忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

「新・三銃士」でやっとダルタニアンが主役らしくなってきた

 | マンガ/アニメ  Comment(4) 

新・三銃士/ダルタニアン
第16話「危険なつり橋」
バッキンガム公に渡した王妃の首飾りを取り戻すため、ロンドンに向かったダルタニアンと三銃士。しかし、道中のつり橋には行く手をはばもうとするロシュフォールとミレディーの姿があった。さらに、アトスが高所恐怖症だったり、ボナシューが三銃士を追ってきたコンスタンスを連れ戻そうとしたりして、つり橋の上は大混乱に。橋を支えていたロープが切れて、つり橋もろとも崩れ落ちてしまう。(NHKオンデマンドより)

再放送で見逃した分をしっかり取り戻しつつ、第二部”王妃の首飾り篇”も十話目に突入。ここでやっとダルタニアンが主役らしいポジションに立ちました!
なんと、つり橋が崩れ落ちた時にコンスタンスを救い、渡り損ねた三銃士の代わりにふたり(っきり)でロンドンまでいくことになったんですよ!
今まで、いいとこ見せようとして大失態を見せたり、「弟みたい」と言われたり、精神年齢同じっぽいアラミスとコンスタンスが親しくしている様子を目撃しては「へぇ!?」と間抜けな声を上げていたあのダルタニアンがっ!!
う~ん、ほんとに大丈夫なのかなぁ?

また、ミレディとロシュフォールのほうも珍道中を始めました。あのアゴ凶器なロシュフォールがミレディに惚れてから、アホっぽさが増してます。好きだって彼女にバラしたら手玉に取られちゃうよ!
同じく山寺さんが声をあててるアトスだって、すっかり彼女に騙されてましたね。今回の高所恐怖症の様子もアレだったし、ダルタニアンといい勝負でした。
さすがにミレディの声には慣れてきたんですが、前に観た「三銃士 妖婦ミレディの陰謀」とかいうフランス映画の彼女が強烈で、未だに違和感を感じてしまいます。映画ではアトスとの子供を悪魔に捧げて魔女になったとか恐い設定だった気がしたけど、原作ではどんな人なんでしょう?気になります。

そして、忘れてならないのが、最後に脅威の跳躍力を見せたコンスタンスの夫ボナシュー。ふたり旅なんて許さんと、つり橋が崩れ去った渓谷をジャンプして渡ってしまいました(笑)…このオッサンがこんなに目立つとは思わなかった。
これからの彼らの活躍が楽しみです。

関連記事
「新・三銃士」でアラミスが10歩くらいリードか!?
連続人形活劇「新・三銃士」が面白いです
B002XHIZCS 新 三銃士 3 [DVD]
B002XHIZDM 新 三銃士 4 [DVD]

■ Comment

こんばんは~^^
ダルタニアンとコンスタンス、
宵乃さんのイラストがまた、雰囲気出てますね。いいなあv

この間の三銃士は、我が家でも皆でニヤニヤしながら観ていました!
悪役は、ちょっと間が抜けているくらいが、私的には嬉しいです。

ラストの、ボナシューさんの、
マリオもびっくりな大ジャンプ!
「この人に飛べるなら、三銃士のメンバーなら間違いなくやれるんじゃないか」
「でも、そこがいい!」と、大笑いしました。
これからも楽しみですね~。
2009/12/06 (Sun) 20:06  tamico  

Re: タイトルなし

tamicoさん、コメントありがとうございます。
雰囲気出てますか?良かった~。実は着色の時に途中で諦めて三色にしたんですよ、アハハ。

> この間の三銃士は、我が家でも皆でニヤニヤしながら観ていました!
> 悪役は、ちょっと間が抜けているくらいが、私的には嬉しいです。

良かったですよね、ロシュフォールの「・・・腕は、長いぞ。」とか(笑)
ボナシューのジャンプは、うちでも大爆笑でした。お前は妖怪か!という感じで。
ただの小悪党かと思っていたら大活躍ですね。
先がものすごく楽しみなんだけど、アラミスの出番が減りそうで寂しい・・・。
2009/12/07 (Mon) 07:23  宵乃  

No title

この番組、このあたりの前半まではムチャクチャおもしろかったんじゃがのう。

後半はなにがやりたいんだかよくわからなくなってしまったのがくやしいのう。

くやしいのうくやしいのうギギギ。

同時期の少年ものドラマでは、むしろ12チャンネルでやっていた「ケータイ捜査官7」のほうが好きです。あれはもう最初から最後まですさまじいほどに面白かった。途中どうしようもない回が二話ほどあるけれど。その回が天下の押井守監督脚本回だったことは秘密だ。(笑)
2013/11/23 (Sat) 22:40  ポール・ブリッツ編集〕  

>ポール・ブリッツさん

> この番組、このあたりの前半まではムチャクチャおもしろかったんじゃがのう。
> 後半はなにがやりたいんだかよくわからなくなってしまったのがくやしいのう。

ポールさんもご覧になってたんですね!
前半はワクワクするような冒険活劇だったのに、ホント後半はどうしてあんなグダグダになってしまったんでしょう。残念でした…。

> 同時期の少年ものドラマでは、むしろ12チャンネルでやっていた「ケータイ捜査官7」のほうが好きです。あれはもう最初から最後まですさまじいほどに面白かった。途中どうしようもない回が二話ほどあるけれど。その回が天下の押井守監督脚本回だったことは秘密だ。(笑)

そんなに面白かったんですか~。ノーチェックでした。
押井さんのどうしようもない脚本というのも気になります(笑)
再放送とかあればいいんだけど…。
コメントありがとうございました♪
2013/11/24 (Sun) 10:05  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧