忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「ニュールンベルグ裁判」観ました

 | 戦争  Comment(2) 
Tag:スタンリー・クレイマー

ニュールンベルグ裁判
製作:アメリカ’61
原題:JUDGMENT AT NUREMBERG
監督:スタンリー・クレイマー
原作:アビー・マン
ジャンル:★ドラマ

1948年ドイツ、正義を曲げナチスのために働いた司法官を裁くため、アメリカの判事ヘイウッドがニュールンベルグを訪れる。被告人のなかには世界的法律学者ヤニングもおり、戦争責任の所在をめぐる激しい論争が繰広げられる。

法廷映画は何度か観ていますが、こんなに登場人物たちに共感したのは初めてでした。裁判長も検察側も弁護士も被告人も、出てくる人すべての感情に説得力があって人間らしかったからだと思います。ただ、相反する立場の人たちに一度に共感してしまったため、かなり頭がパンクしそうでした。
また、ユダヤ人虐殺のフィルムから音楽家が愛の歌をうたっているシーンに移ったときは、まるで別世界に放り出されたかの様な変化に心がついて行けず、歌に不快感を抱いたわけではないですが吐き気をもよおしてしまいました。上手く伝えられませんが、この胸に突き刺さるような感覚は忘れられないものになりそうです。

関連記事
映画「ドミノ・ターゲット」観た
B001UNUH72 ニュールンベルグ裁判[DVD]

■ Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/18 (Fri) 20:37    

コメントありがとうございます。
コメントを貰うのも返すのも初めてなので、ちょっとドキドキしています。
同じ映画を好きな人がいると分かると、俄然やる気が出てくるものですね。

私もまた伺わせて頂きます。
これからよろしくお願いします。
2008/04/19 (Sat) 14:10  宵乃からす  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧