忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「マタンゴ」観た

 | ホラー/パニック  Comment(13) 
Tag:日本

マタンゴ
製作:日本’63
監督:本多猪四郎
原作:ウィリアム・ホープ・ホジスン
ジャンル:★特撮/ホラー

【あらすじ】7人の若者を乗せたヨットが、嵐で無人島に漂着した。島には古い難破船があったが、乗員の姿はなく遺体すら見当たらない。航海日誌から島に群生するキノコ”マタンゴ”は幻覚作用があるとわかり、一行は他の食料を探すが…。

前から気になっていた作品なんですが、「MOVIE-DIC」の白くじらさんと「Cinematheque5+」のHAMさんの記事に触発されて観てみました。(ネタバレあり!)

あ~、これは子供の頃に観ておきたかった!!
そしたら素直に怖い映画だと思えたんだけどなぁ!
だってもう、ミニチュアの船とかキノコのお化け(マタンゴ)とか、みんな可愛いんですもん。後半マタンゴが襲ってきて「キノコのくせに人間食べるのかよ!?」と思ってたら、キノコ(低カロリー)食べさせてあげてるんですよ。まあ、それ食べるとマタンゴ化しちゃうんですけど(笑)
仲間を増やしたい→寂しがりや!?→胸きゅん、みたいな特殊な感性を持つわたしには、それまでの人間の醜い本性とかぜんぶ忘れそうなくらいツボでした。ちなみにイラストはわたしの特殊フィルターを通してみた終盤のシーン。みんな笑って幸せそう…。

前半は、サバイバルや人間のドロドロした部分が中心で、ふつうに真面目に楽しめました。でも古臭さは否めないし、ツッコミどころも多かったですね。
まず、難破船でカビの生えてない部屋があって、棚に薬品が置いてあるから「薬品に弱いんだ!」って、蓋閉まってるのに関係あるの!? しかも、他のカビだらけの部屋を一瞬でキレイに掃除しちゃいました。水場は遠いみたいなのに、どうやって掃除したんでしょう?
他にも「根をかじってでも食料を探せ!」とか無謀すぎ!
植物は身を守るために毒を持つものが多いんだから。植物なら皮むいて水にさらして煮込んだり、動物なら頭と内蔵捨てて洗って火を通すくらいしないと、当たって死ぬ確率ぐんと上がるでしょう…。それに、火を通せば大抵食べられる昆虫を探さないのが不思議。
まあ、この島はマタンゴによって動物や昆虫のたぐいはぜんぶやられてしまっているようなので、根っこに毒はありませんでした。ラッキー?
そして、もう一つ謎なのが”海がめの卵”が発見されたことです。島には鳥も近づかないことなどから、おそらく胞子を吸っただけでマタンゴ化してしまうようなのですが、海岸までは胞子が来ないということでしょうか? その割には魚や貝(貝毒が心配)を獲っていないんですよね。…まさか、猟銃は持ってきたくせに釣り道具は持ってこなかったとか?
あとは、数年前の難破船の乗員が未だにマタンゴ化途中なのが気になるところですが、雨季の間しか活動できないみたいなので、マタンゴ化するのには何度も雨季がこないと駄目なのかな?

とまあ、ずらずらとツッコミを入れてしまいましたが、わたし的にはかなり楽しかったです。前にgoo映画でチェックして星新一原作と思い込んでいたのが、本当は原案で製作にはほぼ関わってなかったと判明したし。(騙された!)
そして、もうひとつ「観てよかった~!」と思ったことがあったけど、それは次回の記事で…。
ではでは。

B00CTIDZDUマタンゴ [東宝DVDシネマファンクラブ]

■ Comment

こんにちは。

おお、観られましたか!
本当にこれは子供のころに観て、恐がっておきたかったですね(んなことすると今でもキノコが食べられないことになっているかも)。(^^)

あのカビは結局マタンゴに関係あったのかどうかもよく判りませんでした。
結構、テキパキといろいろなことを結論付けていたのが物語をスピーディに進めていましたが、後になって「あれ?」と思ってしまうことも多かったと思います。
でもまぁ、人間のドロドロとしたところが正直恐いところでしたね。

>猟銃は持ってきたくせに釣り道具は持ってこなかった

確かに…クルージングを楽しんでいたというのに。(@@;;

星新一の名前が出てきたことには私も驚きましたが、最初だけ関わっただけで、後はノータッチだったとかで…その割にはクレジットで最初なんですよねぇ。(^^;

gooは、別の映画のストーリーの結末が正反対のことを書いていたりしましたし、本当に観ているのかなって思うことがあります。

トラックバックありがとうございました。
こちらからさせていただきました。
2010/09/02 (Thu) 11:36  白くじら編集〕  

あっ!

イラストが、楽しそう♪(^^;

食べている人たち(宵乃さん含む)にとっては、こういうふうに感じていたのかもしれません。
で、あなたも…という想いも込めて…。



「せんせぃ~、せんせぃ~」
2010/09/02 (Thu) 11:39  白くじら編集〕  

>白くじらさん

コメントありがとうございます。
子供の頃に観てたらきっとトラウマになってましたね。キノコ大好きなので、食べられないのは困るなぁ。

> 結構、テキパキといろいろなことを結論付けていたのが物語をスピーディに進めていましたが、後になって「あれ?」と思ってしまうことも多かったと思います。

そうそう、なんでそんなに簡単に納得してるの?ということがしばしばありました。でも、そいういうところを含めてこの作品の味なのかも。人間関係のドロドロ部分はほんと子供向けじゃないし、迫力があってよかったです。

> gooは、別の映画のストーリーの結末が正反対のことを書いていたりしましたし、本当に観ているのかなって思うことがあります。

あ~、あったあった。結末正反対! 何の作品だか忘れたけれど、とんでもないですね。
宣伝に利用された星新一は、gooのミスでさらに原作者と勘違いする人が・・・(笑)
まあここに限らず妙な勘違いはネットに蔓延ってますし、自分で気をつけなきゃいけないということでしょうか。

> 食べている人たち(宵乃さん含む)にとっては、こういうふうに感じていたのかもしれません。

ちょっとメルヘンな感じで描いてみました。主人公の最後のセリフじゃないけど、あんな生き方もいいかも(自我があるのかが問題ですが・・・)
2010/09/02 (Thu) 12:20  宵乃  

何故か局地的に『マタンゴ』ブーム!
イラストには、失礼だけど笑っちゃったよ。
後は『ガス人間第一号』『美女と液体人間』『電送人間』を見れば完璧だね。
『血を吸う』シリーズには手を出してはいけませんよ、絶対に…。(知らないか…)
2010/09/03 (Fri) 00:45  ロッカリア  

>ロッカリアさん

いらっしゃいませ!マタンゴブームきちゃいましたね(笑)
イラストはウケ狙いですので、大いに笑ってください。女の人に腰掛けられて照れているきのこがお気に入りです。

> 後は『ガス人間第一号』『美女と液体人間』『電送人間』を見れば完璧だね。
> 『血を吸う』シリーズには手を出してはいけませんよ、絶対に…。(知らないか…)

あはは、どうだろう?
この作品も星新一の名前がなければ観なかったので、ちょうどよく機会が巡ってこないと観ないかも。でも、タイトルは記憶に留めておきますね~!
コメントありがとうございました。
2010/09/03 (Fri) 09:13  宵乃  

今頃すいません<(_ _)>

|―|/‐\|\/|です!

嵐のように過ぎ去っていった“マタンゴ”ブーム(^^ゞ

ブームのピークにギックリ腰▄█▀█●ですよ(T_T)

>植物は身を守るために毒を持つものが多い
ヾ(;;゚Д゚)ノ そ、そ~なのか!

>「根をかじってでも食料を探せ!」
(。´・ω・)ん~、コイツの言うことももっともだ…と、思ってましたよ~

日頃から土をいじってないとイザと言うときダメダメですね・・・

イラスト、グッジョブです(*・ω・*)bググ!!!

トラックバックもしていただき・・・
あ、あの…承認って言うんですか?
承認すればOKなんですかね?
わかってないんですよ・・・TB
2010/09/06 (Mon) 21:08  |―|/‐\|\/|  

>HAMさん

いらっしゃいませ、腰を痛めているのにコメントありがとうございます。
もう大丈夫ですか? 無理はしないでくださいね~。

> >「根をかじってでも食料を探せ!」
> (。´・ω・)ん~、コイツの言うことももっともだ…と、思ってましたよ~

そうですね~、生き残るにはこれくらいの気合は必要かも知れませんが、知らない植物を食べるなら相当注意しないと危ないと思います。

> 日頃から土をいじってないとイザと言うときダメダメですね・・・

土をいじっていても知らない場合もありますよ~。かくいうわたしもgoogleで調べましたし(笑)
たとえば、彼岸花が不吉とされる理由のひとつが球根などに毒があるためで、お墓やあぜ道に植えられるのは動物・昆虫が遺体や田んぼを食い荒らすのを防ぐ為だそうです。毒の豆知識が増えましたね(いらん!)

> わかってないんですよ・・・TB

自分のブログに表示していいと思ったら”承認”のチェック、関係ない内容で嫌だなと思ったら”削除”、でOKです。
お返しにこちらからも送りたい場合は”返信”をクリックして記事編集画面になったら”記事を保存”でできます。でも、相手のブログサービスによってはできないかも。
返信は無理にしてもしなくても大丈夫だと思います。

ついでに、こちらからTBを送りたい場合は
1.自分のTBを送りたい記事の編集画面を開く。
2.トラックバックを送りたい相手の記事を開き、トラックバックURLをコピー。
3.編集画面のトラックバックURLの欄に貼り付け、記事を保存。

で送れます。つい最近、ひとに教えたばかりなのでコピペしてしまいました。
パソコン音痴同盟の方にはやさしく教える、という感じでいいんですかね?(うっとうしかったら言って下さいね~)
2010/09/07 (Tue) 10:33  宵乃  

こんにちは☆

遂に私も見ましたよ~!!!
記事は2月後半になりそうなので、今こちらだけコメントに来させて頂いています☆

>あ~、これは子供の頃に観ておきたかった!!
>そしたら素直に怖い映画だと思えたんだけどなぁ!

子供には見せてはいけないと思います。
だってキノコ食べられなくなりますよ~!!!
まぁ年齢にもよるのでしょうけど・・・。

>仲間を増やしたい→寂しがりや!?→胸きゅん、みたいな特殊な感性を持つわたしには、

こ・こ・こ・こ・これは、お優しい~♪

>ちなみにイラストはわたしの特殊フィルターを通してみた終盤のシーン。みんな笑って幸せそう・・・。

水野久美さん(緑色の服の女性)が、ちょっとマタンゴ化してて、足とか顔の少しとか
色が変わっているのですが、描かれていないので“特殊フィルター”ですね!!!

私も彼らは、殺そうとか、やっつけようとかで行動しているのではなく、
親切心で「コレを食べれば生きられるよ~」と言っているだけだと思いますので・・・。

>・・・まさか、猟銃は持ってきたくせに釣り道具は持ってこなかったとか?

これは、あの難破船にあったモノのようで、
ヨットの船長がキレイにして、使えるように修理したと威張っていました☆

なので、持ってきたわけではなさそうですね。
難破船は放射能の調査していたようなので、銃は必要だったかも?
弾切れしない、永遠に撃てる銃でしたけど(爆)。

>マタンゴ化するのには何度も雨季がこないと駄目なのかな?

乾季にも少しは進行しそうですね~。
雨季は一気に、といったところでしょうか?

>前にgoo映画でチェックして・・・(騙された!)

gooだけではなくて、ネットの映画情報は大半は普通ですが、
一部正反対とか、全然違うあらすじが書いてありますよね~。
自分で気を付ける以外ないのでしょうけど・・・
責任とる人がいないってダメですよね~。

では、記事をアップしたら、お時間あったらお願いしますね~♪
2012/01/08 (Sun) 13:00  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ、コメントありがとうございます!
ついにコレをご覧になりましたか~。miriさんからどんな感想が飛び出すか興味津々です。

> 子供には見せてはいけないと思います。
> だってキノコ食べられなくなりますよ~!!!

あはは、ただでさえキノコ嫌いが多いのに、それは困りますね。
親が見せたがらないのはわかりますが、子供はそれなりに楽しんじゃいそう。わたしも幼稚園頃からジョーズとかエイリアンとか観てましたから。

> 水野久美さん(緑色の服の女性)が、ちょっとマタンゴ化してて、足とか顔の少しとか
> 色が変わっているのですが、描かれていないので“特殊フィルター”ですね!!!

ぜんぜん気付かなかった!
我ながら特殊フィルターの精度に驚きです(笑)

> 私も彼らは、殺そうとか、やっつけようとかで行動しているのではなく、
> 親切心で「コレを食べれば生きられるよ~」と言っているだけだと思いますので・・・。

miriさんもじゅうぶんお優しいですよ。
合理的に考えると、レウコクロリディウム(恐ろしい生存メカニズムを持つ寄生虫)のように、繁殖地を広げる為にやってる事なんでしょうけど、この作品では何故かそう思えませんよね。

> これは、あの難破船にあったモノのようで、
> ヨットの船長がキレイにして、使えるように修理したと威張っていました☆

そうでしたか、いろいろ見逃していてお恥ずかしい・・・。
調査船では銃を持ち込む可能性もありますね。弾切れしないとは、なんて未来仕様な(笑)
マタンゴ化しつつある主人公たちも、雨季ごとにマタンゴ化が一気に進んで、最後にはキノコ人間になっちゃうんでしょうね~。日本に逃れた彼は、梅雨ごとかな?

> 自分で気を付ける以外ないのでしょうけど・・・
> 責任とる人がいないってダメですよね~。

ネットは便利だけど、自己責任が当然という風潮もありますしね~。
ネットをつなぐ第一段階として、ネットマナーを読まなければいけない、みたいな仕組みがPCに組み込まれてればいいんですけど・・・。ウイルスとかも怖いですし!
2012/01/09 (Mon) 11:20  宵乃  

♪マタンゴだって、南洋じゃ美人♪

 こんばんは~~!

そうなんですよ、マタンゴ達は容姿がアレだから、ひえ~!なんですけど、
別に殺しに来る訳じゃないんですよね、人間が勝手に誤解してる。(笑)
「おいでよ、一緒に遊ぼう!」、「向こうで楽しい宴会しよう!」、「仲間になって、長生きしよう!」って誘いに来ただけで、「こんな所にいると、お腹が空くよ」って忠告に来てくれたのかもしれない。(笑)

ところで、久保明(生存者)が何故マタンゴ化し始めてるのか、という論争(笑)が有るのですが、
宵乃さんは、どっち派ですか?
食べた派or空気感染派
僕は、子供の頃からずっと「空気感染」だと思い込んでいました。
子供時代は「空気感染」って感覚が物凄く怖くて、だから、キノコに近づきたくなかった。(笑)
只、大人になると「食べた」説のほうが怖く感じます。

※僕は、素直だった自分の子供時代に義理を立てて「空気感染」派です。
2012/07/12 (Thu) 01:23  鉦鼓亭編集〕  

>鉦鼓亭さん

いらっしゃいませ~!
この作品、マタンゴ目線で観ると、なんか可愛い作品に思えてきてしまうから不思議です。
あれだけ醜い人間の本性を見てしまうと、最初は不気味だったマタンゴも、親切なキノコの妖精さんに見えてくるかも(笑)

> ところで、久保明(生存者)が何故マタンゴ化し始めてるのか、という論争(笑)が有るのですが、
> 宵乃さんは、どっち派ですか?

う~ん、わたしも空気感染だと思い込んでました。キノコといえば胞子ですし、胃より肺の方が弱いですからね~。

> 只、大人になると「食べた」説のほうが怖く感じます。

彼の回想が嘘になっちゃいますもんね。ホント、鉦鼓亭さんの仰っていた「羅生門」のことを読んで、一層この作品の奥深さに嵌っちゃいました。ありがとうございます!
2012/07/12 (Thu) 11:08  宵乃〔編集〕  

No title

前々から気になってたんですが、ついに観ました!

>キノコ(低カロリー)
あはは!ここにウケてしまいました。
ちょうど体重維持の記事を書かれていたところだったし。

>みんな笑って幸せそう・・・。
みんな楽しそうでしたよね。
イラストもすごく楽しそうです♪
キノコの神経毒の作用で笑顔のように見えるだけって
解説か何かで読んでちょっとだけ背筋が凍りましたけど(^^;
2013/06/16 (Sun) 00:12  マミイ編集〕  

>マミイさん

お、マミイさんもご覧になりましたか!
一度聞いたら頭から離れないタイトルですよね(笑)

> >キノコ(低カロリー)
> あはは!ここにウケてしまいました。
> ちょうど体重維持の記事を書かれていたところだったし。

こんな状況では切なくなるほどの微々たるカロリー!
おなかがすいてたら、目の前にあるものならなんでも食べたくなる気持ちは、ダイエットした事があればわかりますよね~。

> みんな楽しそうでしたよね。
> イラストもすごく楽しそうです♪

ありがとうございます。わたしも楽しんで描けました。

> キノコの神経毒の作用で笑顔のように見えるだけって
> 解説か何かで読んでちょっとだけ背筋が凍りましたけど(^^;

思いっきり笑い声を立てていた気もするけど、それも幻覚だったり…!?
そう考えると怖いですね…。
2013/06/16 (Sun) 09:47  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
食べる?食べない??
マタンゴ 製作1963年 日本 監督:本多猪四朗 脚本:木村武 出演:久保明、水野久美 久しぶりに筋肉少女帯の歌を聴いていると なんだか無性に「マタンゴ」が観たくなったので借りて
子育て 時々 映画|2013-06-16 00:13
「マタンゴ」&東宝特撮映画
 僕が子供の頃の楽しみは、夏休みと正月に上映される怪獣映画でした。  TVではウルトラシリーズ第一弾になった「ウルトラQ」が始まり、以後、「ウルトラ マン」、「ウルトラセ
セピア色の映画手帳|2012-07-12 01:25
2-1449 マタンゴ
映画鑑賞の記録 2 ※サガさん、リクエストして下さり、本当に有難うございました☆ マタンゴ 1963年・日本
映画鑑賞の記録|2012-02-15 08:31
マタンゴ -Matango-
ロッカリアさんの「シャイニング」に続き、MOVIE-DICさんの「マタンゴ」を観ました! 東宝の変身人間シリーズ中、1番好きな作品です 私が生...
Cinematheque 5+|2010-09-07 22:10
マタンゴ
あの島で暮らしていた方が幸せだった! 1963年(MATANGO)製作国:日本監督:本多猪四郎原案:星新一、福島正実(ウイリアム・ホープ・ホジスン「闇の声」から)製作:田中友幸 製作総指揮:脚本:木村武撮影:小泉一音楽:別宮貞雄amazon.co.jpで詳細を見る。 笠井産業の青年…
MOVIE-DIC|2010-09-02 11:27