忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「十戒(1956)」観た

 | 歴史・実録ドラマ  Comment(2) 

十戒(1956)
製作:アメリカ’56
原題:THE TEN COMMANDMENTS
監督:セシル・B・デミル
ジャンル:歴史劇

【あらすじ】奴隷たちの救世主誕生の予言を受けたエジプト王は、新しく生まれるヘブライの男子を残らず殺すよう命じる。しかし、母親によってナイルの河に流されたモーゼは、運よく王女に拾われるのだった。やがて、誰からも認められ王女ネフレテリの愛をも得た彼は、実の王子ラメシスに疎まれ…。

なんというか、宗教に興味がない人間が観ると後半は引きますね。
自分の思い通りになる人間(モーゼ)が現れるまでは、どんなに苦しむ人々がいても無視していたのに、それが現れた途端に言うこと聞かない奴は皆殺しって…。神様は怖いなぁ。
でも、前半の人間ドラマや美しい衣装などは楽しめました。
ラメシスがコロコロ態度を変えるのも笑えます。
モーゼが神の奇跡を起こすたびに自分も(部下の)奇術で対抗し、河が血で染まった時には「この聖なる水で清めてやる」みたいなことを言っていたのに、失敗したら神も奇跡も存在するわけがないという態度に変わってしまったり。…さっきまで自分も信じてたのに。
それとも、奴隷たちの神が本物で、自分たちの神が偽物のはずはないという傲慢さからきた自信?

また、モーゼが十戒を授かりに山にこもっていた時、彼が帰らないんじゃないかと不安に駆られた民衆の「死ぬより奴隷として生きる方がましだ!!」というセリフには考えてしまいました。
同じ苦境にいても考え方は様々だろうし、実際に体験しなければどう考えるかなんてわからないけど、本当にそんなこと思うのだろうか?昔の人はプライドのために簡単に死ねるイメージがあって(上流階級だけかもだけど)、ちょっと疑問。

B0081AIGNO 十戒 [Blu-ray]

■ Comment

NHK BSで放映してたのをご覧になられたんですよね?私も録画して、二日に分けて観ました(笑)。長かったですね~。

セットはインパクトありましたね~。特にアブシンベル宮殿。巨大さにシビれました。

イラストの場面、十戒の刻まれた石版をモーゼが投げつけると、地面が割れてたくさんの偶像崇拝者たちが落ちてしまうところは驚きました。信者以外は「汝ころすなかれ」の対象外だということがわかって...

と、今さらの蔵出しコメントなんですが、映画の内容、まだ覚えてますか...?(笑)
2009/06/05 (Fri) 14:32  Mardigras  

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます♪

NHK衛星第2で放送する未見の映画は、忘れない限り必ず観てます!(自慢?)
長かったですよね。連続で長編大作とかやられるとぐったりします(笑)

> セットはインパクトありましたね~。特にアブシンベル宮殿。巨大さにシビれました。

宮殿って屋根が丸っこいやつでしたっけ? うろ覚えですけど、宮殿と街と建設現場の落差が凄かった気がします。空気すら違いそうな。

> 信者以外は「汝ころすなかれ」の対象外だということがわかって...

見捨てるの早いですよね~、助けるのも遅かったですし。
やっぱり神話は怖いです。
2009/06/06 (Sat) 08:45  宵乃  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧