忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」観ました

 | ロードムービー  Comment(2) 
Tag:フランス

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
製作:アメリカ/フランス’05
原題:THE THREE BURIALS OF MELQUIADES ESTRADA
監督:トミー・リー・ジョーンズ
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】テキサス州の国境沿いでメキシコ人カウボーイ、メルキアデス・エストラーダの死体が発見された。親友ピートは彼との約束を果たすため、手始めに犯人でありながら処罰されずにいる新任国境警備隊員マイクを拉致誘拐する。

これ良かったです。とくに後半はかなり好きですね。タイトル長くて覚えられませんが(カタカナ苦手だ)。
観る前は、”メルキアデス・エストラーダの”の部分は、配給元がつけ足した俳優か監督の名前だと思ってました(笑)

内容ですが、よそのあらすじ紹介では普通に書かれているけど、ピートの目的は中盤まで明かされません。なので、彼が「解剖が終わったらメルキアデスの遺体をくれ」と言い出した時はギョッとしました。
いちおう注意しておくと、この遺体が何度もアップになるので(しかも腐敗がすすんでいくので)、そういうのが苦手な人は気をつけてください。
そして、ネタバレになるのかよくわかりませんが、彼の目的とはメルキアデスと交わした「俺が死んだら故郷ヒメネスに埋めてくれ」という約束を果たすことでした。不法移民が殺されたから何だ?という態度の保安官に腹を立てたピートは、誤ってメルキアデスを殺してしまったマイクをお供に、三度目の埋葬をしにメキシコへ向かいます。
三度目というのは、一度目にマイクが隠すために、二度目に保安官が共同墓地にすでに埋めていたからですね。

隙あらば”イカレた復讐者ピート”から逃げ出そうとするマイク。遺体を守りながら、反省の色を見せないマイクを淡々とこき使うピート。回想のなかで、楽しそうに故郷や家族の事を話すメルキアデス…。
それが、旅が終わりに近づくにつれ段々と形を変え、孤独という真実が浮かび上がってきます。

最後の思わず声をかけてしまうマイクの表情がよかった!
この後、どちらか(もしくは、ふたりとも)が盲目のお爺さんのところに戻ってるといいな…。

関連記事
「追跡者」観た(トミー・リー・ジョーンズ主演)
B000GG4C48メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬[DVD]
カテゴリ「ロードムービー」の関連記事
映画「ピノイ・サンデー」観ました
2010/10/14
映画「永遠と一日」観た
2010/08/29
映画「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」観ました
2010/07/08
映画「パーフェクトワールド」観た
2010/07/07
映画「ジェリー」感想
2010/04/12

■ Comment

こんにちは、
この砂漠のイラスト、きてますね~。特に手前の影になった部分のモコモコ感、素晴らしいです!

私もこの映画、大好きです。トミー・リー・ジョーンズ、いいですね。なんというか、激情を抑えた静謐な強さにぐっときました。映像もとても美しい映画だったと思います。

荒野をさすらうドラマ好き(?)の宵乃さんにお奨め、、、ヴィム・ベンダースの「パリ、テキサス」。もうご覧になられたことあるかもしれませんが、、、いつか機会があったらぜひ~。

2010/07/14 (Wed) 15:16  mardigras  

>mardigrasさん

> この砂漠のイラスト、きてますね~。特に手前の影になった部分のモコモコ感、素晴らしいです!

ありがとうございます!
手前のモコモコ感は試行錯誤して、自分でも上手くいったと思ってたんですよね~(人は失敗したけど)。mardigrasさんに褒めていただけて嬉しいです。

> 私もこの映画、大好きです。トミー・リー・ジョーンズ、いいですね。なんというか、激情を抑えた静謐な強さにぐっときました。映像もとても美しい映画だったと思います。

やった、お仲間ですね!
トミー・リー・ジョーンズがほんと渋くて素敵でした。女の子がピアノを弾いているメキシコのバーで、孤独を痛感しているシーンが印象に残ってます。

> 荒野をさすらうドラマ好き(?)の宵乃さんにお奨め、、、ヴィム・ベンダースの「パリ、テキサス」。もうご覧になられたことあるかもしれませんが、、、いつか機会があったらぜひ~。

「パリ、テキサス」ですか、名前は聞いたことがあるけど未見です。耳寄り情報ありがと~!
とりあえずBS2にリクエストしてきますね(笑)
探せばもっと出てきそうかも、荒野をさすらう映画♪
2010/07/15 (Thu) 09:31  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧