忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「出逢い」観ました

 | ドラマ  Comment(0) 
Tag:シドニー・ポラック

出逢い
製作:アメリカ’79
原題:THE ELECTRIC HORSEMAN
監督:シドニー・ポラック
原作:シェリー・バートン
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】元ロデオチャンピオン・サニーは、CM出演ばかりの退屈な毎日を送っていた。そんなある日、かつての名馬が撮影のために麻薬漬けになっていると知り、乗馬したまま会場を飛び出す。1200万ドルの名馬が盗まれたとマスコミは騒ぎ立て…。

この邦題の「出逢い」の相手は、なんと馬でした
いちおうロマンスのお相手もいるんですが、”馬への想い”が勝っていて印象に残ってません。
出だしはサニーの堕落っぷりが描かれます。ロデオ大会5連覇のスターだったサニーが、怪我を機にCMスターに転向。笑顔でシリアルの宣伝をしたり、全身電飾のカウボーイ姿でハーフタイムを盛り上げたりします。(←原題はこれの事) そんな惨めな毎日を酒で紛らわしていた彼は、自分と同じ様に道化役をやらされている名馬”ライジング・スター”と出会うんですね。
サニーは自分で選んだ道だからまだいいものの、ライジング・スターにはもちろん選ぶ権利なんてありません。しかも、ショーのために麻薬漬けにされ、生殖能力までなくなってしまったかもしれないということに、彼は怒りを覚え馬を連れて逃亡します。

途中に入る、パトカーと颯爽と走るライジング・スターとのチェイスシーンは見ごたえあり!
引退してもまだまだ走れるという所を見せ付けてくれます。
また、ひたすら馬の自由の地をもとめる彼の姿は、冒頭の彼とは似ても似つかぬかっこよさでした。
う~ん、こうやって書いてみると本当にヒロインの影薄いですね。ただのマスコミ関係者として描いた方が良かった気がします。

関連記事
「トッツィー」観ました
B00FSDEMXK出逢い [DVD]

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧