忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(7/30~8/1)

 | まとめ感想  Comment(10) 

アップルゴーヤという丸くて白いゴーヤを買ってみたら、苦味があまりないし瑞々しくてシャキシャキで家族にも好評だった。種がとれたから来年植えてみるか~。

8/1「ペギー・スーの結婚」
夫の不倫に傷ついたペギーが、青春時代をやり直そうと別の男とやっちゃうところはちょっと引きましたが、懐かしき家族との再会に一喜一憂する姿にホロリときたし、ニコラス・ケイジ演じる夫の若い頃のまっすぐさが好感でした。こんなに好青年なのに、未来の記憶のせいで信じられなくなるのもわかる。でも、当てつけで別の男と…はやりすぎだよなぁ。彼はまだ浮気してないんだし。しかし、ラストの小説の言葉が過去改変を意味するんなら、色々と怖いなぁ…。数々の発明を別の人が横取りした可能性が…。あと、終盤で突然カルト集団が登場して戸惑った(笑)
7/31 TMV「ジュラシック・レイク」
ネッシーが人を襲うモンスターパニックもの。テレビ映画なのでショボいんですが、暗い画面でごまかしたりせず、遠目ながら惨殺シーンもちゃんと描いているので意外と好感が持てる作りです。子ネッシーたちがヨチヨチ歩くのも可愛いし、それでいてい怪我人を容赦なく食い散らかす獰猛さとのギャップも良い。でも、一緒に頑張ってた保安官がやられたんだから、ちょっとくらい悲しがってよ!
7/30「ロビンとマリアン」
初見時は泣けたもののいまいち納得できなくて、程よく内容を忘れてたので確認のために再見。やっぱり合わなかったです。全体的に暗い話で盛り上がるところがないし、ロビンが最後に森で粘らないところが意味不明。戦争中毒でまともな判断ができなくなったのか、単なる自殺願望なのか。おしかけとはいえ村人の命がかかってるのに守られるはずのない約束をして決闘とか無責任すぎる。マリアンが絶望するのも頷ける。ただ、愛してるの連呼は逆に嘘っぽいです。自分を騙すための言葉みたい。残された親友が可哀そうでした。
7/30「イヴ・サンローラン(2014)」
やはり、天才は強烈な魅力で人を惹きつけ、傷つけるようなタイプが多いのかね~。ところどころ人間関係がわからなかったけど(男も女も好きな人なのかな?)伝記として描くべきところは描いていたと思う。しかし、何もかも手に入れたのに酒浸りになるイヴに「他に何が欲しいんだ?」と聞いたら「君と過ごす時間が欲しい」とすごい殺し文句を吐いたのに、その旅行先で愛人みつけるとかホント最低だな。
7/30「心が叫びたがってるんだ。(2015)」
見ている間はまあ普通に楽しめました。甘酸っぱいですねー。ただ共感はなくて、とくに成瀬順が自分の心の内を赤裸々にミュージカルの物語に落とし込んでいるところなんて「うわぁ、鋼のハートだなぁ」と思いました。乙女の日記を公開するレベルなんですが…。さらに、終盤でため込んでいた気持ちをぜんぶ吐き出すところで、友達の悪口なんかを言った後に「そんな自分が嫌い」とくるのかと思いきや自己嫌悪は一切なかったようで…。私とはまったく正反対な子なので深くは入り込めなかったです。

■ Comment

こんにちは☆

>アップルゴーヤという丸くて白いゴーヤ

ほう、それはそれは・・・
見たことないような気が・・・売ってたら是非買いたいです☆

>8/1「ペギー・スーの結婚」

もうずいぶん前に見たのですが、おおまかに覚えています。
今回感想文を読み返しましたが、宵乃さん同様不快な感じを持ったようです。

→ そんなこんなで、この映画を見ても、どって言う事なくて、時間の無駄でした。最後の方で「ダ・ヴィンチ・コード」か?と思うようなお爺ちゃんの会が素敵だったし、消えるところは一瞬「バック・トゥ・ザ・フューチャー」か?と思ったよね~。女性をよく知らない監督が作った作品、凡作、意味なし。 ←

>7/30「ロビンとマリアン」

あまり覚えていないのですが、今回のオンエアは見ませんでした。 全体的に宵乃さんのおっしゃる通りでしたね~。 ずっと先で再見するかもしれないけど、とりあえずしばらくは(笑)。

7/30「イヴ・サンローラン(2014)」

これは一昨年のお正月に見て、おおよそ覚えています。

>やはり、天才は強烈な魅力で人を惹きつけ、傷つけるようなタイプが多いのかね~。ところどころ人間関係がわからなかったけど(男も女も好きな人なのかな?)伝記として描くべきところは描いていたと思う。

亡くなってあまり時間のたたないうちにできた映画だったので
ジョブズさんと同じような種類の作品でしたね~?

>しかし、何もかも手に入れたのに酒浸りになるイヴに「他に何が欲しいんだ?」と聞いたら「君と過ごす時間が欲しい」とすごい殺し文句を吐いたのに、その旅行先で愛人みつけるとかホント最低だな。

まあ普通の一般的な男女関係とかとは違うしね・・・何とも言えないけど、私としてはこの映画ではそういうこともですが、それよりも「ファッション」について学べて良かったです♪


.
2017/08/02 (Wed) 13:08  miri編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ!
うちの近所は畑が多くて直売所がたくさんあるんですよ。美味しいので見かけたらぜひ。

「ペギー・スーの結婚」は作品自体はそれなりに楽しめたんですが、ペギーの行動がちょっとアレでしたよね。女性監督だったら当てつけで…のくだりはなかったでしょう。
お爺ちゃんの怪しい会は監督の遊び心の表れでしょうか。いきなり別の映画になったのかと思いました(笑)

「ロビンとマリアン」はなんとなく引っかかってたので再見できて良かったです。
気が向いたらご再見ください。

「イヴ・サンローラン(2014)」もご覧になってましたか。ファッション関係の人という知識しかないまま見たんですが、この方も亡くなってすぐに映画になったんでしたっけ。なんだか映画のネタを探すハイエナみたい…。

> まあ普通の一般的な男女関係とかとは違うしね・・・何とも言えないけど、私としてはこの映画ではそういうこともですが、それよりも「ファッション」について学べて良かったです♪

彼の作品は全く知らなかったので楽しめました。最近の洋服も美術館に展示されてることにびっくり。でも「ココ・シャネル」を見た時は「そういうコンセプトだったのか」と好感度アップしたのに対して、彼の場合はだだ下がりでしたね(笑)
2017/08/02 (Wed) 13:46  宵乃〔編集〕  

今なら考えられないけど

こんにちは。
「ロビンとマリアン」私もわりと最近再見しました。
ロビンがマリアンを殴るんですよねぇ、それも顔をですよ!
今なら当て身を腹に一発入れるという表現になるんでしょうけど、まさかのコネリーがヘプバーンを殴るという凶行。
製作陣もよく許したよなと思いました。
けどヘプバーンも殴られる演技が上手いんだこれが。
コネリーファンとしては、マリアンに対してちょっと強引な態度をとるロビンが、かな〜り萌える作品です。
あ、そうそう、馬車が川に落ちるシーンは間違えて落ちちゃったのをそのまま使ったんだそうですよ。
2017/08/02 (Wed) 23:33  ケフコタカハシ  

>ケフコさん

いらっしゃいませ、ケフコさんも最近再見されたんですね。
そういえばマリアンのこと殴ってました。映画の中とはいえ、歯がぐらつくほどヒロインを殴るなんて(汗)
ヘプバーンは腕の見せどころだと張り切っていたのかも。

強引な態度というと、担いで馬に乗せるシーンとかでしょうか。あそこは男前でしたね~。
私のお気に入りは、ラストに手遅れだとわかってやっと色んなしがらみから解放されて、素直にマリアンと旅立つのを受け入れるところです。

> あ、そうそう、馬車が川に落ちるシーンは間違えて落ちちゃったのをそのまま使ったんだそうですよ。

あはは、そうだったんですか!
とてもしっくりくるシーンでした。映画の神様が降りてきたのかも。
2017/08/03 (Thu) 07:28  宵乃〔編集〕  

マリアン

同じく、初見では、音楽とともに何だか印象に残っていたのですが、改めて見たら、それほどでもなかった感が…。
ヘップバーンが出た、というのが、いちばん大きな話題だったのかも。
2017/08/04 (Fri) 06:49  ボー  

復活

ここさけは
かなり気に入りました。
今度の日曜に、専門chでノーカットで放送するため予約して
あります。
青春って感じでした。

ところで入院中に
午後のロードショーを見ましたが
微妙にカットされていて気になりましたが
わりかしおもしろいですね。
来週もです。
ただ微妙にねむくなる時間なので途中で落ちることもあります。
でもそんな気にならない作品なので録画もせず
見るときに見るって感じですね。
2017/08/04 (Fri) 07:28  レーザー  

>ボーさん

こちらもコメントありがとうございます!
ボーさんも2度ご覧になっているんですね。終盤の展開はかなりインパクトがあるので、初見じゃ冷静に判断できない作品だと思います。

> ヘップバーンが出た、というのが、いちばん大きな話題だったのかも。

ですね~。年を重ねても美しいヘップバーンが素敵です!
2017/08/04 (Fri) 07:42  宵乃〔編集〕  

>レーザーさん

いらっしゃいませ、退院おめでとうございます♪
レーザーさんは「ここさけ」がお気に入りでしたか。思いっきり青春してるので、好きな人は好きそうですよね。私はこの脚本家さんがちょっと苦手です(汗)

「午後のロードショー」は放送枠の時間が決まっていて、どんな作品でも93分に編集してしまうそうです(笑)
さすがに3時間越えの作品は2回に分けて放送しますけどね。

> ただ微妙にねむくなる時間なので途中で落ちることもあります。
> でもそんな気にならない作品なので録画もせず見るときに見るって感じですね。

ここじゃないとオンエアしなさそうなB級作品もたくさんオンエアしてますよね(笑)
吹き替えが他の局に比べて聞き取りやすいので、難聴ぎみの私にとっては結構お気に入りの番組です。
2017/08/04 (Fri) 07:50  宵乃〔編集〕  

ところで

もう夏の定番は
やってしまったのですか?
ロメロ監督も昇天してしまったし
2017/08/04 (Fri) 22:38  レーザー  

>レーザーさん

8月11日から8月末までですよ~。
サイドバーの最新記事の三番目をご覧くださいね♪
2017/08/05 (Sat) 07:47  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
「ロビンとマリアン」
この映画を初めて観たのは高校生のとき。 その当時は、名画座には友人と一緒に、普通の映画館には姉とよく行ったものだ。
或る日の出来事|2017-08-04 06:46