忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「次郎長三国志第三部 次郎長と石松」観ました

 | 時代劇  Comment(4) 
Tag:日本

次郎長三国志第三部 次郎長と石松
製作:日本’53
監督:マキノ雅広
原作:村上元三
ジャンル:★時代劇/任侠

【あらすじ】次郎長の誘いを断り一人旅を続けていた石松は、黒駒勝蔵の代貸大岩の妹に手を出した三五郎を助ける。すっかり意気投合し一緒に宿をとるが、投げ節(なげぶし)のお仲に熱を上げた二人は散々彼女に振り回されるのだった。

全9部の人気シリーズらしいです。
”清水の次郎長”という言葉しか知らなかったので、1・2部は任侠物なのかとぼんやり観ていただけだったんですが、この第三部でやっと登場人物を覚えて楽しめるようになりました。…と言っても、第三部は石松と三五郎メインで次郎長一家はほとんど出てないんですけどね。
この三五郎ってのがプレイボーイで、追っかけてきた女を追い返すシーンは笑えます。

「あんた私のこと好きって言ったじゃない!」
「嫌いじゃないから好きって言っただけさ。」
「でも、わたしのこと綺麗って言ったでしょ?」
「そりゃあお前だって、横に比べるものがなけりゃ結構キレイだぜ?」
「…ひどい、私に死ねって言うの!!」
「べつに生きてたっていいんだよ、なぁ?」

…なぁ、って言われても(笑)
こんな三五郎と、威勢はいいがどもってカッコがつかない石松とのやりとりがめちゃくちゃツボでした。二人を骨抜きにした賭場の姐さんも、艶っぽい上にカッコ良くて素敵です。
こういうのに出会えるから映画チェックはやめられないんですよねぇ。

B0015G9CL6次郎長三国志 第三部 [DVD]
カテゴリ「時代劇」の関連記事
映画「虎の尾を踏む男達」観た
2009/02/17
映画「乱」観ました
2008/12/26
映画「次郎長三国志第三部 次郎長と石松」観ました
2008/12/01
映画「赤ひげ(1965)」観ました
2008/11/03
映画「髑髏銭」観た
2008/10/26

■ Comment

こんにちは。

>「べつに生きてたっていいんだよ、なぁ?」

これは・・・(笑)すごいですね。

前段のセリフだけでも
十分にひどいのに
最後がこれなんて
すごすぎですね(笑)。

石松との対比が非常に観てみたくなりました。

いい映画の紹介ありがとうございました!
2008/12/01 (Mon) 13:33  きみやす  

どもども、いつもありがとうございます。(実は誕生日だったので、嬉しさもひとしおです!)

三五朗のあしらい方もすごいですが、それでも嫌いにならない女のほうも見上げた根性って感じですごいんですよ。
彼もこれに懲りたのか、4部からは少し大人しくなっていますし。(笑)
石松との友情もばっちり描かれているので、4部もおススメです。
2008/12/02 (Tue) 11:11  宵乃からす  

こんにちは。

>実は誕生日だったので

おおっ!
そうでしたか。
1日遅れになりましたが

改めて
☆オメデトウゴザイマス☆
♪(*⌒ー⌒)o∠★:゚*PAN!
2008/12/02 (Tue) 13:29  きみやす  

うわぁぁぁ、ホントに嬉しいです
ありがとぉ~~!!
2008/12/03 (Wed) 10:36  宵乃からす  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧