忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ウィル・ペニー」観ました

 | 西部劇  Comment(0) 

ウィル・ペニー
イカレた説教師。目が血走ってます。
製作:アメリカ’67
原題:WILL PENNY
監督:トム・グライス
ジャンル:★西部劇/ドラマ

牧場で雇われたカウボーイのウィルは、番小屋で勝手に暮らしていた母子キャサリンとホーレスに立ち退きを要求する。彼女たちはカリフォルニア目指しての旅の途中だった。そんな時、ウィルは以前争ったクイント親子に襲われ、倒れていたところを彼女たちに救われる。

仕事を求めてあっちこっち放浪する老練なカウボーイ、ウィル・ペニーが、一仕事終えるところから物語は始まります。字が書けなくて周りを気にしながら名簿に×と書いたり、雇い主にカンザスへ誘われても帰郷したい若者に譲ってしまったり、しょっぱなからおじ様の魅力全開です
肉(鹿)の取り合いで銃撃戦になり、息子(?)を殺され執念深くウィルを狙う狂信的説教師クイントも迫力満点。キャサリンといい雰囲気になっている時に突然扉を蹴破って登場するなど、彼が出ているシーンだけサイコ・サスペンスのようでした。
重傷を負った仲間ダッチを救うため、医者を探すくだりも印象に残ります。キャサリンと初めて出会うシーンでもあり、気弱になっているダッチの手を取る姿はまるでナイチンゲールのよう。けれどそれよりも、静かながら確かなものとして描かれているのは、ウィルとダッチの友情だと思えました。
酒場の親父との賭け(医者のいる町まで行って生きて帰ってこれるか、だったかな?)がラストにつながるところも好きです。
後半は、キャサリンとのロマンスというより、母子との交流の中で「家庭」のぬくもりを知っていくというもの。幼い頃に両親を亡くしカウボーイとして生きてきた彼が、戸惑いながらクリスマスソングを歌う姿にジーンとします。

ラスト、自分たちを捨てたも同然の夫(入植者らしい)とは別れ、ウィルと農場を始めたいと提案するキャサリン。それに対するウィルの答えに、彼のカウボーイとしての人生の悲哀を感じます。

関連記事
「ブレイクアウト」観た
B003M2LEU8 ウィル・ペニー [DVD]

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧