忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」観ました

 | ミュージカル  Comment(0) 

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
製作:アメリカ’01
原題:HEDWIG AND THE ANGRY INCH
監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル
原作:ジョン・キャメロン・ミッチェル、スティーヴン・トラスク
ジャンル:★ドラマ/ミュージカル

【あらすじ】性転換し女性になったヘドウィグは、ロックスターのトミー・ノーシスに曲をうばわれ裁判を控えていた。しかし、証拠はなく状況は彼女に不利。苛立ちを隠せない彼女は、自分が女性になった日のことやトミーとの出会いを思い返す。

タイトルにある「ヘドウィグ」ってハリーのふくろうと同じ名前だなぁ、と思い観始めたのですが、これがかなりの拾い物で最後まで目が離せませんでした。
まずタイトルの意味を軽く説明すると、「ヘドウィグ」は主人公が性転換手術をした時母親から貰った名前(あのふくろうメスだったのか。)で、「アングリーインチ」は手術に失敗し1インチだけ残ってしまったアレを「怒りの1インチ」と呼んでるわけです。このたった1インチがヘドウィグの人生を切ないものにしてしまうんですよね…。

でもヘドウィグは、そんな怒りや魂の片割れを求める心の叫びをそのままロックで表現してくれます。その歌声はロックを知らない私でも聞き入るほどで、この作品のためだけにつくられた曲だとはとても思えません。てっきり実在のロック歌手の半生を綴った映画なのかと思ってたくらいですから。
そして歌と並んで素晴しいのが、なんと言ってもヘドウィグの美しさです。彼女の憂いを帯びた瞳には、まるで魔力でも宿っているかのような魅力があります。最初のうちは厚化粧だとかカツラ似合ってないとか思っていたんですが、ある時突然「ゾクリ」とするような美しさを垣間見せるんですよね。その頃にはもう彼女にメロメロになること請け合いです。

終わり方はやや抽象的ではっきりとは分かりませんでしたが、ハッピーエンドなんだと思います。彼との愛の結晶である歌、そして刺青に付け足された片割れ…たぶん彼への未練はあったと思うんですが、ヘドウィグいわく「愛は創造」なので歌さえあれば大丈夫ですよね。
ミュージカル好きでなくても楽しめる作品だったと思います。

関連記事
「ラビット・ホール」観ました
B00006AGIK ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ[DVD]

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧