ほどなくそれが罠だったことを知る。彼は事件の鍵を握る謎の娼婦ニカと会い、陰謀の首謀者を突き止めるため彼女を連れて復讐に乗り出す。

ニカ嬢を描きたかっただけです(笑)
イラストだと影が服のように見えますが、ほぼ全裸で白昼堂々とバルコニーで喫煙してるところ。登場時は化粧濃くてうへぇと思ったんですが、化粧落としたらめちゃくちゃ美人さんでした。真っ黒な髪に憧れます。「007/慰めの報酬」のボンドガール。
作品としては、アメリカで人気のアクションゲームの映画化らしく、雰囲気を大事にしましたという感じ。
アクションはスピード感があるというか、カメラがせわしないというか、最近のアクション映画についていけないわたしには速すぎました。でも、狙撃や剣や肉弾戦、銃撃戦…などなど、さまざまな闘い方を見せてくれるので、どれかしらピンとくるものがあるかも。
主人公がスキンヘッドに後頭部バーコードでやたらと浮いてるんだけども、何も考えず見てるぶんにはクールで格好よかったです。

B01LTHL06U ヒットマン 完全無修正版 [Blu-ray]

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧