忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ジェリー」感想

 | ロードムービー  Comment(6) 

ジェリー
製作:アメリカ’02
原題:GERRY
監督:ガス・ヴァン・サント
ジャンル:★ロードムービー?/ドラマ

砂漠をドライブしていた二人の若者が、車を止め荒野の散策を始めた。何かドジった時などに使う仲間言葉”ジェリー”でお互いを呼び合い、道なき道を進んで行く。やがて、道に迷ったことに気付くふたりだったが…。

ストーリーの起伏もなく忍耐がいる作品、と聞いていたので、暇つぶしのつもりで1.5倍速で観ました。観終わった感想としては、「あれ、意外といいかも!?」です。もしかして早送りしなくても普通に観れたかもしれません。(もう消しちゃったけど)

どこがいいかと言うと、まず第一に、どのシーンを描こうか迷うほど景色が美しかったです。皆さんが仰るとおりでした。
第二に、やたらとリアルなんですよね。
あんなに何もないところで遭難したら、次々と(映画的に気の利いた)ピンチが襲ってくることなんてありません。ましてや、タバコ片手にのん気に荒野に入るような一般人が、そんなピンチを乗り切れるわけもありません。(年齢に関係なく、自然をなめてる人って多いですよね。波にさらわれる事故とか) 冷静に機転を利かせたり、何らかの専門知識・技術を応用するなんてことが、どれだけの人に出来るでしょう?
というわけで、なす術もなく遭難しています。炎天下に蟻の行列を眺めるのが好きなひとは、真夏にクーラーを切って観るといいかもしれません。おススメはしませんが。

そして一番のお気に入りは、ふたりの仲が良いことでした。
冒頭の長い長い沈黙。狭い車内でふたりで黙っていられるほど気の置けない仲です。荒野に来ただけで楽しくて駆けっこしちゃうし、岩の上に登って降りられなくても「受け止めてやるから飛び降りろ」とか言っちゃいます。
道に迷っても、辺りが暗くなってきても、荒野のど真ん中でどこにいるかわからなくなっても、ひとりじゃないから安心です。

…彼らがここまで仲良くなければ、最初の口論の時点で「自分で何とかしなければ」と必死に道を思い返し、翌朝には車のところへ戻れていたかもしれません。しかし、親友がいたことで彼らは日常の延長のような状態にあり、やっと真剣になった時には体力も精神力もボロボロの状態でした。最初に道を離れた時からジェリっていた彼らですが、仲が良かったために最後の最後まで選択を誤ってしまったのかもしれない…そう考えるとやるせない思いがしました。
最後の解釈は人それぞれですが、わたし的には”望んではいけない事を望み、叶えてはいけない事を叶えてしまった”のかなぁ、と思います。

関連記事
「グッド・ウィル・ハンティング」観ました
B0007N3750 ジェリー デラックス版 [DVD]

■ Comment

おぉ~とうとう☆

待っていましたよ~!
なんとまぁ美しい空と、小さな(存在の)人間二人でしょう~!

了解をもらいもせずに、数日前の記事にイラストを載せさせていただきました。
本当は今後の新しい記事からお願いしようと思っていたのですが、
もう、たまらなくなっちゃいました~♪
本当に美しいイラスト、載せさせてもらって、有難うございます☆

>わたし的には”望んではいけない事を望み、叶えてはいけない事を叶えてしまった”のかなぁ、と思います。

本当に人それぞれですネ・・・この記事自体「感想」となっているので、
いつもの宵乃さんの記事とちょっと感じが違う感じです。
私はどんどん気持ちが変わってゆくので、
もしかしたらDVDを買うかもしれません(ほとんどビョーーキ)。

ブログの書体が変わったのですネ?
すっきりしたイイ感じになりました。
いつも色々とありがとう~♪
2010/04/12 (Mon) 17:25  miri〔編集〕  

こんばんは。

『ジェリー』が静かなブームの様ですね(笑)。
勿論ボクも未見ですし、苦手な作風に思えるんですが、
意外な高評価を目にすると、なんだか気になります…。
レンタル屋さんで見かけたら手を伸ばしそうです。
2010/04/13 (Tue) 01:43  ケン編集〕  

>miriさん

> 待っていましたよ~!
> なんとまぁ美しい空と、小さな(存在の)人間二人でしょう~!

ありがとうざいます。30分で描いたイラストですが、使って頂けて嬉しいです。
「ジェリー」が好きな少数派として、仲間がいると心強いですよね。増えればもっと嬉しいですが(笑)
DVDですか・・・ある意味、映像は癒し系なので繰り返し観れない事もないかも?
再放送を待つのも手だと思いますが、デラックス版というからには何かあるかもしれませんしね。

> 本当に人それぞれですネ・・・この記事自体「感想」となっているので、
> いつもの宵乃さんの記事とちょっと感じが違う感じです。

miriさんの解釈も気になるところですが、他の方々の解釈も様々でしたからね。監督の思う壺というところでしょうか。
あと、”感想→観た→観ました”で段階的におススメしたい気持ちが強いです。(知るか!) 自分の理解度が足りない時は無難に”観た”と書いてることが多いです。
ブログのフォントの方は、普段ブラウザでみやすく設定していて、自分のブログの字が見づらいことに昨日気付きまして・・・。見やすくなったのなら良かったです。

それでは、気温がまた大きく変わるようなので、体調にお気をつけくださいね~。
2010/04/13 (Tue) 07:23  宵乃  

>ケンさん

あはは~、このままじわじわと広まってしまえ!とか思ってます。といっても、この記事を読む人なんて少数なんですが。

> 意外な高評価を目にすると、なんだか気になります…。
> レンタル屋さんで見かけたら手を伸ばしそうです。

マジですか!?
あとで怒っても知りませんよ?
でも、こういうものだと分かってて観れば、割と面白いとも思うんですよね。何か起こると思っているから肩すかしをくらうわけで。何も起こらないと思って観れば、それなりに・・・。あ、いや、保証はしませんけどね?(笑)
2010/04/13 (Tue) 08:31  宵乃  

こんばんは~。

すいません。これ受け付けませんでした。。。(;´▽`A゛
何も起きないですよね・・・
遭難ゲームとか(笑)
なんか視点も遠くてゲームの
レミングスって知ってます?
あんな感じにも。
それでも、一体落としどころがどうなのか
気になって最後まで観ましたが・・・
う~ん(笑)
個人の感想なんでスイマセン!
リンクさせて頂きましたが
不都合ならお願いします!
2010/04/30 (Fri) 21:55  hiro  

>hiroさん

コメント&リンクありがとうございます!
さっそく、わたしのほうからもリンクさせていただきますね~。

> すいません。これ受け付けませんでした。。。(;´▽`A゛

おぉ~、観た方がいた~!?
この作品について話せるのはmiriさんだけだったので、コメント頂けただけでとっても嬉しいです。よかったら「映画鑑賞の記録」のmiriさんの記事もご覧になってくださいね~。この記事のトラックバックにありますから。

> なんか視点も遠くてゲームの
> レミングスって知ってます?

レミングス!確かにそうですね。
ただ歩けるところを歩いていって、成す術もなく淡々と運命に身を任せていくところが、まさしくという感じです。
やっぱり観る人を選ぶというか、これを好きというのは相当の異端かも?という自覚はあるので、謝らなくていいですよ~。コメント頂けただけで感動です。

hiroさんのブログのINDEXをみたら、結構知っている作品があったので、これからちょくちょくコメントさせていただきますね~。よろしくお願いします!
2010/05/01 (Sat) 10:31  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
2-553 ジェリー に ついて 2回目の記事
2-533 GERRY(ジェリー) 2002年・アメリカ 監督 ガス・ヴァン・サント 主演 マット・デイモン     ケイシー・アフ...
映画鑑賞の記録|2010-04-15 10:48