忘却エンドロール

素敵映画に出会えた時の感動をそのまま書き綴る、映画感想ブログ.

一言映画感想(7/12~7/17)

 | まとめ感想  com(8) 

ずっと使ってなかったけど、windows10の「夜間モード」は意外と使えるかも。目に痛い真っ白背景もオレンジがかった本の紙みたいな色に変えられます。「設定→システム→ディスプレイ」の「夜間モード」をオンにし、「夜間モードの設定」で「色温度」を右端から2センチくらいにして使用中。

7/17「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」

室温35℃超えの中3本目を鑑賞。モデルがいるらしい音楽ドラマです。あらすじの”猫とギターを抱えて放浪”に惹かれて鑑賞したものの、主人公がクズだし周りの人もクズばかりだった。一回?寝た女に妊娠したと告げられ、クズだの全身コンドーム被ってろだの生き物に触るなだの言われるところがちょっと面白い。彼女も結構なクズらしく主人公に「双方の責任って知ってる?」と言われて「死ね!」と返したり。内容はあってないようなものだけど魅せるものがあった。ただし、途中で猫を捨てたのは許さない。

7/17「カーズ2」

いきなりスパイ映画で、主役はマックイーンからメーターに変更。メーターはあまり好きじゃないけど、嫌な奴という訳じゃないんだよね。ドック・ハドソンがお亡くなりになっていたっぽいけど、話の流れ的に必然性はないから声優さんが亡くなったのかなぁ…と調べたら、ポール・ニューマンだったのか。そしてやっぱり亡くなったからだったのか。彼への親愛と敬意が感じられました。

7/17「カーズ」再見

あまり面白かった覚えがなかったものの確認のため再見。全体的にはいい話で「ドク・ハリウッド」みたい。でも、マックイーンは中盤までいけ好かない奴で、さらにメーターの悪ふざけ(トラクターを驚かせて転んだところを笑い飛ばす)が大っ嫌いなので印象が悪かったのね。それ以外はいつものピクサーらしく、車たちが生き生きしてました。ルイジとグイドのコンビが好き。

7/16「モータル・コンバット2/魔界来襲」

格ゲーを基にしてるそうで、マリオの時と似た雰囲気を感じました(笑)ただゲームの方を知らないし一作目も見てないしで、出来が良いのか悪いのかわかりません。とりあえずアクションを楽しめれば良さそうな感じではある。あと「ソードマスターヤマト」のラスボス戦みたいな設定の儚さとか。

7/12「ジャージー・ボーイズ」

前半は自堕落な生活などが描かれ、登場人物に興味が持てなくて名前も覚えられなかったけど、後半は面白かったです。憎んでいるとさえ言った相手の多額の借金を返してあげるとかすごすぎ。その間、当の本人は何してたんだろう?監視されてただけ?EDでみんな踊ってるのがいいね。ウォーケン様も楽しそうでした(笑)

■ Comment

誰からも愛されるのは困ったもんです

こんにちは。
大物俳優ケンさんの不倫騒動を見て、私は「インサイド・ルーウィン・デイビス」を思い出しました。
何かしらの才能(英語ではしばしばgiftと称する)を持っている人ってのは、本人が望むと望まないとに関わらず多くの人から愛されるんですよねぇ。
それを不倫と糾弾するのはgiftを持たない人間の妬みだと私は思ってます。
とかなんとか、映画とは全く関係のない話題で申し訳ありません。

作中ルーウィンは猫を捨てたりはしてませんよ、そもそも猫を飼ってもいませんから。
一夜の宿を借りた教授(だったかな?)の猫が、ルーウィンが出ていく時に一緒に外に出てしまったんです。
必死でその猫を探して見つけ出したと思っていたら違う猫だった、そういう筋立てだったように記憶してます。
2017/07/18 (Tue) 21:11  ケフコタカハシ  

>ケフコさん

う~ん、ゴシップに興味ないので誰のことだか(汗)

> それを不倫と糾弾するのはgiftを持たない人間の妬みだと私は思ってます。

愛される=不倫ではないですよね。愛されても裏切るかどうかは本人次第だと思います。勝手に周りが不倫扱いしてるだけなら同情しますが。

> 作中ルーウィンは猫を捨てたりはしてませんよ

いえいえ、最初の逃げ出した後に別の猫を勘違いで捕まえて、その別猫を抱えて旅を始めたのに、ドラッグで倒れた(死んだ?)男が残された車(真冬でたぶんエンジンも切ってる)にその別猫を残していったんです。そのうち警察が見つけるだろうけど、自分で連れまわしてたのに酷いです…。
2017/07/19 (Wed) 06:53  宵乃〔編集〕  

こんにちは

→インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
ジャケ画像がオシャレ。
歌声はあたたかいものの、厳しい現実がシンガーを迎える。結局何を言いたいのかラストまでよくわからなかった作品かもです。

→カーズ2
3歳になったばかりの甥っ子が2歳のときから「makiちゃんカーズツーみる?」とそればかり連発して一緒にカーズ2ばかりみてたので、1作目より2作目のほうが何十回とみていて良さもわかってるつもりです。メーターが主人公だけど、スパイ映画の面白さもあるのであまり飽きませんね。

→ジャージー・ボーイズ
楽曲「君の瞳に恋してる」だけは知っていた、というくらいの知識しかないものの、イーストウッド監督作品に似つかわしくないラストのダンスが意外にもいけてたという…。お話は栄光と挫折というありきたりな作品でもありましたね。

某ケンさんというのは、3月に不倫騒動がスクープされて最近謝罪会見をひらいた、渡辺謙さんのことですね
2017/07/19 (Wed) 09:35  maki  

ジャージー(牛ではない)

「ジャージー・ボーイズ」。曲におなじみがあると、やっぱり、いいなと思えますね。
正直、イーストウッド監督は過剰評価気味だとは思うのですが、そつなく作ります。
2017/07/20 (Thu) 09:54  ボー編集〕  

>makiさん

いらっしゃいませ!
「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」はホント、何が言いたいのかとかは私もぜんぜんわかりませんでしたが、それでもいいかと思える不思議な作品でした。
クズ主人公なのに歌は良かったですね~。

「カーズ2」は甥っ子くんのお気に入りでしたか。一緒に何十回も見てあげるなんてお優しい!
序盤から間違えなくカーズなんだけども、ちゃんとスパイ映画していて面白かったですよね。車であることを忘れさせます(笑)
勘違いではあったもののメーターの能力が必要不可欠だったことと、ちょうど自分は邪魔者と落ち込んでいたことがカッチリかみ合っていて、お話としても良かったと思います。

> イーストウッド監督作品に似つかわしくないラストのダンスが意外にもいけてたという…。

ホント、イーストウッド監督ってこんなのも撮れるんだとラストになって驚かされました。これが無かったら無難という感想で終わってたかも。フォー・シーズンズというバンド名すら知りませんでしたが(見るまでジャージー・ボーイズがバンド名かと)、その曲は有名ですね~。

> 某ケンさんというのは、3月に不倫騒動がスクープされて最近謝罪会見をひらいた、渡辺謙さんのことですね

そうでしたか~、教えてくださってありがとうございます。ゴシップ記者が嫌いなので、彼らに加担するようなことは1ミリもしたくなくて芸能ニュースなどは見ない、聞かない、話題にしないを心がけてます。おかげで話がわからなくて困ることもありますが(笑)
2017/07/20 (Thu) 13:00  宵乃〔編集〕  

>ボーさん

ボーさんは「フォー・シーズンズ」の曲は馴染みあるものでしたか~。
やはり音楽系の伝記は曲を知ってるかどうかで評価も変わりますよね。

> 正直、イーストウッド監督は過剰評価気味だとは思うのですが、そつなく作ります。

わかります。どちらかというと評価が高まってからの作品より、前の作品の方が自由につくっていて味がある気がしますし。技術はちゃんと持ってる人なので、どれも安心して観られますね。
2017/07/20 (Thu) 13:30  宵乃〔編集〕  

こんにちは☆

>7/17「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」

この映画を見まして、酷い内容なのに何故か気に入り、
明日の記事でアップします☆

>モデルがいるらしい音楽ドラマです。

この人の事は全然知りませんでしたが、良い歌声でしたね~♪
(エンドロールの歌の事です)

>主人公がクズだし周りの人もクズばかりだった。

アハハハハ・・・仰るとおりで!!!
クズ、ねぇ(笑)。

>一回?寝た女に妊娠したと告げられ、

友人の彼女さんではいけませんね・・・女性もクズでした(笑)。

そういえば記事にはは書かなかったけど、
途中で前にポイした女性が自分の子供を産んで育てていると知った時の
何とも言えない微妙な変化がうまく演出・演技されていましたね~!

>内容はあってないようなものだけど魅せるものがあった。

そうでしたね、そういう映画だと思います☆

>ただし、途中で猫を捨てたのは許さない。

猫ちゃんの事もあれこれ思いました。
お時間いただけたらお願いします☆

最近、暑さがぶりかえしているのでしょうか?
どうぞご自愛くださいませ。
(こっちは普通に暑いけど、2013年を思えば何という事もないです・笑)


.
2017/08/26 (Sat) 12:59  miri〔編集〕  

>miriさん

いらっしゃいませ!
「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」気に入られましたか~。miriさんも暑い中での鑑賞でしょうか?(笑)

> この人の事は全然知りませんでしたが、良い歌声でしたね~♪
> (エンドロールの歌の事です)

でしたね~。クズとかどうでもよくなりますね。
だから女性とも縁があるんでしょうか。

> 途中で前にポイした女性が自分の子供を産んで育てていると知った時の
> 何とも言えない微妙な変化がうまく演出・演技されていましたね~!

そうそう、意外と細部がちゃんとしてる作品なので、主人公の性格があれでも引き込まれました。雰囲気もいいし。

> 猫ちゃんの事もあれこれ思いました。
> お時間いただけたらお願いします☆

はい、明日の記事をお待ちしてます♪

暑さの方はかなり参ってますね~。さすがに体温と同じくらいの部屋に何時間もいると頭が朦朧としてきて…。連日、夜も32度くらいでよく眠れてないのもあって完全に夏バテです。
早く涼しくなるといいなぁ。
2017/08/26 (Sat) 16:12  宵乃〔編集〕  
名前
タイトル
URL
本文
非公開コメント

■ Trackback

この記事のトラックバックURL
トラックバック一覧
「ジャージー・ボーイズ」
あ、そうだった! この曲は彼が歌ってたんだ!!
或る日の出来事|2017-07-20 09:49