忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

TV映画「刑事コロンボ/死者のメッセージ」観た

 | ミステリー  Comment(0) 

刑事コロンボ/死者のメッセージ
製作:アメリカ’77
原題:COLUMBO: TRY AND CATCH ME
監督:ジェームズ・フローリー
ジャンル:★ミステリー

【あらすじ】ミステリー界の女王アビゲイルは、可愛がっていた姪が婚約者に殺されたと気付き、彼を金庫室に閉じ込めて窒息死させた。盗みに入って誤って扉が閉じたように見せかけるが、コロンボは被害者の車のキーがないことに気付き…。

犯人のお婆ちゃんが可愛かった。
計画自体は微妙というか、実行時の行動があたふたし過ぎだったんですが、喋り方とかコロンボの後ろをついて回る様子とか個性的なお婆ちゃんでした。動機が姪の仇討ちという点も(確かな証拠は見せてくれなかったけど)同情を誘います。
みどころは、講演会に顔をだしたコロンボを無理やり壇上に上げるシーン。”犯人の中には尊敬できる相手もいた。わたしは人間が好きです”という内容の名演説が聞けます。おもわず、今までの犯人たちをしみじみ思い返してしまうシーンでした。
ただ、被害者が変に頭がよくて気になります。札束を見せられてよだれを垂らしそうになっていた男が、真っ暗闇で死が迫る中、あんな凝ったダイイングメッセージを思いつくのか?

ラストの「あなたが姪の事故を捜査してくれていたら、こんなことにはならなかったのに」というセリフが切ないです。

関連記事
「刑事コロンボ/偶像のレクイエム」観ました
「刑事コロンボ/5時30分の目撃者」観た
B0058BDP80 刑事コロンボ コンプリート ブルーレイBOX [Blu-ray]

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧