忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「マーズ・アタック!」観ました

 | SF  com(0) 
Tag:ティム・バートン 

マーズ・アタック!
歩き方が妙に不気味。
製作:アメリカ’96
原題:MARS ATTACKS!
監督:ティム・バートン
ジャンル:★SFコメディ

【あらすじ】ある日、アメリカで円盤の大編隊が確認される。専門家たちの見解から友好的な種族だと判断したデイル大統領は、国を挙げて火星人を歓迎することに。しかし、人々がテレビ中継で見守るなか、火星人は大虐殺を始めてしまう。

これまた、いつでも観れると後回しにしていた作品。
ちらちら見かけた時はエグいことやってんなーと思っていたんですが(犬と首とりかえたり)、ちゃんと最初から観てみると、あまりのお気楽さに嫌な気分になる事もありませんでした。(合わない人は合わないんだろうけど)
火星人たちの悪ふざけ感覚がどうにも憎めないです。また、人々の宇宙人大好きっぷりがいいですね。大統領は奥さん死ぬまで信じようとしていたし。
なんというか、B級映画の鏡ともいえる作品なんじゃないでしょうか?
おバカなノリと、時々見せる人間のピュアな愛が素敵でした。

関連記事
「バットマン」観た
「ビッグ・フィッシュ」観ました

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧