忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

映画「パレードへようこそ」観ました

 | 伝記/自伝/実話  Comment(2) 
Tag:イギリス

パレードへようこそ
原題:PRIDE
製作:イギリス’2014 121分
監督:マシュー・ウォーチャス
ジャンル:★ドラマ/コメディ

【あらすじ】1984年イギリス。不況の煽りで20ヵ所もの炭坑の閉鎖が決まり、炭鉱夫たちは4ヵ月以上もストライキを続けていた。ロンドンに暮らすゲイのマークは、いつも自分たちをいじめていた奴らが今度は炭鉱夫をいじめていると奮起。彼らを支援するため、仲間たちと募金活動を行い…。

実話を基にした作品。
炭鉱町を救うため、炭坑夫支援レズビアン&ゲイ会が立ち上がるっていうのがイギリスらしいエピソードです。でも、今まで自分たちをいじめていた政府や警察が、今は炭鉱夫たちをいじめているから、という理由で立ち上がったというのが「なるほど」という感じで、こうやって周りを見て協力すれば大きな力になるということを教えてくれました。
最初に立ち上がったマークから活動が広がっていって、彼が途中で投げ出しても仲間たちや新しい仲間が引き継いでくれる。何かを始めるというのは偉大なことです。

この作品では炭鉱町ディライスの人々が魅力的で、とくに最初から彼らに対して偏見を持たず、理解し合おうと歩み寄っていたおばさんたちが素晴らしいですね。好奇心もあったんだろうけど下卑た感じはなくて、すぐに打ち解けてしまいます。
それでもやはり彼らを敵視する少数派はいて妨害行動をとることも。
しかし、「ゲイは悪口を大切にする」とヘンタイ扱いされたのを逆手にとって「炭鉱とヘンタイ」という炭鉱支援コンサートで一気に大金を稼ぐところはさすが。転んでもただでは起きないタフな生き方に勇気付けられました。

実話を基にしているため少々物足りないなぁと感じるところもありましたが、ラストのパレードは胸が熱くなります。実話だからこその説得力。現実でも、こんな風に受け入れ合い認め合うことができるんだなぁと嬉しくなりました。
全国炭坑労働組合の尽力によって、同性愛者の権利を認める議案が労働党大会で可決されたというのにホロリと来ます。

B010NAPQF0 パレードへようこそ [DVD]

■ Comment

こちらにも

これは凄く良かった
私の周囲にはLGBTの方はいないけれども(隠れているのかもしれないけど)
そういう方々って自分らしく生きていて、とっても逞しくてキラキラしていて素敵だと思いました
また鉱山の女性たちがそりゃ最初は興味深々で話すものの軽蔑した目線を送るわけではなく、そういう点も良かったです。
「知ってたわよ」の台詞のシーンも好き!
実際にあった事だというのも大きな感動ポイントで、
パレードに鉱山の人々も応援に駆けつけるところとか
ぐっときちゃいました
2017/07/19 (Wed) 09:39  maki  

>makiさん

こちらもコメントありがとうございます!
すごく良い作品なのに知ってる人は少ないのかなぁと歯がゆく思っていたところです。

ホント、自分らしさを貫くLGBTの方々は輝いてました。きっと、これまで苦労して自分たちのことを認めさせてきた人たちがいたからこそ、隠さずに自分らしくいられる人も増えてきたんでしょう。
そんな彼らと意気投合する炭鉱夫の妻たちもいて、この作品の魅力に繋がってます。
ラストは実話だということもあって涙ウルウルでしたね。たくさんの人に見てほしい作品です!
2017/07/20 (Thu) 13:22  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧