忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

アニメ「イヴの時間」観ました

 | マンガ/アニメ  Comment(4) 

イヴの時間
「未来、たぶん日本。”ロボット”が実用化されて久しく、”人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」という言葉から始まる、各話約15分の全6話からなる物語。(ファースト・シーズン)

<ストーリー>
高校生のリクオは、自宅にいる女性型ハウスロイド・サミィの行動履歴のなかに、命令した覚えのない行動を発見する。隠し事をしている事に不安を感じ、友人マサキと記録の場所にいくと、そこには「イヴの時間」という喫茶店があり…。

穏やかな雰囲気と、独特の間、空気感がわたし好みでよかったです。
ストーリーも心温まるもので、主人公リクオがいろいろな”ひと”と出会って、様々な悩みや想い、葛藤に触れ、自分なりの答えを見つけ出す。それを、笑いあり涙ありのエピソードで綴っています。(中でも最終話は泣ける…)
全話でちょうど映画一本くらいの時間なので、オムニバス作品のような感覚で観れました。
「どうしたら人間が傷つくかなんてロボットにも分からない。ロボットだって悩んでいるんだ」というようなセリフが印象に残ります。

B003JERTBW 「イヴの時間 劇場版」 [Blu-ray]

■ Comment

おはようございます。
この作品、おもしろかったですね。

六話目なんか、ほとんどマサキが主人公でリクオの立場がなかったですが(笑)。

友人に言わせると、ロボットが一瞬だけ、笑っていたりするシーン等もあるので何回も見直しているそうです。

色々と伏線がまだ残っているので
セカンド・シーズンに期待したいと思います。
2009/09/25 (Fri) 07:33  きみやす  

Re: タイトルなし

おはようございます。
きみやすさんもこの作品、お好きなんですね。
六話目のリクオは、完全にマサキとテックスに喰われてましたね~。なんだかリクオが「銀魂」の新八に見えました。(笑)

> 友人に言わせると、ロボットが一瞬だけ、笑っていたりするシーン等もあるので何回も見直しているそうです。

え、笑ってるんですか?テックス?カトラン?
わたしも見直してみよう!
セカンド・シーズンも楽しみです♪
2009/09/25 (Fri) 11:23  宵乃  

こんばんは。

コメントがだいぶ、遅くなってしまいました(゚ー゚;A

この作品を見返したり、
「げん○けん」のアニメ版を探して
いたりしてました。

「act04:NAMELESS」で
アキコがリクオたちの教室を通り過ぎるシーンで、確かに笑っていました。

それ以外はいつもの(?)
無表情なんですが
こういった演出はいいですね。

「イヴの時間」にいるときだけ感情が顕在化するわけではなくて

(この作品の中では)
ロボットも常に感情はあるのだと
感じさせてもらいました。

ほんとにセカンド・シーズンが楽しみですね。
2009/10/06 (Tue) 19:42  きみやす  

Re: タイトルなし

きみやすさん、こんにちは。
コメントありがとうございます♪

> この作品を見返したり、
> 「げん○けん」のアニメ版を探して
> いたりしてました。

「げん○けん」はうろ覚えだったので、もしかしてタイトルは原作と違ってました?
「フタリノセカイ」はOVAだったかも・・・。

> 「act04:NAMELESS」で
> アキコがリクオたちの教室を通り過ぎるシーンで、確かに笑っていました。

おぉ、アキコちゃんですか!
やっぱり、イヴの時間にいるときの彼女が自然体な彼女なんですね。
いつも冷たい扱いを受けているのに、彼のためにいろいろ考えているなんて・・・健気だなぁ。ホロリ。
ロボットが感情をもつというと、少し怖い感じがあるものですが、これでは全く感じませんでした。

きみやすさん、いろいろ調べてくれてありがとうございました♪
セカンド・シーズンが待ち遠しいですね。
2009/10/07 (Wed) 07:39  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧