忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「雨あがる」再見しました

 | 時代劇  Comment(2) 
Tag:山本周五郎 小泉堯史 日本

雨あがる
製作:日本’99
監督:小泉堯史
原作:山本周五郎
ジャンル:★時代劇

【あらすじ】享保。長雨で安宿に足止めをくっていた浪人・三沢伊兵衛は、妻との約束を破って賭け試合をし、その儲けで宿の貧しい客たちの心を和ませた。雨があがり、若侍の諍いを仲裁して藩主に気に入られた彼は、剣術指南番に迎えられる。

前回”ながら観”をしてしまったので、ちゃんと見直してみました。
物語のテンポや、登場人物の人柄、台詞回しなんかが黒澤映画そのものという感じで(そこまで黒澤映画をわかってないけど)、黒澤監督への愛を感じました。
特に冒頭のエピソードは好きですね。「人間はみんな悲しいんですから」とぎすぎすした空気を収め、酒盛りを用意するところとか。憂さを晴らそうと唄や踊りで盛り上がる客たちの姿と、それを見て静かに部屋に戻るたよとか、素晴らしいです。
美しい日本の風景と和の心が全面に表れていて癒されるんですが、個人的に殿の間延びした喋り方はどうしてもダメでした。彼が話し出すと一気に眠くなってしまって、後半は何度も見直すはめに。まあ、好きだからいいんですが。
晴れ渡った空のもと、ふたりが旅立つラストが清々しいです。

関連記事
「博士の愛した数式」観ました
「雨あがる」観た
B00BUHVCR2 雨あがる [DVD]

■ Comment

こんにちは☆

再見なさったのですね!!!
イラスト、素敵です☆ “三沢の感じ”がすごく出ています!

>特に冒頭のエピソードは好きですね

私もまったく同感です。
また、黒澤監督への想いも、同様に感じました。
(私もそんなに沢山は見ていませんが)

殿様は・・・まぁ仕方ないというか・・・眠くなるのも分かりますネ~!
天才を親に持って、俳優業は結局続かなかったと思われる方ですが、
このような名作に出演して、良い記念になったのでは?
(ちょっと失礼かな?)

本当にラストの空の青いこと!!!
日本人で良かったなぁ・・・と単純に思える名作でした☆
2010/03/27 (Sat) 14:46  miri〔編集〕  

>miriさん

こんにちは!
イラストは目がなんか可愛くなってしまいましたが、雰囲気出てます?良かった~。
冒頭は本当に黒澤作品を観ているようでしたよね。”オリジナリティ”を出さずに、監督への尊敬に満ちていて・・・。「見終わって、晴々としたような気持ちになる作品にすること」という黒澤さんの言葉を忠実に守ってました。

> 日本人で良かったなぁ・・・と単純に思える名作でした☆

本当にその通りですよね。黒澤作品のファンとしても出会えてよかったと思える作品です。
miriさんのおかげで、ちゃんと見直す事ができました。ありがと~♪
2010/03/28 (Sun) 13:31  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
雨あがる  (2-409)
2009年11月26日の記事 タイトル「映画の神さま 19・日本人って素敵☆」  ちょっと前に 「雨あがる」 という邦画を見ました。...
映画鑑賞の記録|2010-03-27 19:20