忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「皇帝ペンギン」観ました

 | ドキュメンタリー  Comment(2) 
Tag:フランス

皇帝ペンギン
製作:フランス’05
原題:LA MARCHE DE L'EMPEREUR
監督:リュック・ジャケ
ジャンル:★ドキュメンタリー

【あらすじ】冬間近の南極大陸。皇帝ペンギンたちが海から100km離れたオアモックへ辿り着いた。産卵を終えたメスはエサを求め海へと旅立ち、メスが戻るまでの120日間、オスは仲間と寄り添い-40度の寒さに耐えながら卵を守り続ける。

動物好きにはたまらない作品。
ヒナが孵ってからはニマニマしっぱなしでした。(キモいな、自分)
南極の一面氷の世界も美しく、この地で生きることの厳しさに比例するかのようです。
そんな厳しい世界で生きる皇帝ペンギンたちが、仲間同士協力し合い、夫婦で支えあいながら新しい命を育む姿が描かれます。(たった3人で撮影したとか!)
彼らの徹底された集団行動には驚かされることが多く、人間もこれくらい厳しい環境で暮すことになったら同じ様に協力し合えるだろうかと考え込んでしまいました。
寒さに対抗するため密集し、内側と外側のペンギンが順々に整然と入れ替わっていくこと。冬の間ブリザードに耐え、やっと卵を産むと、オスが卵を預り体力のないメスが先にエサをとりに行くこと。本能による行動なのだとしても、彼らの生き方は美しく、惹きつけられます。
子供を失ったメスが他のメスの子供を奪おうとすることもあるようですが、最終的には群れを外敵から守る側に回るというのも感動的。
ただ、ナレーションの他にペンギン親子の心の声がセリフとして入るのは、嫌という程ではないにしろ余計な気がします。観る人の想像力に任せてよかったんじゃないかなぁ…。

関連記事
動物映画をたくさん観たよ「南極の春/皇帝ペンギン撮影日誌」
B0009MUDUG 皇帝ペンギン プレミアム・エディション [DVD]

■ Comment

こんばんは♪

この映画は素晴らしかったですね☆
動物はあまり好きではないのですが、食い入るように見ました。
父親・母親・子供・それぞれに命がけで、生命を受け渡すことに全てをかけて、教科書があるわけではないのに、全部分かっていて、行動に移し・・・。

そして何より、映像の美しさに見とれました。今年見た映画の中では一番美しかったと思います☆

>ナレーションの他にペンギン親子の心の声がセリフとして入るのは、嫌という程ではないにしろ余計な気がします。
>観る人の想像力に任せてよかったんじゃないかなぁ・・・。

そうかもしれませんが、多分、小さい子供が見る時のため、ではないでしょうか?
2009/09/12 (Sat) 19:33  miri〔編集〕  

Re: こんばんは♪

miriさんこんにちは。
この作品はほんとに、ため息がでるほど美しかったですね。
動物好きではないmiriさんまで惹きつけてしまうとは、”愛”は誰がみても美しいってことですね。

声については、確かにそうですね。
絵本を読んであげる感じかな?
2009/09/13 (Sun) 11:18  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧