忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

TV映画「刑事コロンボ/溶ける糸」観ました

 | ミステリー  Comment(4) 

刑事コロンボ/溶ける糸
製作:アメリカ’72
原題:COLUMBO: A STITCH IN CRIME
監督:ハイ・アヴァーバック
ジャンル:★ミステリー

新薬の功績を独り占めしようと、協同研究者ハイデマン殺害を目論む心臓外科医メイフィールド。ハイデマンの心臓外科手術を任された彼は、弁の縫合に適さない糸を使った。だが、看護婦に感づかれ、殺害して麻薬を巡るトラブルに見せかける。

<ネタバレあり>
前回書いた「刑事コロンボ/構想の死角」から週2で観ていたものの、タイミングが悪かったり印象が薄かったりでなかなか書けず…。でも、今回は犯人がインパクト大(笑) 犯人との駆け引きや事件解決の鮮やかさも、(わたしが観た)コロンボ・シリーズのなかで際立ってました。
まず、顔からしてすでに印象的な犯人なんですが、冷静で頭がよく、更に障害となる者は容赦なく殺してしまう冷酷さも持っています。「構想の死角」の犯人は想定外の状況で殺人をおかしてコロンボに尻尾を掴まれてしまいますが、メイフィールドの場合は看護婦、麻薬中毒患者と次々殺しているのにもかかわらず証拠を残さないんですよね。
かなり早くからコロンボの有能さに気づき、焦ることなく手を打っていく彼は、まさにコロンボの相手にふさわしい存在と言えるでしょう。

そしてコロンボも、看護婦の死を聞いても冷静に時計の針を直していたメイフィールドに、始めから疑いを持っていました。この殺人事件がハイデマン殺害計画を発端にしていると気づき、その推理を聞いて笑い出したメイフィールドに怒りを顕にするシーンが格好いい!
『ハイデマン博士の面倒をよくみることだ。もし死んだら、検死解剖を要求するからな!』
これを聞いて、彼は本当に殺したかった相手を生かさなければならなくなります。そのために再手術を行い、溶ける糸を回収、本来の糸で縫合し直すんですが…。
手術室に踏み込んできたコロンボたちから、決定的な証拠をどう隠すか?コロンボは見つけられるのか?
痛快なクライマックスには思わず唸ってしまいました。

関連記事
「刑事コロンボ/愛情の計算」観ました
B0058BDP80 刑事コロンボ コンプリート ブルーレイBOX [Blu-ray]

■ Comment

こんばんは。

これ、良かったですよね~~。

コロンボは「これ、どうやって捕まえるん?」という犯人が登場しますが

このメイフィールドもその中の一人ですよね。

>かなり早くからコロンボの有能さに気づき、焦ることなく手を打っていく彼は、まさにコロンボの相手にふさわしい存在と言えるでしょう。

お書きになられているように
お互いがお互いの能力を認めているところが、否が応でもカッコいいですし、盛り上がる所だと思います。

(そして、そこがまたラストにつながるところも、好きです)

あー、また観たくなってきました(笑)
それでは。




2010/01/14 (Thu) 20:59  きみやす  

>きみやすさん

いらっしゃいませ。きみやすさんもコロンボ好きでしたか!
メイフィールドは良い好敵手でしたよね。

> お互いがお互いの能力を認めているところが、否が応でもカッコいいですし、盛り上がる所だと思います。
> (そして、そこがまたラストにつながるところも、好きです)

本当に、ラストは全身全霊をかけた勝負という感じで迫力がありました。
そして、その勝負を終えたときのコロンボの表情ときたら・・・(笑)
コロンボの魅力が詰まった作品でしたよね。
2010/01/15 (Fri) 10:51  宵乃  

逝去

ピーター・フォークさん。
亡くなりましたね。
晩年はアルツハイマーだったそうで。
ご冥福をお祈り致します。

さて、この「溶ける糸」。
「宇宙大作戦」(昔はそう言う邦題でした)のスポック役の人が犯人役。
見応えありました!
エリートである医師ならではの陰謀・苦悩が描かれました。
2011/06/25 (Sat) 21:26  間諜X72〔編集〕  

>間諜X72さん

いらっしゃいませ。
ピーター・フォークさん・・・寂しいですが、きっと悔いのない人生だったでしょうね。
ご冥福をお祈り致します。

> さて、この「溶ける糸」。
> 「宇宙大作戦」(昔はそう言う邦題でした)のスポック役の人が犯人役。
> 見応えありました!
> エリートである医師ならではの陰謀・苦悩が描かれました。

「スタートレック」って昔はタイトル違っていたんですね。最近の映画を一回観ただけですが、スポックはよく見かけていたのですぐに気付きましたよ。
コロンボシリーズで一番印象に残っている、見ごたえある作品でした。
2011/06/26 (Sun) 10:35  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
溶ける糸
たぶん、ちゃんとメークはしてるのでしょうが、レナード・ニモイが「すっぴん」に見えました。でも、キャラクター的には非常にスポックに近く、視聴者の期待を裏切らないキャスティングだったのではないでしょうか。
映鍵(ei_ken)|2010-09-12 20:10