忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「バファロー大隊」観ました

 | 西部劇  Comment(2) 
Tag:ジョン・フォード

バファロー大隊
製作:アメリカ’60
原題:SERGEANT RUTLEDGE
監督:ジョン・フォード
ジャンル:★西部劇/ミステリー/ドラマ

【あらすじ】1881年アリゾナ。アメリカ陸軍第9連隊の砦で将校が殺害され、その娘も強姦のうえ殺される。容疑者として現場から逃走した黒人兵ラトレッジ軍曹が軍法会議にかけられるが、その弁護についたのは彼を逮捕した張本人カントレルだった。

西部劇で法廷ものという珍しい作品。
軍法会議をメインに、事件のあらましを回想シーンで追っていくというもの。殺人事件とアパッチによる襲撃、黒人兵の逃亡が絡んで、ミステリーとしてはやや弱いもののアクション・ドラマは充分に楽しめます。
とくに人種差別についての描写は興味深く、ラトレッジの逃亡も「どうせ信じてもらえない」という白人への不信感からきています。しかし、黒人差別に対する反撥は描かれていても、原住民の描き方は従来の西部劇通りなんですよね。この辺の違いが時代を感じさせます。

また、重い空気を変えるように、法廷ではユニークな人物も登場します。
野次馬根性丸出しの判事の奥方は、始まった途端に追い出されて「後でみてらっしゃい」と判事に冷や汗をかかせたり、我がもの顔で証言台に立って判事を驚かせたりします。
判事の方も、この奥方にしてこの旦那ありといった感じで、会議中も自分専用の水(おそらく酒)をがぶ飲みし、休廷中は控え室でカードを始める始末。
その割りに判断は公平で、信頼できるんですけどね。
犯人探しについては途中までは良かったんですが、検察側に追い込まれたあたりで唐突に真犯人に気付くっていうのが…。
ちょっと強引な事件解決だったのが残念です。

関連記事
「荒野の決闘/いとしのクレメンタイン」観ました
「わが谷は緑なりき」観ました
B01ABCW87O バファロー大隊 [DVD]

■ Comment

つい先ほど、録画しておいたのを観ました。イラストは、あのかしましい判事の奥方ですね(笑)。ジョン・フォードなので正統の西部劇かと思いきや、、、観終わってミステリーだったことに気がつき、そのこと自体にびっくりしました(笑)。確かに黒人差別批判をしながら、一方で先住民に対しての気遣いはゼロでしたね。今観るとやっぱりそのあたりのバランスの悪さが気になってしまいました。。。
2009/06/15 (Mon) 21:01  Mardigras  

Re: タイトルなし

こんにちは。
”かしましい”って言葉、あの奥方にぴったりですね。連れを入れたらちょうど三人だったような気がしますし、まさしく姦しい!こういう感覚は世界共通なんでしょうか?

>ジョン・フォードなので正統の西部劇かと思いきや、、、観終わってミステリーだったことに気がつき、そのこと自体にびっくりしました(笑)。

実は、正統派西部劇を明確にイメージできないんですが、ミステリーとの融合は珍しいですよね。
以前観た「テキサスの五人の仲間」も西部劇に分類していいのか迷ったくらいなんですが、お気に入りの作品です。
どちらかと言うとコメディ寄りの西部劇が好きみたいです。
2009/06/16 (Tue) 11:49  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧