忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

■ Comment

楽しみましょうねーー

早くも息子はテレビの前で わくわくしています。
夜まではまだまだありますが、予告間に合ってよかったです。
NHKの再放送依頼を出していたのですが、まさか前日に告知が来るとは、
もう少し早く分からないのか。。。と突っ込みましたが、間に合って結果オーライです。
2010/03/18 (Thu) 09:56  通りすがり  

>通りすがりさん

> 早くも息子はテレビの前で わくわくしています。

良かったですね~。再放送を願っていた子供たちみんな、そうやってワクワクしているのかな? 想像するとなんだか嬉しくなってきます。
通りすがりさんの再放送依頼のおかげですね、感謝です♪

> 夜まではまだまだありますが、予告間に合ってよかったです。

ささやかですが、少しでもこの作品に出会える子供が増えてくれれば嬉しいです。
それにしても、NHKさんも意外とのんびりしてるんですね、前日に告知って(笑)
ほんと間に合ってよかったです。今夜はみんなで楽しみましょうね~!
2010/03/18 (Thu) 11:08  宵乃  

検索できました

はじめまして。
「きみのおうちへ」で検索してたどり着きました。ナレーションの大森南朋さん目当てで見たのですが、あまりの出来のよさに驚愕し、検索しまくってたのですw
いやーほんと素晴らしいですね。あの舟の動きとか少年の表情、ペンギンのぽよぽよ感…最後はうっかり涙してしまいました…

そして他の記事も読ませてもらいましたが、映画選びのセンスがいいですね!うおお「地下水道」!とか叫んでましたwしかもイラストもご自分で?またまた驚きです。
これからも愛読者になりそうです。いい映画見てどんどんご紹介くださいませ。
2010/03/18 (Thu) 22:23  ぎんこ〔編集〕  

>ぎんこさん

はじめまして、コメントありがとうございます!

> いやーほんと素晴らしいですね。あの舟の動きとか少年の表情、ペンギンのぽよぽよ感…最後はうっかり涙してしまいました…

あのシンプルな造形のキャラクターが、ほんとうにそこにいるような気がしてきますよね。25分程度であそこまで世界に惹き込まれるとは思ってもみませんでした。

> そして他の記事も読ませてもらいましたが、映画選びのセンスがいいですね!うおお「地下水道」!とか叫んでましたwしかもイラストもご自分で?またまた驚きです。

「地下水道」いいですよね!この前、初めて観て「映画好きで良かった・・・」としみじみ思いました。いつも良い映画を放送してくれるBS2には感謝です。
イラストは・・・えへへ、これからも頑張ります。
気軽にまたいらしてくださいね~。
2010/03/19 (Fri) 07:17  宵乃  

おはようございます☆

この作品、録画しませんでした・・・ゴメンネ。
皆さんのコメントを読ませてもらうと、次回は是非鑑賞しようと思いました。
オンエアの情報を、また教えてくれると嬉しいです☆

ところで、今月も「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。

作品名:『スモーク』 
(1995年・アメリカ/日本/ドイツ製作作品 監督はウェイン・ワン)です。

今月の、この作品を選んでくださったのは、 「RELAX TIME 」 の ユウ太さんです。
(ユウ太さんは、この企画に第2回目から参加して下さっています☆)

1・シンプルに、なによりも自分がまた観たいと思っている作品だから
2・意外に知られていない、未見の方も多いという隠れた名作だから
3・なにかと忙しい3月という月は、時間に追われたり疲れが出る時期だと思います。
  そんな時にゆっくり、本当にゆっくりまったりと観れる 作品だから
4・そんな作品を観る機会も少ないと思うし、是非皆さんにと強く思うから
 ・・・との事です。

鑑賞日は3月26日(金)~28日(日)の三日間です。(お忙しくてご都合の悪い場合は後日でも結構ですよ~!)
是非、宵乃さんと、一緒の時期に、同じ映画を見て、ワイワイ言い合いたいと思います。
(感想・レビューは強制ではありませんが、作品を選んでくださった方には、必ず書いて頂きます)

なお、このDVDは、ほとんどのTSUTAYAさんのレンタルのお店に、存在するとおもわれますので、宜しくお願いしますネ☆
2010/03/19 (Fri) 07:45  miri〔編集〕  

>miriさん

お疲れ様です!
この作品は、子供たちやお母さん方の間でじわじわと人気が出ているようです。次のオンエア、気が付いたらお知らせしますね。

ブログDEロードショーのほうも了解しました~。
2010/03/19 (Fri) 11:25  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧