忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「Dear フランキー」観ました

 | 家族  Comment(0) 
Tag:イギリス

Dear フランキー
製作:イギリス’04
原題:DEAR FRANKIE
監督:ショーナ・オーバック
ジャンル:★ドラマ

【あらすじ】暴力的な夫から逃げ続けるリジーは、9歳の息子フランキーと母親を連れて港町に越してくる。息子には父親がアラク号で世界中を航海していると教え、父親の振りをして手紙を書いていた。しかし、そのアラク号がこの町に寄港すると知り…。

父親の暴力でフランキーが聴覚障害になったとは言えず手紙を書き続けるリジーと、その嘘を信じパパに会えると期待に胸を膨らませるフランキー。これを最後の嘘にしようと素性も知らない男を雇い父親の振りをしてもらう…というストーリーです。
静かな雰囲気で物語が展開していくんですが、演出や役者の演技が素晴しくて登場人物の感情がひしひしと伝わってきます。偽物のパパに抱きついて心底嬉しそうなフランキーと、それを見て罪悪感に駆られるリジーのつらそうな表情。見てるこっちまで胸が痛くなってきました。
じわじわと感動が広がってゆくラストも素晴しいです。

B000KQGM06Dearフランキー [DVD]

■ Comment

名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧